サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0628)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

免疫革命
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 講談社インターナショナル
  • サイズ:20cm/286p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7700-2517-3
  • 国内送料無料

紙の本

免疫革命

著者 安保 徹 (著)

画期的な免疫学から見た、ガンの本当の原因と目からウロコの治療法とは? 免疫力が上がると、病気が治癒に向かうのはなぜか? 世界的免疫学者が解き明かす、ガン・アトピーのメカニ...

もっと見る

免疫革命

1,728(税込)

ポイント :16pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

画期的な免疫学から見た、ガンの本当の原因と目からウロコの治療法とは? 免疫力が上がると、病気が治癒に向かうのはなぜか? 世界的免疫学者が解き明かす、ガン・アトピーのメカニズム。現代医学の盲点をつく!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

安保 徹

略歴
〈安保徹〉1947年青森県生まれ。東北大学医学部卒業。新潟大学大学院医学部・医歯学総合研究科教授。著書に「未来免疫学」「絵でわかる免疫」「免疫学問答」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (1件)

紙の本

目からウロコ、です。

2004/02/04 16:07

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ポカ - この投稿者のレビュー一覧を見る

今まで、「病気はお医者さんに治してもらう」
それが当然だと思っていました。
だから、注射、薬、手術、それが最良の方法なのだ、と、疑いもしませんでした。
たしかに、病気は、その症状に対する「対処」の治療をしてきました。
痛いときには、その痛みを消し、悪いものがあれば、それを取り除く。
しかし、その病気の根本的な原因を追究することはあまりされていません。
この本で、ガンや膠原病などの難病とされる病気について、原因が「ストレス」であることが述べられています。
人は、病気を自分自身で作り出していたのです。

目からウロコ、でした。

そして、やみくもに「薬」を使うことの恐ろしさ。
人は、自前の免疫力で、病気を治そうとします。
ところが「薬」が、その肝心の免疫力を潰してしまっているという事実。

結局、わたしたちは「医学」というものにあまりに頼りすぎて、自然のチカラをおろそかにしてしまったが故に、そのチカラが衰えてしまっているのかもしれません。

それは、世の中が便利になってしまったが故に、生きてゆくための智慧が衰えてしまっているのと同じなのかもしれません。

この本は、わたしにとって、「病気を治す」ということに対しての考え方が大きく変わった一冊でした。

病気の治療を考える際には、西洋医学の対処療法も、私たちの体を治すための「手助け」にすぎないと考えて過度に頼らず、自分のチカラが自分のカラダを治すための方法を考えることが、大事なのかもしれません。
しかし、医者の支持を否定するようなことは勇気がいることだと思います。
けれども、とにかく、選択肢は広がっているのです。

病気の治療を考えるということは、
よりよく生きるために、わたしたちはどうあるべきか、
ということをじっくり考える、ということなのだと思います。
このストレスの多い世の中で、ストレスを感じず、病気ひとつない暮らしができるかといえばかなり疑問です。
でも、その病気を取り除くために、生活できないくらい体力や気力が失われたり、寝たきりになってしまうというのはいかがなものかと思うのです。
もし、病気を抱えることになっても、よりよく生きてゆけることを前提にして治療を考えるというのは、とても大事なことなのだと思います。
全てがうまくいくということではないのかもしれませんが、きっと明るい道筋が開けてきそうな気がします。


わたしたちの中の「免疫」はすごいチカラをもっているんだ、
と、心強く思うのと同時に、
だからこそ、それを衰えさせずにいかなければ、
と、強く思ったのでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悩みました……。

2003/08/22 20:06

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆうゆう - この投稿者のレビュー一覧を見る

私自身が難病指定の病気にかかっていて、
まさにこの中で安保さんが言っていた、
ステロイドを服用中。
安保さんは、このステロイドの長期服用
(病気の根治を目指さず、現状を維持するための
対症療法)が諸悪根源である、というような見方をされている。

たしかに、それはそうだなあ、と思う。

かといって、じゃあ、どうすればいいの?!
言うとおりに、ステロイド止めて、
絶対に治る?!

という不安はなかなか消えない。
怖い。

また、ほとんどの病気はストレスが原因、
というような言葉にも納得がいく。
じゃあ、ストレスのない生活ってどうすればできるの?!
仕事しないと、ご飯食べれないよ?!

という誰にぶつけていいのかわからない、
怒りも湧いてくる。

全部を信じて、実践するかどうかは
読んだ人の自由。

ただ、いままでは、民間療法提唱者の言葉でしかなかった、
投薬→副作用→それに対する投薬→その副作用
という病の連鎖を、大学病院の先生が言ったというところが
画期的であり、非常に評価できるのではないだろうか。

少なくとも、「治らない」と言われてきた、
様々な病気とその患者に対して、
一縷の光となることは間違いない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/27 16:47

投稿元:ブクログ

ほとんどの病はストレスが原因だ、と言い切る。
精神的ストレスや肉体的ストレスが免疫力の低下を招くという。
まさに「病は気から」という言葉を科学的に説明した本。

じゃあどうすりゃいいかというと、
早寝早起きだったり、よく食べよく寝ることだったり、
からだを冷やさないとかよく噛んで食べるとか
適度な運動をするとか、ごくあたりまえの
ことだったりするんだけど・・・。

だけど人間って科学では説明できない力もあると思うんだよね。
クスリ漬けの現代医療、切除するだけの現代医療を信じない人、必読です。

2005/10/07 22:51

投稿元:ブクログ

 医学の分野でこのところ注目を集める免疫療法。今やその方法論も百花繚乱の感があるが、自律神経と副交感神経、リンパ球と顆粒球の関係からヒトの免疫力を論じたのが本著。
 腸を冷やすとエネルギーのロスにつながり、これが病気の原因になることや、自律神経に対する副交感神経の過剰優位、つまりリラックスのしすぎがアレルギーを引き起こすメカニズムなどを説明する。
 その上で著者が提唱する「ガンを治す究極の4か条」が、?生活パターンを見直す?ガンの恐怖から逃れる?免疫を抑制するような治療を受けない?積極的に副交感神経を刺激する、の4項目だ。
 専門的な医学の話をわかりやすく説いていて読みやすい。要は、身体を冷やさないことと、冷たいものを飲み食いしないことが肝要だという。

2006/07/16 06:54

投稿元:ブクログ

目からウロコの本。

自律神経と白血球の関係を知ると、ここまで難病の仕組みが理解できるのかと驚き。がんも糖尿病も高血圧も、根っこは同じだということ。

今の西洋医学の対症療法に、大いなる疑問を投げかけている。同感。もうそろそろ器官毎に細分化するのは置いといて、体全体の働きに目を向けることが必要だ。

ココロはカラダとつながっている。過度のストレスはカラダに良くない。しかし、ストレスが無いのもまたいけない。すべてはバランスなのだと感じる。

古い免疫系と新しい免疫系の役割分担の話に、生命進化の真髄を見る。わたしたちのカラダは、実に良く出来ている。

自然の摂理に従って生きることが、生命のあるべき姿なのだということを、理論的裏づけを元に理解できる。

2012/09/24 19:13

投稿元:ブクログ

癌関係も多作な安保氏。希望は与えるが裏付けはない。藁にもすがりたい患者を抱える家族にとっては。。。どうなんだろう。私は勧められない。ただ色々サプリや薬の宣伝になってないのは好感は持てる、気がする。

2009/01/04 13:26

投稿元:ブクログ

この本の価値は、これまでそのしくみが充分に解明されぬままに謳われていた「自己治癒力」「自然治癒力」ということを、自律神経・免疫系のしくみから明らかにしたことであろう。ストレスによる自律神経系の乱れ、それと様々な心身症との関係について語られることは多いが、それを顆粒球、リンパ球の増減という精妙なメカニズムにまで踏み込んで明らかにしたのは、画期的だ。

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで成り立っている。精神的・肉体的ストレスがかかると、そのバランスが交感神経優位へと大きくふれ、それが白血球のバランスを崩して顆粒球が過剰となり、免疫力を低下させる。安保氏は、自律神経により白血球がコントロールされる姿を明らかにすることで、免疫システムの全体像をつかみ、病気の本体が見えようになったという。 こういう根本のメカニズムが分かっていなかったのかと驚くと同時に、病気と健康を統合的に把握する重要な理論が出現したのだという感銘を受ける。

自律神経と免疫システムの関係を理解すれば、身体を消耗させる間違った近代医療ではなく、もっと自然に治癒に向かう医療を選ぶ選択肢があるのだという、その主張の根拠が納得できるのだ。

東洋医学や補完代替医療は、免疫力を高めるといわれるが、それがどのようなメカニズムによるのか分からなかった。これまで補完・代替医療は、その治療効果について経験則に頼るほかなく、いわば手探りで治療をすすめていた。それが、自律神経による白血球の支配という理論によってその一部の過程が裏付けられるようになった。福田−安保理論は、東洋医学や補完代替医療の治癒のしくみを明らかにするための非常に重要な足がかりとなっていくであろう。

しかし、もちろんこれだけでは充分ではない。あくまでも従来の科学の範囲内で語りうる仕組みが明らかになったというに過ぎない。従来の科学では認められない、たとえば「気」との関係などについては、福田−安保理論は何も触れていない。それは当然とも言えるが、われわれにとっての課題は、明らかになった自律神経・免疫系の働きと「気」の研究とをどのように結びつけていくかだろう。

それにしても、ガン、アトピー、その他さまざまな慢性病など、現代医療が不得意とする病気について、現代医療の対症療法がいかに根本的に間違っていたかが、いやというほど分かる。対症療法そのものが、治癒どころか生体を痛めつけ、病気を悪化させていた。治癒のために必要な、自己治癒力、つまり自律神経や免疫系の機能を痛めつける方向に働いていたのだ。たとえば、ストレスの連続がもとで起こった発ガンなのに、抗がん剤投与でさらなる消耗を加える治療の愚かさ。

この本や、先に紹介した補完代替医療関係の本などを読むと、現代医療や、その背景となる近代科学的な世界観がいかに多くの問題をかかえているかが再認識される。 そして健康や病気という日常的に切実な問題へのかかわりを通して、われわれ一人一人の生きかたを深めるチャンスが与えられているのだとを感じる。

2010/01/15 23:17

投稿元:ブクログ

安保先生の本は、数冊読んだ。今や家庭医学、健康本のコーナーには、うんざりするくらい、たくさんならんでいる。内容は、どれもこれもほとんど同じで、食傷ぎみだ。こうなると出版社の要請にしたがって、惰性に本を出してるのかしらと勘ぐりたくなる。

だから、この手の著者の本は、最新の出版物のものより、過去、金字塔を打ち立てた充実の1冊を手に取れば十分だろう。

鍼灸の自律神経調整効果を考察するなら一読することをおすすめする。

2009/12/03 12:01

投稿元:ブクログ

今回は免疫についての本を読んで、いろいろ考えさせられたので、免疫とオーラソーマについて書いてみたいと思います。

安保徹、という医学博士の書かれた「免疫革命」という本についてはご存知の方も多いかと思います。

「免疫学問答」という安保徹博士と僧侶の無能唱元という人との対談の本は、免疫について知るにはわかりやい本ですが、オーラソーマの考え方とも共通していることもあるので紹介します。

免疫の原理については、安保博士の本を読まれるといいと思いますが、そこから導き出される結論は、ごく常識的な側面と、え? と思わせる、現代医学の常識を覆すようなことも多く書かれています。これはとても勇気がいることですね。

安保博士によると、病気の治療は自然治癒力の利用が大切であり、自然治癒力の根源である免疫力を高めることが病気を予防し、自然治癒を導くのに大切である、とのことです。

そして免疫力を高めるにあたっては、それらの免疫は自律神経に支配され、自律神経のバランスが崩れることで病気や災難をまねいてしまうことになるので、そのバランスの偏りが是正されることが大切す。そのためには、単なる技術的な治療だけでなく、心の問題、つまり人間的な生き方を模索することが必要とされる、とのことです。

そうすることで単に免疫力だけでなく、総合的な自然治癒が行われ、肉体と魂の回復が同時に起こる。と書かれてあります。

これは人間の心身一如という観点から納得できる考えで、オーラソーマは、この魂の回復とこころのバランスを整える、という側面に寄与することができる道具であると言えるでしょう。

この安保博士の免疫の理論にそって考えると、オーラソーマは自分自身にくつろぐという意味で、リラックスをもたらすものであるので、副交感神経に作用し、免疫を高めることにも有益であろうと思われます。

この本に書かれていることのなかで、オーラソーマに関連あると思ったもうひとつの理由は「未病を治す」ということについてです。

つまり、「未病を治す」というのは、病気が身体の症状として現れる前に治すということですが、それが東洋医学で名医の条件でもあるとされています。

そこでこういう落語があります。

どんな患者が来ても「手遅れだ」というと、治ったときに名医とたたえられるという話を聞いたある医者が、あるときハシゴから落ちて腰を抜かした男が担ぎこまれてきたのを見て、

「こりゃ手遅れだ」

と言ったところ、その患者を連れてきた人は、抗議して、

「でも、先生、これハシゴから落ちただけなんですよっ!」

と言いました。しかし、その先生は・・・

「なぜ落ちる前につれてこなかったのだ」と言ったとか。

実は、ポマンダーとかクイントエッセンスは、この「落ちる前に気をつける」、ということでもあるんですね。

キルリアンフォトやオーラ写真、というものがありますが、これは身体から数センチ離れた電磁場の領域を写しているわけです。

クイントエッセンスは、それよりも繊細なエネルギー領���、エーテル体とアストラル体の領域に作用するのですが、このキルリアンフォトの原理によると、これらのエネルギーの領域に乱れが生じたり、傷ができてそのままにしていると、それが数ヶ月経つと肉体というエネルギー領域に症状が現れてくる、という報告があります。

つまり、肉体に症状が現れる数ヶ月前に、オーラにその前兆がすでに現れているのです。」

続きはこちら→http://ameblo.jp/aurasoma-unity/entry-10402441064.html

2012/07/09 21:49

投稿元:ブクログ

現代医学では完治が難しいとされるアトピーや膠原病などの難病などに悩んでいる方は、是非読んでほしい1冊。
何回でも読みなおしたい良書です。

2012/01/03 23:34

投稿元:ブクログ

関係箇所だけ拾い読み。

膠原病は、免疫亢進ではなく免疫抑制状態とのこと
わかりやすい書き方だし、要再読
行ってみるかな、新潟

健康法 ランキング

健康法のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む