サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「e-hon」キャンペーン 本の購入でe-honポイントが4%もらえる ~7/31

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 58件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発売日:2003/08/01
  • 出版社: 竹書房
  • サイズ:20cm/338p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-8124-1254-4

紙の本

龍のすむ家 (龍のすむ家)

著者 クリス・ダレーシー (著),三辺 律子 (訳)

「下宿人募集」−ただし、子どもとネコと竜が好きな方。奇妙な張り紙を見つけたデービットが行った先は静かな一軒家。竜の置物ばかりを作る陶芸家の女主人、あかずの間のアトリエ、謎...

もっと見る

龍のすむ家 (龍のすむ家)

税込 1,540 14pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「下宿人募集」−ただし、子どもとネコと竜が好きな方。奇妙な張り紙を見つけたデービットが行った先は静かな一軒家。竜の置物ばかりを作る陶芸家の女主人、あかずの間のアトリエ、謎だらけの下宿生活が始まった…。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

クリス・ダレーシー

略歴
〈クリス・ダレーシー〉児童書を中心に著作多数。英国レスター市に暮らす。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店新潟店

シリーズ最新刊「龍の...

ジュンク堂書店新潟店さん

シリーズ最新刊「龍のすむ家グラッフェンのぼうけん」が先月発売され、
本書は記念すべきシリーズ第1作目となります。

「下宿人募集――ただし、子どもとネコと龍が好きな方に限ります」

表紙を開いてまず飛び込んでくる下宿人募集の案内。
インパクトが強い上に、たったこれだけの短い文章で読者の想像力を掻きたててくれます。
なので本文に入る前から、ストーリーに飛び込む準備が出来るわけです。

一人の下宿人と陶芸家の女主人、10歳のやんちゃな女の子、そして数匹の龍たちが活躍する、
冒険あり、涙ありの、心踊るストーリーを是非お楽しみ下さい。

児童書担当 渡邊

みんなのレビュー58件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

小さな龍はあなたの心にも

2004/01/07 16:35

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:元インド - この投稿者のレビュー一覧を見る

この本を評価するのは難しいかもしれない。果たして龍とはなんであろう? 少なくとも、この本を読んだ人は、何度か、そんな疑問が浮かぶはずだ。
ただの置物だろうか? 本当に生きているのだろうか? 時々、それすら疑わしくなる。だが、きっと、誰もが「持っている」のだろう。
この本は、あまり多くを語らない。いくらか読み手に想像の余地を残している(時にはその想像を裏切られることもあるが)。
だからこそ、疑問はいくつも頭に浮かぶ。ただ、恐らくだが、作者には謎かけのつもりは無いのだと思う。その証拠に答えは用意されていないことも多い。
ただし、物語が完結していないわけではない。もちろん、物語のその後を考えることは出来るように終わっているが、そんなのは良くあることだ。

この物語は断片のつぎはぎのように、進められていくのだ。

この物語の中心にいるのはタイトルにある「龍」ではない。もっと愛らしい動物だ。だが、それは語るまい。読む楽しみが失われるだろう。
だが、その動物は、この物語には何よりも重要だ。それを中心に物語がつむがれ、主人公は苦悩と楽しみを味わう。
その一連の流れが、実に巧みだ。読み手はいつしか主人公とともに、この家の不思議や家族との交流を楽しく、時には驚きを交えながら体感していく。
そして、成長する。自信を持つ。一軒の家に下宿することを通じて…。

ただ、惜しむらくは、あまりにも断片的で、時々、突飛とも思える部分があるところだ。おかげで時間の前後関係がわからず、何度も同じところを読み直して、理解する必要があった。
心情描写も同じ風で、せめてもう少しここで説明があったらな、と思う部分も多い。それが非常に残念だ。だが、きっと、読んだ人の誰もが心にとどめる、名作になるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/10/31 12:30

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/16 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/06 23:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/11 16:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/29 03:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/13 18:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/04 10:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/19 08:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/14 10:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/15 01:01

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/19 01:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/12 22:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/12 14:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/18 11:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。