サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 男性向けコミック
  4. ヒカルの碁 22 (ジャンプ・コミックス)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ヒカルの碁 22 (ジャンプ・コミックス)(ジャンプコミックス)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 14件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/06/04
  • 出版社: 集英社
  • レーベル: ジャンプコミックス
  • サイズ:18cm/185p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-08-873432-3
  • 国内送料無料
コミック

紙の本

ヒカルの碁 22 打倒高永夏 (ジャンプ・コミックス)

著者 ほった ゆみ (原作),小畑 健 (漫画),梅沢 由香里 (監修)

ヒカルの碁 22 打倒高永夏 (ジャンプ・コミックス)

421(税込)

ヒカルの碁 22

400 (税込)

ヒカルの碁 22

ポイント :3pt / 紙の本より21おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「ヒカルの碁 22 (ジャンプ・コミックス)」が含まれるセット商品

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー14件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (7件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

高永夏VSヒカル

2017/06/05 14:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黄龍 - この投稿者のレビュー一覧を見る

北斗杯レセプションで高永夏が放った「本因坊秀策など敵じゃない」との発言にヒカルが激怒。副将のヒカルは韓国代表の大将である彼との対戦を切望する。ヒカルが後半から怒涛の追い上げをみせるけど敗れてしまう。倉田は韓国戦の大将にヒカルを指名。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

予想以上

2015/09/30 08:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴあ - この投稿者のレビュー一覧を見る

碁を知らない人でも楽しめます。
逆に知らなかったからこそ、細かい部分が気にならなくて
軽い気持ちで楽しめたのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怒濤の追撃!!そして…

2003/07/16 10:31

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ありやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

北斗杯が開催され、日中韓の選手の戦いの幕が遂に開かれた!!
ヒカルは会場のホテルに着いてすぐに高永夏(コヨンハ)と洪秀英(ホンスヨン)にバッタリ出会う。永夏の秀作に対する発言の真意を確かめると秀英はヒカルと約束するが…。
第1回戦は、日本vs中国! 副将として戦うヒカルは、プレッシャーのあまり力んでしまい負けがほぼ確実。佐為なら…。と扇子を握りしめ怒濤の追撃が開始される!! その結果はいかに!?
★9月に23巻発売予定ですが、ヒカルの碁、これが最終巻になってしまうのでしょうか?(泣) コミックス派の方は23巻乞う御期待です!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

怒濤の追撃!!そして…

2003/06/05 21:23

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ありやん - この投稿者のレビュー一覧を見る

北斗杯が開催され、日中韓の選手の戦いの幕が遂に開かれた!!
ヒカルは会場のホテルに着いてすぐに高永夏(コヨンハ)と洪秀英(ホンスヨン)にバッタリ出会う。永夏の秀作に対する発言の真意を確かめると秀英はヒカルと約束するが…。
第1回戦は、日本vs中国! 副将として戦うヒカルは、プレッシャーのあまり力んでしまい負けがほぼ確実。佐為なら…。と扇子を握りしめ怒濤の追撃が開始される!! その結果はいかに!?
★9月に23巻発売予定ですが、ヒカルの碁、これが最終巻になってしまうのでしょうか?(泣) コミックス派の方は23巻乞う御期待です!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

北斗杯開催

2015/12/17 18:57

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:絶望詩人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

この巻で、北斗杯が開催される。
ヒカルの佐為に対する強い想いと、ヒカルが成長するさまに注目してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/08/13 20:40

投稿元:ブクログ

北斗杯レセプションで高永夏が放った「本因坊秀策など敵じゃない」との発言にヒカルが激怒。副将のヒカルは韓国代表の大将である彼との対戦を切望する。日本代表の団長・倉田は初戦の中国戦を見て決めると言うが…!?

2006/02/05 23:00

投稿元:ブクログ

囲碁ブームに火を付けた著名な作品。塔矢との出会い、左為との別れ…ヒカルの成長を描いたこの作品は今読み返しても面白い。22巻の表紙が一番好きなので、代表してこの巻を選択。笑。

2008/04/28 16:35

投稿元:ブクログ

今まで漫画に取り上げられなかった分野というだけでも画期的だけれども、碁のルールが分からない読者をも魅了するその構成がさらに凄い(碁がまったく一般的ではないタイでも、タイ語のヒカ碁は大人気です)。ちなみに僕が一番好きなシーンは、「くらいついて来るしかねェな」という森下九段の言葉に、ヒカルがぐっと扇子を握り締める部分(20巻)。

小畑健の画の一番の力は「眩しさ」の表現の仕方だと思いつつ、実はヒカルたちの成長こそが眩しいです。そうそう、数年前にとあるきっかけでお会いした監修の梅沢由香里さんは、絵に描いたような素敵な女性でした〜。

2008/04/13 21:17

投稿元:ブクログ

日中韓の18歳以下による「北斗杯」が始まった。一日目午前が中国対日本、午後が中国対韓国。そして二日目が日本対韓国だ。ヒカルは本因坊秀策をたいしたことないと言った韓国代表の高永夏と対決し、勝つことを心に誓っていた。しかしヒカルは副将で永夏とは戦えない。団長の倉田は最初の中国戦でヒカルを大将にしてもいいと言い出すが・・・・

2013/04/27 19:28

投稿元:ブクログ

大将決定後のお客さんを見てると心臓に悪い(汗)
筒井さんが再登場したのは驚いたけどなんか嬉しかったな。
対中国戦のヒカルの追い上げはすごい。

2014/02/09 23:48

投稿元:ブクログ

囲碁の話で、少年誌で、これだけ続けられるってすごい!
ストーリーの骨太さ、画力のすごさやね。
コ・ヨンハかっこいいわ〜。

2015/04/07 16:35

投稿元:ブクログ

高永夏との対局に至るまで、ちょっと盛り上げ過ぎな感じするかも。それに佐為を超える瞬間を垣間見せたヒカルの前には塔矢以外のライバルって成立しづらい感じするなぁ・・・。

2016/04/07 15:31

投稿元:ブクログ

読めば読むほどヒカルが嫌いになっていくんですけど(笑)最後に久しぶりに筒井くん出てきましたね。眼鏡で、というか名前呼んでもらって、ああ筒井くんかぁってわかるぐらい面変わりしすぎー(笑)

2015/12/07 13:56

投稿元:ブクログ

学校の図書室にてのレンタル 21巻を読んでから1ヶ月もたってしまっていたがキリの良いところから読めてよかったです。 ヒカルが中国戦によってますます成長しているのだということを感じますます次巻が楽しみです!!

少年コミック ランキング

少年コミックのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む