サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

好評につき延長!2020年版カレンダー全品ポイント5倍キャンペーン(~11/30)

【HB】「hontoブックツリーでつながる ミステリ“この一冊”」ポイント5倍キャンペーン ~11/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

サルトル
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: ナツメ社
  • サイズ:19cm/254p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8163-3546-3

紙の本

サルトル (図解雑学)

著者 永野 潤 (著)

社会的な背景を押さえつつ、時代と格闘したその生涯を追いながら、自由の哲学者サルトルの思想に迫る。実存主義、アンガージュマンの思想をわかりやすく図解。今こそ、サルトルを読ん...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

社会的な背景を押さえつつ、時代と格闘したその生涯を追いながら、自由の哲学者サルトルの思想に迫る。実存主義、アンガージュマンの思想をわかりやすく図解。今こそ、サルトルを読んでみよう!【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

永野 潤

略歴
〈永野潤〉1965年生まれ。東京都立大学大学院人文科学研究科に学ぶ。現在、湘南工科大学、関東学院大学等にて哲学・倫理学などの非常勤講師。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (2件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

かつての「知的アイドル」も、今や忘れられた存在。されどサルトル。今だからこそサルトル。最上の入門書

2004/11/11 21:47

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pipi姫 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ポストモダン思想がもてはやされ、サルトル流の「主体」が解体されてしまった現在、サルトルの時代は終わったと言われて久しい。

 ところが、本書の著者永野潤氏はそうは思っていない。

【サルトルの思想が、重くまじめな「主体」の哲学である、というのは大きな誤解です。サルトルは、その思想の出発点から、「私」という殻に閉じこもる従来のまじめで重々しい哲学を批判し、「外に出よう」と訴えていました。……サルトルとサルトル以後の断絶はそんなに自明なことではないのです。】(はじめに)

 だから、まだまだサルトルから学ぶことはあるのだ。
 というわけで、サルトル入門書。これが実によくできていておもしろいから、ぐいぐい読んでしまう。
 
 見開き2頁で1項目。左が本文、右が漫画による図解頁。わかりやすい。サルトルの生い立ちに沿って彼の思想の変遷がコンパクトに語られる。初心者にはわかりやすく(といっても、それほど簡単なわけではない。やはりそれなりに難解な用語も出てくるのだが、それは右側の漫画が理解に役立つ)、サルトル経験者には格好のおさらい書となる。

 サルトルは生涯に亘って何度も自らの思想を否定し、新しい思想を紡いでいった哲学者だが、後知恵でいえば、いくつも誤りを犯している。決定的なのがソ連に対する評価だろう。
 例えば西永良成氏は、サルトルのことを「深く絶望しつつもあえて「希望を作り出さねばならない」と言い、かつての「思想の君主」の義務を律儀に果たそうとした——そして、そのような寛大さこそが否定しえぬサルトルの偉大さだった」(ミラン・クンデラ『無知』の訳者後書)と評価しつつも、サルトルは68年のプラハの春までソ連を擁護し続けたわけであり、そのことが「ソルジェニーツイン、あるいはクンデラなど東側の多くの人びとからは「自己欺瞞」、「責任の拒否」と感じられて当然だった」という。
 永野さんのこの本でも盟友メルロ・ポンティとの確執が取り上げられているが、『サルトル/メルロ=ポンティ往復書簡』を読む限り、非はサルトルにあると私は思う。永野氏もさまざまな表現でサルトルの過ちについて語っている。

 サルトルの間違いがさんざん指摘されているにもかかわらず、なぜ今、サルトルなのだろう。サルトルからとりわけ学ぶべきことは、その知識人論にあると著者はいう。

【知識人は自分のうちに矛盾をはらんだ、孤独な存在だ…。…サルトルは「既存の知識人を擁護したのではなく、むしろそれを批判しようとした。彼は、閉じた場所の外へ、世界へと関係するとき私たちは誰であれ真の知識人になると言おうとしたのである。その意味でサルトルが提起した知識人の問題は現代の私たちと無関係な問題ではない。サルトルにならっていえば、それは「われわれの問題」なのである。】(242p)

 「「テロとの戦い」という名目で最も豊かな国が最も貧しい国を報復爆撃する」ような現在、「サルトルを乗り越えたと自称する人々は、タコツボ的「専門家」か「偽の知識人」以上の役割を果たしているだろうか?」と著者は問う。これこそが、サルトルを読むことの意義だと著者が強調したい点だろう。

 改めてサルトルの思想をたどっていくと、確かに現代思想といわれるものとの類似性を驚くほど感じてしまう。やはり忘れ去られていい哲学者とは思えない。ただし、階級論の単純な理解/適応はもはや通用しないだろうし、啓蒙主義的な知識人のありかたについても再考の余地はあると思う。サルトルをどのように咀嚼するのか、何を教訓として引き出すのか、何を学ぶべきなのか、本書を閉じたあとにこそ課題は待ち受けている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/20 23:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/21 18:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/20 09:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/07 16:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

西洋哲学 ランキング

西洋哲学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。