サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~8/31

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~身近な雑草から、昆虫、山や森、気象まで~ 自然が教えてくれること ポイント5倍キャンペーン ~8/25

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.7
  • 出版社: 文芸春秋
  • サイズ:20cm/453p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-322140-9

紙の本

猪苗代マジック (Honkaku mystery masters)

著者 二階堂 黎人 (著)

猪苗代のリゾートで地元の有力者が次々と惨殺されていく。これは十年前に発生した「処刑魔」事件の再来なのか。日本アンタレス旅行社の社員にして名探偵・水乃サトルが狡知に長けた真...

もっと見る

猪苗代マジック (Honkaku mystery masters)

税込 2,043 18pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

猪苗代のリゾートで地元の有力者が次々と惨殺されていく。これは十年前に発生した「処刑魔」事件の再来なのか。日本アンタレス旅行社の社員にして名探偵・水乃サトルが狡知に長けた真犯人に挑む。ど真ん中の本格ミステリ巨編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

二階堂 黎人

略歴
〈二階堂黎人〉1959年東京生まれ。著書に「人狼城の恐怖」「宇宙神の不思議」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.2

評価内訳

  • 星 5 (3件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

二階堂黎人ってこんなに面白かったんだ、ちょっと本格し過ぎているのはナンダけど、クイーン命の私には、やっぱり嬉しいね

2003/09/20 21:12

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

おなじみ、大嶽恵一の写真と、京極夏彦 with Fisco の装丁の名コンビが生み出す現代センス抜群のブックデザインの本格ミステリ・マスターズ。最後の頁の注に「この作品は、パソコン環境における日本語入力に最適な親指シフト・キーボードを用いて執筆しました。」とあるのが、なんとも、ナントモ…

二部構成で第一部は「十年後からすれば十年前」、第二部は「十年前からすれば十年後」で、第二部はプロローグと十九の章からなる。各章のタイトルを読んでいるだけで思わず顔がほころんできてしまう。なんていうか、私の働く産婦人科でかわいい赤ちゃんを見たときの気持ちに似ているとでも言ったらいいのかしらん。二階堂さんて、こんなに楽しい作風だったの?と思ってしまう。

その気持ちは、本文を読み始めても少しも変わらない。主人公は水乃紗杜瑠、29歳。この小説のワトソン役である美並由加里と同じ《日本アンタレス旅行社》に勤務している。大学時代は《百のサークルに所属する男》という異名をもつ多趣味な男、そしておお坊ちゃま、勿論三高(古いね)。で、事件は1995年彼らがスキーに出かける前に始まっている。

四谷駅の満員のホームで、北里真理恵に社員旅行の件で相談を持ちかけられていた由加里、突然、それならば《熱海がいい》と話し掛けてきた老人がホームから突き落とされた。その件で、由加里たちに事情聴取に来たのが大学時代の先輩で警視庁の刑事 馬田権之介だった。

馬田にヒントを与えた紗杜瑠は、そのまま由加里と福島県裏磐梯にあるスキー・リゾート《スノーランド猪苗代》に向かう。そこで起きる連続殺人事件。リゾート開発で巨富を得たとされる有力者が、惨殺された。現場には、《処刑魔》と名乗る人間の制裁を告げる宣言文が。それは10年前に起きた四つの連続殺人事件に酷似していた。

小池啓介の解説が親切で、確かに今までの二階堂ファンには物足りないかもしれないけれど、最近、二階堂を知ったなどという読者には、格好の案内だろう。私のように『宇宙神の不思議』で、やっとこの作家を読んだという人間には、もうひとつの蘭子シリーズがあって、それがより本格味の強いものだということも教えてもらった。多分、そちらを読んでいたら、私はこの作品を読まなかったかもしれない。私には、紗杜瑠シリーズのもつ軽妙さが好きなのだ。

それから、対談がいい。二階堂の考えがよく伝わって、例えば乱歩の作品でも「二銭銅貨」より「一枚の切符」のほうが好きだというあたり、同じ気持ちの私が、思わず拍手をしたくなってしまったほどだ。こういう意見を言う人は、本当に稀なのだ。この対談は、シリーズ中でもベストに近いのではないだろうか。

個人的には、紗杜瑠が警察の捜査に絡んでいくシーンだけは、いくら本格推理でも現代を舞台にした場合は、成り立たないのではと思ってしまう。これが許されるなら、何をやっても許される気がするからだし、その傲慢さが、彼の軽妙な性格と合わない気がするからだ。『宇宙神の不思議』は強引なまとめ方が気になったけれど、今回は悪くはない。文章が軽いので、密度は感じないけれど、イヤミがない点でも、後期のクイーンを彷彿とさせて、クイーン命の私は、それだけでハッピーである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/23 01:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/10/25 22:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/12 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/22 18:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/06 06:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/16 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/17 14:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/10/15 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。