サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1019-23)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 4件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/334p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273825-2
文庫

紙の本

美食探偵 (講談社文庫)

著者 火坂 雅志 (著)

美食探偵 (講談社文庫)

税込 765 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー4件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

本邦初のグルメ小説家探偵す

2006/05/14 21:55

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:星落秋風五丈原 - この投稿者のレビュー一覧を見る

時に、明治31年。別荘地の大磯に降り立ったのは、郵便報知新聞
(後の報知新聞)編集長、村井弦斎、35才。売り出し中の大衆小説家
でもある彼は、やがて空前のベストセラーとなる本邦初のグルメ小説
「食道楽」を書くために、祷龍館(とうりゅうかん)に滞在する。
ところがなぜか事件が起こり、彼は、首を突っ込んでゆく羽目に。
弦斎が、その人の外見からしてきた事をぴたりと言い当てる場面がある。
警官からの露骨な揶揄でも明らかなように、彼はシャーロック・ホームズの
推理方式を取っている。
20代にアメリカに渡り、ハウスボーイをした経験がある
彼ならば、物怖じしない性格も納得。好奇心が強いのは
物書きの宿命か。
ワトソン役は、松本良順の弟子で医師助手の山田文彦と、後に弦斎の妻となる、
大隈重信の従兄の長女、尾崎多嘉(作中では多嘉子・実在)。
但し、文彦はワトソンの医者の部分だけを引き継ぐ。
後藤象二郎、陸奥宗光、伊藤博文、徳川家、鍋島直大、大隈重信、西園寺公望、
梨本宮守正、伊達宗陳、池田成彬等政財界の大物達の保養所となった大磯なので、
事件のネタには事欠かないと思われたが、続編はなく、この一冊で終わっている。
西行シリーズのような、派手な立ち回りはなく、「忠臣蔵心中」から釣り
と食に関する記述を引き継ぐ。
「海から来た女」「薄荷屋敷」「消えた大隈」「冬の鶉」「滄浪閣異聞」収録。
「消えた大隈」はアガサ・クリスティの作り出した名探偵エルキュール・ポアロものの短編「総理大臣の失踪」の
パロディか?
明治時代、洋食がどのように描かれていたか知る事ができて興味深い。
ただ、惜しむらくは、
松本良順(順)が役者衆を呼び込んで海水浴場のプロモーションをはかった実際のエピソードと、架空の事件を組み合わせた「薄荷屋敷」と「冬の鶉」の2篇以外、
料理にまつわる事件がないことである。まだ皆が洋食に精通してなかった
時代に、「食道楽」を書こうとしていた弦斎だからこそ、この方面の謎解きにおいて
一歩先んじていた、という状況をもっと登場させて欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/05/16 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/03 18:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/04/23 00:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。