サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー ~陳浩基『世界を売った男』文庫化記念~ 日本と中華圏の本格ミステリの水脈 ポイント5倍キャンペーン(~12/5)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. ライトノベルの通販
  4. 男性向けの通販
  5. メディアワークスの通販
  6. 電撃文庫の通販
  7. バッカーノ!1931 鈍行編 The grand punk railroadの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

バッカーノ!1931 鈍行編 The grand punk railroad(電撃文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 65件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:中学生 高校生 一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: メディアワークス
  • レーベル: 電撃文庫
  • サイズ:15cm/333p
  • 利用対象:中学生 高校生 一般
  • ISBN:4-8402-2436-6
文庫

紙の本

バッカーノ!1931 鈍行編 The grand punk railroad (電撃文庫)

著者 成田 良悟 (著)

バッカーノ!1931 鈍行編 The grand punk railroad (電撃文庫)

637(税込)

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー65件

みんなの評価3.9

評価内訳

紙の本

バカップル大好き!

2015/02/08 22:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:アイラ - この投稿者のレビュー一覧を見る

この作品は個性的なキャラクターがたくさんいて誰が主人公でもおかしくないのですが中でも個人的にアイザック&ミリアが大好きです。

ちょっとズレた会話を永遠としている様な明るい泥棒カップルです。大量のチョコレートや美術館の扉だけ盗んだりと泥棒具合もちょっとズレている愛すべきおバカな2人組が面白くて大好きです!

どんな人でもこの2人に出会ったら最後、幸せへと引き寄せてくれる素敵な二人組です。

ギャグ要素ではこの2人には誰も敵わないでしょう。
落ち込んだ時にこのバカップルの会話を読めば笑えて元気になりますよ♪

この2人の過去がとても気になります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

「列車強盗しようぜ!儲かるらしいし!」「わぁ素敵!お金持ちになれるね!」

2003/08/12 19:32

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:成瀬 洋一郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 上院議員の妻は娘とともに、夫のもとへ旅立った。
 1人の錬金術師が、ニューヨークにいる仲間に呼ばれた。
 愚連隊の少年少女は列車強盗を企んだ。
 頭のネジが抜け落ちたカップルは、ギャングの上納金を奪って列車に飛び乗った。
 人を殺すのが何より好きという快楽殺人鬼に率いられたギャングの一団はシカゴを出奔した。
 首領を官憲に捕らわれた秘密結社は、人質の命と引き替えに解放を要求しようと考えた。
 凄腕の殺し屋が助っ人に呼ばれた。
 そして彼らはシカゴ発ニューヨーク行きの豪華列車で鉢合わせした。それもどうしようもないくらいの至近距離で…。

 ギャング映画にオカルトホラーの要素を振りかけた『バッカーノ』の第2弾で、今回のテーマは列車強盗。前作より登場人物が入り乱れているけれど、列車の中だけで話が展開することもあって、むしろすっきりしていて読みやすくなっているのではないでしょうか。
 目的が完全に相反する黒ずくめの秘密結社と白ずくめのギャングはナイフで互いの喉笛を切り裂きあい、機関銃を撃ちまくり、列車上の攻防戦を繰り広げます。ジャグジー率いる愚連隊の不良少年たちはむしろ巻き込まれた乗客を救おうと奔走しますが、アイザックとミリアの強盗カップルはあくまでもマイペースで、殺し屋と錬金術師はいるのかいないのか所在不明。いくら豪華列車とはいえ、所詮はレールの上を走る列車の中で、銃撃戦はあるは、ダイナマイトは破裂するはの大騒ぎで、よくぞ分解してしまわなかったものだと感心してしまうくらいの大騒ぎ。
 しかしこの話では、赤い怪物の正体であるとか、行方不明者の消息とか、この騒ぎに機関室はどうなっていたのかとか、最後まではっきりしない謎は多く、ひとまず決着はついたものの、全貌は事件を別の側面から描くという続刊「特急編」を待たないと解明されないようです。
 血生臭さの中にも侠気とユーモアが漂っていますし、前作では鬱陶しいだけだったバカップルが、今回はそのバカさがむしろ良い味になっていてびっくり。実に実写映画向けの作品だと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/11/11 22:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/09 23:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/25 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/28 01:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/02/07 14:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/06 20:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/10/23 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/19 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/08 17:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/02/25 08:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/03/27 10:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/27 20:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/28 18:21

投稿元:ブクログ

レビューを見る

電撃文庫 ランキング

電撃文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む