サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

6/1 必ずもらえる!hontoサービス使い倒しキャンペーン (~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー matching booktree ~今の気分で探す新しい本~ 第二弾 ポイント5倍キャンペーン(~6/30)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 児童書・絵本
  4. 絵本
  5. 文渓堂
  6. ワニぼうのかいすいよく

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ワニぼうのかいすいよく
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:幼児
  • 発行年月:2003.6
  • 出版社: 文渓堂
  • サイズ:24cm/1冊
  • 利用対象:幼児
  • ISBN:4-89423-359-2
  • 国内送料無料
絵本

紙の本

ワニぼうのかいすいよく

著者 内田 麟太郎 (文),高畠 純 (絵)

ワニぼうは生まれて初めて見る海の大きさに驚きました。海の水を飲んでみたワニぼうは…。「ワニぼうのこいのぼり」に次ぐシリーズ第2弾。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

ワニぼうのかいすいよく

1,404(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

紙の本
セット商品

家族っていいよね たのしいワニぼう一家 4巻セット

  • 税込価格:5,61652pt
  • 発送可能日:1~3日

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者紹介

内田 麟太郎

略歴
〈高畠〉1948年名古屋生まれ。「だれのじてんしゃ」でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。作品に「パーティーはこれから」「ピースランド」など多数。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

海はしょっぱい

2016/07/31 22:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽんぽん - この投稿者のレビュー一覧を見る

一家で海水浴なワニぼうたち。
初めての海は広いし大きいししょっぱいし、びっくりだろうなー。
海の生き物は塩大好きですか、なるほど(笑)。
ラストのワニぼうの「うみではケーキもしょっぱいのかな」という疑問いいですね。しょっぱいのではないでしょうか(推測)。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

初めての海に感じる驚きをダイレクトに伝えてくる。

2016/09/09 20:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:紗螺 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ワニぼう、初めての海。おかあさんに「ちょっとだけのんでごらん」と言われて海の水をのんでみて、「しょぱーい」と吐き出す場面がとてもいい。そう、海の味は「しょっぱい」。そのことを理屈では知っていても、初めてなめると新鮮に感じるものだ。うんうん、と読み手を共感させる場面だ。
絵本ならではの展開は、この後ワニぼうがタコやカニと会話して、彼らにとってはこの「しょっぱい」水が当たり前だということを直接知ることができる点。カニに至っては真水を「まずい」と吐き出す。視点の違い、嗜好の違いはそれぞれにあるということを感じさせる。
…と書くと何だか堅苦しいが、絵本自体のタッチはもちろん明るく楽しい、そして高畠純の絵がかわいい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/06/13 13:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/21 13:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/11/30 09:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/15 23:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

あかちゃん絵本 ランキング

あかちゃん絵本のランキングをご紹介します一覧を見る