サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

A-A’(小学館文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

ブラウザで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • サイズ:16cm/304p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-09-191385-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

A-A’ (小学館文庫)

著者 萩尾 望都 (著)

A-A’ (小学館文庫)

607(税込)

A-A’

540(税込)

A-A’

ポイント :5pt / 紙の本より67おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価4.3

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (6件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

博士の死体の数とトリルの死体の数…一緒かもよ。

2006/08/09 19:55

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ISH - この投稿者のレビュー一覧を見る

トリルの姿のあまりの痛ましさ。博士に憤る主人公。
「おまえなんかにトリルの痛みなど!」
だからこそ博士はますますもって「感情など無駄」と。
主人公はトリルだけ見ているけれど…。
感情のない(ように見える)素晴らしき人種!と…まるで小さな子供のように胸をときめかせる博士…それは感情ではないのですか?それはどこに向かうはずのものだった?あなたはどれほど素晴らしい人になれるはずだった?と…トリルの痛みを見れば見るほど同時に博士の痛みを感じるのですが。
いびつでもう救いようがないけれど…本当にこれが子に対する愛情だったりするからね。
…だったら、本気で感情捨ててトリルも捨てろ、と思うのですが。
怒るべきは、トリルは自分の目でそれを見たことなど一度もなかったのに絶望だけしっかりと植えつけられた。博士はあの喜びを知っていたはずなのに。
あの子にはほんの一時しか与えられなかった。あの少年と一緒ならば「感情など無駄」と言わずに済んだかも知れぬものを…。
それで、最後トリルは博士同様「知らなければ良かった」なんでしょうかね。
「おまえなんかにトリルの幸せが分かるか!」ともつけ加えてみたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

sf短編集

2017/02/09 21:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:pope - この投稿者のレビュー一覧を見る

sfですが、短編ということもあり、それほど設定に理解力を必要としません。
xyzで延々とザーズが演説してますが、そこは飛ばしてもさほど問題は無いです。
絵柄はやっぱりユニコーンの夢の頃が良いですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

引き際の美学

2013/05/06 21:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:きたのネコ - この投稿者のレビュー一覧を見る

萩尾望都という作家は物語を絶妙なところで終わらせる。
この作品も主人公アデラド・リー’の感情が動き出したところで終了し、読者にその後を想像させるようにしむける。
これを是ととるか否とするかは各個人によると思うが、この作品については終了させて正解だと思う。
他の収録作では初期の「ユニコーンの夢」「六月の声」の2作が良い。いずれも既読の作品だけどやはり読んでしまう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/05/17 00:50

投稿元:ブクログ

・・・・・・・・・・・・アディ・・・・・・・・・・・・白い大地にのまれた赤いたてがみオレの愛するアディはムンゼルの大地の下に深くうずもれてしまったのにどうしてクローンを同一視できるのだ

2006/12/03 01:01

投稿元:ブクログ

萩尾望都のSF。一角獣種に生まれた人間をテーマにした短編集。
ベストオブベスト萩尾望都作品!!
悲しくて切なくてとにかくいいんだ!最高なんだ!ホントいいんです、切ないの好きなら読んで!!

2006/06/05 17:38

投稿元:ブクログ

萩尾望都さんの、スペースファンタジー漫画です。とても幻想的な世界が広がります。
『一角獣種』という人種が登場する、『X+Y』という短編がお気に入りです。

2006/12/10 00:34

投稿元:ブクログ

キューンって、すっごく切ない気持ちになった。ポーとかトーマの切なさとはまた違うくて…。作中に出てくる特殊な種族について文章で説明があるだけでなく、赤いたてがみをチャームポイントにすることで、孤独で危うくて情熱的なキャラを前面に押し出している。こんなに上手に読者に自分の持っているキャラコンセプトを伝えられる漫画家はそういないですよね。天才っているもんだなぁ

2009/09/27 19:34

投稿元:ブクログ

久しぶりに読んだ。やはり世界観が独特。短編集で、ひとつひとつの話は短いのに、あまり説明がなくても理解しやすいし、訴えかけるものが際だってくるのはさすが。

2013/01/06 21:50

投稿元:ブクログ

再読。一角獣種の連作なんだ、と再認識。スター・レッドとも関係あんのかな。
私的にこの作品群はすごく好きです。静かに移り変わる感情の表現と、切なすぎる運命と。

メールデールとハプトのお話も、凄味があって…好きです。

2009/12/04 14:20

投稿元:ブクログ

かつて宇宙航行のために開発された人口変異種である一角獣種の生き残りを巡る物語がメイン。

「A-A'」・・・一角獣種のアデラド・リーはプロキシマ計画のスタッフとして選ばれたが事故で死亡、しかし危険任務のためクローンの製造が許可されておりクローン体が代わってプロキシマにやってくる。
しかし、プロキシマに着く前までの記憶しか持っていなかった。

80年代初頭作品が中心で、宇宙やESP能力といったものを扱っているものが多い。
表題作の自分の死んだときの保険にクローン体と記憶を残しているっていうのは今読んでも面白いテーマ。
表題作では愛する人が記憶を無くしてと言う意味ので葛藤は描かれるけど、クローンシステムそのものは当たり前に受容されている世界であるのは興味深い。
技術が当たり前になれば自然と受け入れられるようになっていくのだろうか・・・

2013/06/15 12:24

投稿元:ブクログ

 一角獣種という架空の生き物を通して、まざまざと見せつけられる。
「ありのままの不器用なあなたでいいのよ」という肯定感。そう肯定されなければ死んでしまうというくらいの不器用さだ。
 子供じみている、バカバカしいと思いながらも、それは、甘く優しく魅力的に映る。

 SFと言う舞台だから見られる夢である。
 現実でこれを描いたら、さすがに夢が覚めてしまう。

2009/10/18 01:12

投稿元:ブクログ

読んだのはこの文庫ではなく古い作品集の17巻なので、収録が少し異なる。
「A-A'」「4/4カトルカース」「X+Y」の一角獣種もののみ

久々に読み返してみた。深い。
「A-A'」は内容的には望都先生が何度か書いているテーマな感じで、心惹かれます。短いのに静かに深い。
が、この1981年の漫画を今読むと、クローンって方が気になる。
遺伝子・記憶を登録して、3年後に死亡すると直ぐに登録当時の年齢のクローンが現れる。
3年で16歳まで成長させれるっていうのがすごい。その後普通に成長できるんだろうし、オリジナルがいないのだから、オリジナルとして暮らせるんだろうし、、、、でも、なんつーか、う~ん、、、そこに引っかかって。いいとか悪いとかではなく、何と言うか、脳内会議が止まらない。
ま、主人公たちが陥るとまどいと同じだ。うん、実に深い!さすが望都先生!

だからか、クローンの現れない同時収録の2作品の方が好きかも。
モリもトリルもタクトも可愛い。
トリルはまぁ、、、でも、同時収録してくれて救われる。

(自)

2013/01/17 11:07

投稿元:ブクログ

萩尾望都先生のSFファンタジー短編が入っています。
少しづつ話は違いますが、「一角獣種」という人工種のキャラクターが絡んでいる話が4編。後は昔のSFファンタジーが2編と別のモノが1編入っています。
著者の作品を読んでいると本当にその世界に吸い込まれそうになってしまいます。それほど、構成力、ストーリー性が抜群に魅力的。
トリルの話では「個」として大切にする少年と「種」を存続させることにのみ野望を抱く大人。やられますね、、こういう話は。

2010/06/21 22:28

投稿元:ブクログ

人生で最初に触れた萩尾氏の作品が表題の短編。たしかまだ自分が小学生か、中学生の頃だったと思う。この本の表紙のイラストが月刊プリンセスの巻頭を飾っていた。なんだか凄い物語を書く人だ、と思った。一角獣族の魅力的なこと、今も魅了され続けている。

2011/10/11 22:37

投稿元:ブクログ

安定しているので安心して読める。
ファンタジー世界の広がりがごく自然で、外国の大物ファンタジーを読んでいるような気分。
背景に広がるたくさんの知識に敬服。

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る