サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

沈黙/アビシニアン(角川文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川文庫
  • サイズ:15cm/597p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-04-363602-4
文庫

紙の本

沈黙/アビシニアン (角川文庫)

著者 古川 日出男 (著)

沈黙/アビシニアン (角川文庫)

税込 1,028 9pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (9件)
  • 星 3 (5件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

美しい物語が、そこにある。

2007/02/07 01:39

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ねねここねねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

何という話たちだろう。
ルコの物語、そしてエンマの物語。

現実が遠のく。
ページを捲る手が、すうっと冷えていく恍惚感。

感想は出ない。ただ、凛とする大きなものを感じる。
包み込まれている。息をする生命の鼓動がある。
音楽、闇、生命。
それは安堵感と、喪失感を思って感じられる。
朽ちるもの、光るもの、残るもの。
温度と、そして音楽。
それは結晶化して、薄く留まる。

特に「アビシニアン」。それは狂気でもある、純なこころ。
純粋の純は殉ずることにもなる。
白亜でなくなった、意思ある凛としたもの。
風雨でぼろぼろになっても、瞳の輝きは残っている。
精神に、想いに殉じて、彼女は生きる。
八つの河を渡り、そして彼女は愛を思う。
思うこころ、深く静かなかなしみ。

「世界は詩のように崩潰する」
崩壊と、再生の話たちかもしれない。
「沈黙」では大きなスケールと闇との対峙が。
「アビシニアン」は、静謐な永遠というものを思いもする。


これから僕は、何度この本を読むのだろう。
「静謐な永遠」
美しいものが、確かにあって胸に留まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

悪/愛

2003/09/02 05:06

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この二つの長編をカップッリングすることを思いついた角川文庫の編集者はかなりの慧眼の持ち主だと思う。ほんのちょっと、「保健所からの猫救出作戦」というエピソードにおいてのみ、両作品のヒロインは交わるのだけど、その他には、両作品に通底するところはない。「沈黙」では「音=聴覚」、「アビニシアン」では「嗅覚」や「味覚」、という言語化が困難な感覚が大きな比重をもって描かれているけど、そんなものはむしろ表層的な類似とみるべきであろう。
 むしろ、「沈黙」における「悪」、「アビシニアン」における「愛」の扱いに着目したほうが、より作品の本質に迫れるような気がする。「悪」にしろ「愛」にしろ、フィクションの中でこそ使用頻度が高いものの、日常生活のなかではめったに使われることのない言葉=概念を作中で「実感」させるために、この著者は大小さまざまな「仕掛け」を周到に用意しているし、そうした「仕掛け」のひとつひとつの描写が濃厚で、文章としていちいち読みでがる。「沈黙」で語られる「ルコ」とか「家」の歴史、「アビニシアン」でエンマが一度言語を放棄し、再度獲得するまで過ごす公園生活の描写の細やかさや濃厚さ、とか。
「アビシニアン」でエンマやマユコ、それにシバが「河を渡った」と記述される箇所がいくつかある。だが、これなんかはそこいらにある普通の道路を「河」に見立てているわけで、いわゆるメタファーなわけなんだけど、喩えられる「河」とはいったいなんの「河」なのかというと、これは彼岸と此岸を分かつ「三途の川」なわけで、(エンマが物語の冒頭と終盤「河を渡る」のは、だから「死と再生」を意味する)そうしたこともいちいちグダグダ説明していないあたりの思い切りの良さもいい。
 そうした周到な「仕掛け」をかいくぐった末提示させるのは、「沈黙」では「悪」、「アビシニアン」では「愛」。抽象的な概念でしかないこれらを実感させる手腕は素直に評価すべきかと。
 両作品とも、デビュー作の「13」や「アラビアの夜の種族」に比べると、現代が舞台ということもあって物語世界的に少しスケールが小さいというかこじんまりとした印象を受けるかもしれない。けど、なかなかどうして、ミニマムではあっても密度的には侮れないものを内包している。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

言葉がほとんど音楽のうちに溶解してしまう濃厚な原形質的物語世界

2004/07/18 22:09

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オリオン - この投稿者のレビュー一覧を見る


 橘外男の異国情緒を期待させる冒頭(小刻みな文体はちょっと違うかなと思ったけれど)から、夢野久作の入れ子式眩暈世界を彷彿とさせるストーリーの転回へ、そして村上春樹の冥界下降譚(三浦雅士さんの評言)を思わせる迷宮化された世界のリリシズム。そのほか、解説の池上冬樹さんが示唆する南米産マジック・リアリズムの醸しだす神話的幻想性の残り香まで含めると、「沈黙」がまき散らす豊饒な物語宇宙の記憶の種子、かのアカシック・レコードに向けて縦横に張られたリンクは、SFやファンタジー、観念小説やエンタテインメントといった出来合のジャンル分けを粉砕する破壊的な力を駆使して、言葉がほとんど音楽のうちに溶解してしまう濃厚な原形質的物語世界を造形している。「アビシニアン」の静謐な世界創造譚の素晴らしさといい、これはもうたまらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/01/12 22:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/12 13:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/18 12:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/04 11:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/11/02 21:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/29 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/16 11:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/04 12:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/01/16 21:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/09/18 00:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/11 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/05 23:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

角川文庫 ランキング

角川文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。