サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

	ブックオフ宅本便ページ修正(2017/11/22~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

姑獲鳥の夏
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 47件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: 講談社
  • サイズ:20cm/621p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-211827-0
  • 国内送料無料

紙の本

姑獲鳥の夏 (百鬼夜行シリーズ)

著者 京極 夏彦 (著)

産の上にて身まかりたりし女、其の執心、此のものとなれり…。日本的な家系の悲劇を浮かびあがらせるミステリ。94年ノベルスとして刊行され、98年に加筆・訂正のうえ文庫に収録さ...

もっと見る

姑獲鳥の夏 (百鬼夜行シリーズ)

2,808(税込)

ポイント :26pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

産の上にて身まかりたりし女、其の執心、此のものとなれり…。日本的な家系の悲劇を浮かびあがらせるミステリ。94年ノベルスとして刊行され、98年に加筆・訂正のうえ文庫に収録された小説を底本としてハードカバー化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

京極 夏彦

略歴
〈京極夏彦〉1963年北海道生まれ。作家。「魍魎の匣」で第49回日本推理作家協会賞、「嗤う伊右衛門」で第25回泉鏡花文学賞、「覘き小平次」で第16回山本周五郎賞を受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー47件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

10年経つと、筋は殆ど覚えていなくて、凄い小説を読んじゃったという記憶だけが残っていたけれど、こんなにも分かりやすい話だったんだと認識を新たに

2004/07/17 21:11

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

ご存知、京極夏彦の弁当箱本のシリーズを、豪華本に作り直したもので、その迫力は文庫版には劣るものの、おどろおどろしさでは、やはり並ぶものなしといった感じである。『姑獲鳥の夏』のノベルズ版は、1994年の出版当時に読んで、世の中にこんな凄い作家がいるのかと、当時30歳だった京極の年齢を知って呆然としたことを覚えている。まさに出会いの一冊である。以降、新刊は読むものの、以前の本を読み返す機会がなくて、寂しく思っていたときに、こういった形での出版となり、これを利用して再読の仕儀となった。

で、まずその豪華仕様である。白い本の装幀ならば、菊地信義、とばかり思っていて、黒地の紙に立体的な金色の文字を配した、ちょっとあざといこの本を開いて、そこに「本文書体 游明朝体02R OTF」と、珍しい表示があって、その下に「菊地信義」って書いてあるのに気づいた時、思わずオエって言ってしまった。それほどに、らしからぬデザインではあるけれど、それはあくまで菊地らしからぬ、であって、いかにも京極本らしいデザインではある。

でも、菊地らしいデザインは随所にあって、たとえば小口に絵を入れてしまうというのは、多分、色を塗るだけに比べて圧倒的に面倒くさいだろうなあ、とか、あるいは本を開くと、まず黒い頁、その次は山吹色、そして普通の紙へと変化しながら、タイトルや著者名、出版社、目次といった情報が、斜めに配列されながら微妙に位置を変えていくあたりは、うーん、芸が細かい、などと思ってしまう。

で、やっと中味になるのだけれど、これが予想以上に読みやすい。あれ、10年前はもっと難渋した気がするのだけれど、と思ってしまう。ただし、忘れている、見事なまでにというほどである。面白かった、凄かった、という記憶はあるけれど、それ以外は全くの空白、この本に出てくる関口並である。

この小説の中心にいるのが、久遠寺梗子である。妊娠20箇月を迎え、未だに出産の気配もないという、東京は豊島の雑司ヶ谷で開業医をやっている久遠寺家の次女である。で、何かと噂のたえない家のことについて、恥を忍んで相談に来たのが、梗子の姉である、28歳になる独身の涼子である。

で、彼女が依頼するのが、妹の夫で密室状態の部屋から姿を消した牧朗の生死と、その失踪の理由を明確にすることである。その依頼相手と言うのが、神保町で「薔薇十字探偵社」を構える旧華族の出の榎木津礼二郎であり、彼に代わって涼子の話を聞いたのが、居合わせた関こと関口ということになる。

そして、直前までその事務所を訪れていたのが東京警視庁の刑事木場修太郎であり、巻頭で関口に久遠寺家のことを話していたのが古本屋「京極堂」を営む、関口の大学時代の友人で祈祷師でもある、京極堂こと中禅寺秋彦であり、その妹で出版社に勤める敦子である。秋彦は、関口に失踪した牧朗が自分たちの大学時代の知人であることを思い出させる。

で、姑獲鳥というのは「子供を抱かせに来るお化け」「羽毛を纏うと鳥になり、羽毛を脱ぐと女怪になるという化け物」「女児を攫って養女にする」「産む女」「お産で亡くなった人の幽霊」「お産で死んだ女の無念という概念を形にしたもの」など諸説紛々としている。

その説が、結局はストリーにピッタリあっているというのが、何よりの驚き。前に読んだ時は、凄い凄いで、こんなに理詰めの話だったとは思いもしなかった。再読はしてみるものである。勿論、傑作の評価は変わりません。ちなみに、我が家の高一長女は、この話が京極さんのベストだそうです、はい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/13 05:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/07 04:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/09 03:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/05/17 18:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/24 07:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/08/15 22:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/12 15:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/12/16 21:54

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/01 21:29

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/03 11:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/06 11:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/24 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/23 18:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/13 16:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る