サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~11/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1127-28)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/171p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-4354-0

紙の本

愛と差別と嫉妬で鍛える英語

著者 堀 武昭 (著)

人類学者にして世界ペンクラブ理事の肩書きをもつ著者が、30代からはじめた英語との格闘をユーモアを交えて語る英語学習本。覇権国家アメリカとの喧嘩に勝つための「適性語」学習宣...

もっと見る

愛と差別と嫉妬で鍛える英語

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

人類学者にして世界ペンクラブ理事の肩書きをもつ著者が、30代からはじめた英語との格闘をユーモアを交えて語る英語学習本。覇権国家アメリカとの喧嘩に勝つための「適性語」学習宣言!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堀 武昭

略歴
〈堀武昭〉1940年横浜生まれ。慶応義塾大学卒業。国際ペンクラブ理事。著書に「クジラと日本人」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

言葉が軽くなってきている

2005/12/20 16:26

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:喜八 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 《反知性主義が世界を跋扈(ばっこ)しはじめている。世界の指導者は知性による政治を真剣に考えるべきだ》
 『愛と差別と嫉妬で鍛える英語』堀武昭、日経BP社(2003)よりの引用です。
 堀武昭さんは1940年横浜市生まれ。慶応義塾大学卒業後、日本貿易振興会(ジェトロ)入社。ジェトロを退社後、米日財団副理事長、フォーラム2000財団理事、国際ペンクラブ理事などを歴任。著書に『世界マグロ摩擦!』『サシミ文化が世界を動かす』などがあります。
 冒頭の引用文は「世界中から大統領や首相、あるいはノーベル賞受賞者がゴマンと集まった会議」における堀武昭氏の発言。発言直後に「会場は興奮の渦に包まれ、出席者の拍手が延々と続いた」と堀氏自身が書かれています。隣席にいた海洋学者トール・ハイエルダール(Thor Heyerdahl)が堀氏を抱擁し「You deserved it.(賞賛に値する)」と何度も賞賛してくれたそうです。
 実のところ最初に読んだ際はそれほど感銘をうけませんでした。「オッサン、自慢が激しいな」と思ったくらいです(笑)。けれども時間の経過とともにこの文章を忘れていくのではなく、逆にだんだん気になってきました。いまでは「なるほど賞賛に値するかもしれない」と感じ始めています。
 一般に言葉が軽くなってきていると感じます。総理・閣僚を始めとする政治家たちが暴言・妄言の言い放題(お咎めはいっさいなし!)。その反面、些細な(?)日本語の誤りを指摘するような本は売れています。新聞や雑誌にも「日本語の乱れ」を揶揄する記事は少なくありません。ただし批判の対象になるのは主に「アルバイト店員」や「女子高生」なのです。
 若い人の「日本語の乱れ」を嘆くのも結構です。でも日本国総理大臣および閣僚の言葉の乱れのほうが遥かに深刻な問題でしょう。以前は政治家たちの不誠実な言論を咎める論評も結構ありましたが、最近ではあまり見なくなりました。メディアが権力側に寝返ったのか、暴言・妄言に慣れきってしまって報道されないのか・・・。
 言葉・論理・知性。これらをないがしろにする社会は衰退への道を歩み始めている。私はそう思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。