サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー 「夜を読む本、夜に読む本」 ポイント5倍キャンペーン  ~3/5

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

世界を読み解く 2002−3
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 藤原書店
  • サイズ:21cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89434-341-X

紙の本

世界を読み解く 2002−3

著者 イマニュエル・ウォーラーステイン (著),山下 範久 (訳)

20世紀社会科学の方法を刷新した「世界システム論」の提唱者、ウォーラーステインが、北朝鮮問題、イラク攻撃など、世界の「現在」を長期の視点から読み解く見取り図を提示し、その...

もっと見る

世界を読み解く 2002−3

税込 2,200 20pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

20世紀社会科学の方法を刷新した「世界システム論」の提唱者、ウォーラーステインが、北朝鮮問題、イラク攻撃など、世界の「現在」を長期の視点から読み解く見取り図を提示し、その歴史的意味を鮮やかに分析。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

イマニュエル・ウォーラーステイン

略歴
〈ウォーラーステイン〉1930年生まれ。ビンガムトン大学フェルナン・ブローデル経済・史的システム・文明研究センター所長。著書に「近代世界システム」「ユートピスティクス」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

世界システム論への入口として。

2004/04/14 00:55

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

>

 9.11後の世界、イラク戦争前夜、「アメリカの圧倒的勝利」がヒステリックに叫ばれ始めたとき、現代を代表する知識人が何を考え、書いていたか。誰もが国際情勢に無関心ではいられない(はずの)時期に、読んでみる価値はかなり大きいはず。あくまでも時事評論であって「世界システム論」そのものを知的に理解するための本ではないし、そういう興味を満たすためには選書メチエの「ウォーラーステイン」あたりを読めばいいのかもしれない。でもこの本には、「臨場感」と「知的良心」と「誠実さ」が詰まっている。
(以下は02年6月15日の文章から…)

>
 コソヴォ、バスク人、カシミール、クルド人等々現在進行形の紛争を列挙した上で、ウォーラーステインは言う。
>
 この「(政治的)修辞の歴史」を、ウォーラーステインは次の四段階に分ける。
1)強い集団が彼らの長所と弱い集団の文化的な限界を主張することで構造を正当化する。
2)弱い集団が政治的に組織され、強い集団の修辞に挑戦し、より「平等な」構造を主張する。
3)強い集団は弱い集団を無視し、構造的変革へ向けた弱い集団の試みは無駄に終わる。
4)弱い集団の一部の構成因子が暴力的活動を行なうようになる。
 この第四段階において、強い集団は「平和」に至る話し合いのための「前提条件」として暴力の停止を主張するが、弱い集団は暴力を行使しなければ自分たちは無視されていたと反論。でも、暴力を終わらせる「政治的」解決を導く道は話し合い以外にはない。袋小路。
「世界の関節が外れてしまった(by Shakespeare)」っていう感じ。

 この6月15日のコメンタリーを、彼はこんなふうに終える。

>

 僕はこの言葉を胸に刻みつけた。強く。とても強く。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

時事評論 ランキング

時事評論のランキングをご紹介します時事評論 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。