サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 技術・工学・農学
  4. われらの有人宇宙船 日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

われらの有人宇宙船 日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.8 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 裳華房
  • サイズ:19cm/177p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7853-8758-0
  • 国内送料無料

紙の本

われらの有人宇宙船 日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」 (ポピュラーサイエンス)

著者 松浦 晋也 (著)

2001年12月に公表された有人宇宙船「ふじ」の概略の紹介から、有人宇宙飛行の歴史をたどりつつ、再利用型宇宙船の問題点を検証して、今後の日本の宇宙開発のあり方を問う。【「...

もっと見る

われらの有人宇宙船 日本独自の宇宙輸送システム「ふじ」 (ポピュラーサイエンス)

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

2001年12月に公表された有人宇宙船「ふじ」の概略の紹介から、有人宇宙飛行の歴史をたどりつつ、再利用型宇宙船の問題点を検証して、今後の日本の宇宙開発のあり方を問う。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

松浦 晋也

略歴
〈松浦晋也〉1962年東京都生まれ。慶応義塾大学大学院メディア・政策研究科修了。科学技術ジャーナリスト、宇宙作家クラブ会員。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.8

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

さぁさぁ、本番だ

2004/02/09 16:27

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:san - この投稿者のレビュー一覧を見る

そこの理数系の残り火を抱いた、エンジニアの皆さん。
さぁさぁ、ガキの頃夢見た、宇宙旅行の本番だよ。(多分)

今、SF作家で自分達の足元を見た宇宙開発を書く作家が増えていますよね。
これは、アメリカの宇宙開発初期と同じ現象かと。
#ただ、書く理由が“危機感”なんだよねぇ。悲しいけど。

で、その大もと…
今の日本の宇宙開発の現状とその行方を、わかり易く書いてくれています。

今後、如何に宇宙開発を日本が進めるべきかをいろんな観点で
分析しつつ、本書は有人飛行の必要性まで進めて行きます。
国威発揚の大騒ぎなものではなく、日本らしい足元を固めた開発
ってこう考えていますっていう、実現可能なモデルです。

元々、この方面のライターさんでは秀逸な本を書く松浦氏。
今回も外してません。まず、足元。
その点を認識し、「次」のステップを探るに良いテキストです。


さぁさぁ、今度は自分のガキン子を虜にして、「夢」をつなげなきゃ。
アンドロメダ焼きは喰えんぞぉ!



P.S
私としては、笹本氏あたりとギャグを入れて共著でこの辺を書いて
ほしいなぁ。(笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

著者コメント「事実に基づき、自分の頭で考えよう」

2003/08/27 17:42

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:松浦晋也 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書の目的は、日本がこの先どのようにして有人宇宙活動を行うかを、多くの人に考えてもらうということです。そのためは、先入観も誤解も排した、きちんとした事実を知る必要があります。
 私は、「ふじ」のようなカプセル型有人宇宙船を支持していますが、本書では「ふじ」の説明と同等以上に、読者の方々が自分の頭で考えるための基礎的なデータをコンパクトにまとめることに力を注ぎました。

 それと同時に強調したいのは、「自分の手を動かして物事を達成することの貴重さ」です。批評は誰にでも(それこそ私にでも)できます。本当に大切なのは自分の頭で考え、自分の手を動かし、失敗は自分の身を持って受け止めて経験を積み、物事をなしとげることです。

 糸川英夫が最初のペンシルロケットを発射したのは1955年でした。そして最初の人工衛星「おおすみ」の打ち上げは1970年で、15年かかりました。
 宇宙開発事業団が、最初のシャトル搭乗宇宙飛行士3人を選抜したのは1985年でした。それから18年、今年2月のコロンビア事故以降シャトルの運航は止まっています。また、日本は今後10年以上の有人活動をシャトルに頼ろうとしています。

 私は、そろそろ浮き輪をはずして自分で泳ぎを覚える時期だと感じています。本書を読んだ後、あなたはどんな意見を持つでしょうか。

「われらの有人宇宙船」刊行記念
 有人宇宙船 「ふじ」 壁紙集
http://www.shokabo.co.jp/author/8758/
『われらの有人宇宙船』に掲載した図版をアレンジして作成した、有人宇宙船「ふじ」のオリジナル壁紙です。ダウンロードして、パソコンのデスクトップの背景としてご利用ください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

機械・機械製品 ランキング

機械・機械製品のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む