サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

黄泉びと知らず(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 2.6 15件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-10-149006-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

黄泉びと知らず (新潮文庫)

著者 梶尾 真治 (著)

【星雲賞日本短編部門(第35回)】【「TRC MARC」の商品解説】

黄泉びと知らず (新潮文庫)

514(税込)

ポイント :4pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

黄泉びと知らず

518(税込)

黄泉びと知らず

ポイント :4pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

黄泉びと知らず 7-58
六番目の貴公子 59-98
奇跡の乗客たち 99-134

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー15件

みんなの評価2.6

評価内訳

内容紹介

2003/08/05 21:59

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

感動再び!原作でも映画でも描かれなかった、もう一つの『黄泉がえり』。不思議なことが起きていると聞いた。熊本のある地域で、死者が蘇るというのだ。もう一度だけ、あの子に逢いたい—。事故で亡くした子供を生き返らせるべく、別れた夫婦が再会し、熊本へ向かう。再生への祈りを込めた旅路を描く表題作ほか、短編の名手と謳われるカジシンの魅力満載で贈るオリジナル文庫。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2010/12/06 23:10

投稿元:ブクログ

古典竹取物語を基礎にオチは…『六番目の貴公子』
ある程度ヨメるが、やっぱりかの『魅の谷』
ほのぼの親子愛と思いきやの『小壺ちゃん』
といったユーモア、ばかばかしさもあるが
不完全な知的生命体がもつ永遠の思いを
切なく描いた『接続された女』
SFともファンタジーとも違うが日常でもない
しかし共感できる『見知らぬ義父』
表題作は、あの物語のまわりにあふれていただろう
普通の物語とちょっとした奇跡を物足りないほど
さらりと描いているので、少し物足りないかな。

2006/07/14 21:35

投稿元:ブクログ

感動再び!原作でも映画でも描かれなかった、もうひとつの『黄泉がえり』。不思議なことが起きていると聞いた。熊本のある地域で、死者が蘇るというのだ。もう一度だけ、あの子に逢いたい――。事故で亡くした子供を生き返らせるべく、別れた夫婦が再会し、熊本へ向かう。

2006/07/26 18:27

投稿元:ブクログ

書き下ろしを含む短編集です。表題作「黄泉びと知らず」は大ヒット映画「黄泉がえり」の原作版のアナザーストーリー。短編ならではの切れ味で、淡々としかし味わい深い佳作だと思います。

他の収録作は主にアンソロジー、異形シリーズやSFバカ本収録作から編まれていて、梶尾作品の別の面が垣間見れます。
「癒し」を求めて購入した人は面食らうかもしれません。「小壷ちゃん」とか「魅の谷」とか。

しかし、梶尾作品はこの多様性にこそ醍醐味があるとおもうので「癒し系」だけではない、いろんな傾向の作品を楽しんでください。

2007/12/30 23:45

投稿元:ブクログ

短編集。表題作の黄泉びと知らずは黄泉がえりを読んでないとあんまり面白くないんだろうなぁと思いました。一番のお気に入りは、題名忘れたけれど、自分のしたい事を役割の中で押し殺してきてたっていう話です。親に対する子供という役割。学校に対する学生という役割。色々な枠組みにはめ込まれちゃって、その中で最適な行動をとる。そんなものにとらわれたくないなぁと思いました。

2009/02/09 14:55

投稿元:ブクログ

「黄泉がえり」の続編である表題作を含む短編集。
表題のセンスはうまい。
ユーモアを盛り込んだ作品から感動するような作品まで,
バラエティーに富んだ作品を楽しめる短編集になっている。
全体的にユーモア寄りで,結末が読めるものも多かったのは残念。
個人的には,「黄泉びと知らず」,「見知らぬ義父」が良かった

2012/03/17 08:59

投稿元:ブクログ

短編8編。「黄泉がえり」は好きな作品だったので、関連作として期待したけど弱い。他の作品についてもがっかりの内容で、SFとしての新味はなくユーモアも逆効果。短編は得意な人だと思ってたけど・・たまたまの駄作集と判断して、他の短編集を探してみよう。

2008/10/04 00:06

投稿元:ブクログ

短編集.
黄泉がえりに影響されて買った.

基本的に下寄り.

別に下話にしなくてもいいものまで下だったからなんか納得いかないー.

でもそんなもんなんかなー.

2009/06/01 13:31

投稿元:ブクログ

黄泉がえりの番外編。
亡くなった人が一部の地域で蘇ってくるという現象を聞き、亡くなった子供をよみがえらそうと願う夫婦の話。ちょっと物悲しい。

2010/01/24 11:41

投稿元:ブクログ

映画にもなった『黄泉がえり』のアナザーストーリー。
表題作は説明的過ぎな書き方の問題か、感情移入しづらい感じが否めない。。。
『かぐや姫』のパロディである「六番目の貴公子」、山間部でバス事故に遭った「奇跡の乗客たち」は面白かった。

2012/08/18 00:03

投稿元:ブクログ

梶尾真治ということで購入して読むが、正直面白くなかった。

表題作も、まぁよくありそうな話で、この作者だからこそ、という話では全然ない。黄泉がえりを読んでないとよく分からないだろうし。

他の話も面白くなかった。


接続された女って、ジェームズ・ティプトリー・ジュニアだよねぇ。。

2012/02/19 14:09

投稿元:ブクログ

 黄泉がえりシリーズ第二弾。短編集だけれど、黄泉がえりワールドは最初の一編だけだった。

 そのワールドをそのまま使う「黄泉びと知らず」は予定調和というか要するに面白くない。次の「六番目の貴公子」は長く感じて流し読み。

 板前が手術をする「奇跡の乗客たち」はなかあなか面白い。SFチックな「魅の谷」は何度か見た結末。アンドロイドが南極探検用だったみたいな「小壷ちゃん」も特段ひねりなく平凡。

 現代的な「見知らぬ義父」はなかなか良かった。いいねぇ、こんな第三の自分(仕事、家庭のほかの第三という意味)。特段記憶が残らない「接続された女」、狙いはわかるけれど怖さが染み出てこない「赤い花を飼う人」がラスト。

 雑多な短編集の寄せ集めっぽい。悪いとは思わないけれど、面白いとも思わない普通のファンタジーだった。

2012/03/14 21:39

投稿元:ブクログ

えーとなんじゃこりゃ…。全8話の短編集であり、表題作と「見知らぬ義父」は、「黄泉がえり」が好きな人なら普通に楽しめる作品だと思いましたが。他の6話はくだらないバカSF話ばかりで…。

むしろこの本の中では、表題作と「見知らぬ義父」が浮いている。表題作だけは書き下ろしだそうです。

ヒット作である「黄泉がえり」のスピンオフを書き下ろして目玉とし、しかし中身の大半が「黄泉がえり」とは全く路線の異なるバカSFというのはどういうことでしょう。

純粋にバカSF本としてまとめてあればもう少し楽しめたかもしれませんが、「黄泉がえり」の路線を期待して買ったので楽しめなかったです。

2014/06/06 10:01

投稿元:ブクログ

短編が自分の好みとは大きく離れていて、期待外れだった。ユーモアでもシュールでもなく、薄ら寒い読後感しかおぼえない。
表題作と「見知らぬ義父」は嫌いではなかった。

2016/10/30 14:43

投稿元:ブクログ

竹内結子主演の「黄泉がえり」が好きで、そのアナザーストーリーがあるというので読んだ。「黄泉びと知らず」は同名短編集の中のひとつでいちばん最初の話だった。いい話なんだが、そのあとに続く短編は何とも趣が全く違うストーリーで「黄泉びと知らず」とはまた違う時に読みたかったかな。面白いんだけど、さっきまでのジーンときていたものとのギャップが……面白いんだけどね。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る