サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

ポイントUPキャンペーン

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 群像社
  • サイズ:19cm/316p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-905821-93-2

紙の本

ブーニン作品集 3 たゆたう春/夜

著者 イワン・ブーニン (著),岩本 和久 (ほか訳)

失われゆく美しいロシア、時代に押し流されてゆく異郷のロシア人の姿を美しい旋律を奏でる物語が包み込む。愛と死を描く円熟期の中短編を厳選したブーニン文学の到達点。【「TRC ...

もっと見る

ブーニン作品集 3 たゆたう春/夜

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

失われゆく美しいロシア、時代に押し流されてゆく異郷のロシア人の姿を美しい旋律を奏でる物語が包み込む。愛と死を描く円熟期の中短編を厳選したブーニン文学の到達点。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

たゆたう春 岩本和久 訳 11-27
ミーチャの恋 吉岡ゆき 訳 28-110
日射病 橋本早苗 訳 111-120

著者紹介

イワン・ブーニン

略歴
〈ブーニン〉1870〜1953年。ロシアの詩人、作家。社会的問題意識に貫かれた作品で注目を集め、1933年にノーベル文学賞を受賞。主な作品に「村」「アルセーニエフの青春」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

冷静な頭脳とあふれる情熱。

2006/07/24 19:31

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:求羅 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 イワン・アレクセーエヴィチ・ブーニンは、ロシア人で初のノーベル文学賞受賞者である。これを知った時、トルストイが受賞していないのが意外だったが。
 ブーニン作品集第3巻の本書には、12短編が収められている。ソビエト革命の混乱からフランスへと亡命した後に書かれた作品は、絶望感と孤独感に覆われたものが多く、作者の受けた衝撃の大きさを物語っている。
 「たゆたう春」では、革命後のブーニンの心情を端的に感じ取ることができる。そこに漂う喪失感、孤独感は、美しい自然描写と相まって、静謐で端正な作品に仕上がっている。
 「夜」は、ブーニンの思想、とりわけ死生観、芸術観を一人称で直接的に描いた作品で、本書の中では異色である。
 エッセイのように縦横無尽に展開される思索は、ブッダやトルストイから影響を受けた、作者の深い哲学性が感じられる。夜、一人静かに物思いにふける様子は、幻想的で叙情的だ。
 本書に収められた作品の大半は恋愛小説である。それも、非永続的・非日常的・不安定な恋愛で、実にドラマティックに進行する。その、燃えあがるような熱い思いは、登場人物に別れと死をもたらし、ハッピーエンドにはならない。これらの作品は、“恋愛”の持つ狂気性を、極限まで高めたものといえるのではないだろうか。
 ブーニンの描く恋愛は情熱的なのに、どこか冷めた目で客観的に見つめているところがある。その絶妙なバランスが心地よい。
 私が一番好きな作品は、「日射病」だ。
ほんの10ページの短い物語で、行きずりの恋の顛末が情熱的に描かれる。目が回るような展開にクラクラさせられてしまうが、これはたった一日の出来事なのだ。読者をも日射病にさせてしまう、不思議な魔力を持った作品である。そして、ラスト一行も見事。
 なんといっても、ブーニン作品の魅力は、ラストの巧さである。
 特に、最後の一文に痺れてしまう。二股をかけた男の恋の行方を描いた「ナタリー」の一行は、何ページ分にも相当する重みがある。
 一文の持つ力というものを、ブーニンの作品を読んで知った気がする。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2009/06/03 13:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。