サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

天使の爪 下
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/07/14
  • 出版社: 小学館
  • サイズ:20cm/478p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-09-379563-0

紙の本

天使の爪 下

著者 大沢 在昌 (著)

「天使」対「狼」。切り札はあたしだ! アスカを巻き込む米ロ諜報戦争。「狼」と呼ばれる工作員の正体は…。愛と憎しみが交錯するアクション巨編。下巻。『週刊ポスト』連載に加筆改...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「天使」対「狼」。切り札はあたしだ! アスカを巻き込む米ロ諜報戦争。「狼」と呼ばれる工作員の正体は…。愛と憎しみが交錯するアクション巨編。下巻。『週刊ポスト』連載に加筆改稿して刊行。【「TRC MARC」の商品解説】

アクション巨編「天使の牙」シリーズ、待望の最新刊!!

本作は『新宿鮫』で知られる大沢在昌が1995年に刊行し、11万部突破のベストセラーを記録した代表作『天使の牙』の続編です。 主人公は警視庁勤務時代、任務遂行中に狙撃され、自らの脳を別の女性の肉体に移植する手術を極秘裡に受けた過去を持つ麻薬取締官の神崎アスカ。脳移植技術を独占するために彼女に接近するSVR(ロシア対外情報局)と、それを阻もうとする米CIA――アスカはやがて、ロシアが生み出した “もう一人の脳移植者”と対決することに。米ロ諜報戦争を軸に、かつてアスカの婚約者だった刑事・古芳和正との愛と葛藤の物語が展開されます。【商品解説】

著者紹介

大沢 在昌

略歴
〈大沢在昌〉1956年名古屋生まれ。慶応大学法学部中退。79年「感傷の街角」で小説推理新人賞受賞。91年「新宿鮫」で吉川英治文学新人賞等受賞。94年「新宿鮫無間人形」で第110回直木賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

執念と妄執

2004/01/15 00:44

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:polton - この投稿者のレビュー一覧を見る

存在の真の意味。生きる事の真の意味。
戦う事の意義。守る事の意義。
前に進む事の是非。愛する事の是非または意味。
アスカは色々な事を一つ一つ自分で捜し求め確信しながらここまで来た。
強い。本当に強い女性だ。
彼女の身体は余りにも未知だ。
彼女自身、戸惑いも無いとは言えないが、
もしかすれば明日にも死ぬかもしれない身体なのに、
どうして、ここまで出来るのか?
僕が医者なら縛り付けてでも止める。
ここまで彼女を駆り立ているのは、
果たして正義なのか愛なのか怒りなのか憎しみなのか?

中々捉えられない真相にもめげずに一人でも戦おうとするアスカ。
しかし敵の戦果への執念は強い。
卑怯だろうが何だろうが、泥臭くとも勝てば良いのだ。
その元になるアスカへの妄執。
味方も敵も二分し絡み合う息を呑む展開から、
それでも何とか内なる敵をもかわしつつ、古芳とも組める喜び。
しかし、一つずつ追い詰めたつもりが…。
最後まで決着は判らない。
本当の大衆小説の醍醐味の一つがここに在る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/01 19:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/24 17:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/29 17:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/27 08:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/06 16:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/11 23:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2017/02/20 08:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。