サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

BOOK FUN LETTER 2021~好きな誰かに、好きな本のこと、手紙を書いて伝えよう~(~5/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 10件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 水声社
  • サイズ:22cm/223p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-89176-495-3

紙の本

さまざまな空間

著者 ジョルジュ・ペレック (著),塩塚 秀一郎 (訳)

机上の描写から宇宙への省察にいたるあらゆる空間について、タイポグラフィ・言葉遊び・パロディ・引用を織り交ぜながら、ときに哲学的に、ときに遊び心・悪戯心たっぷりに綴る可憐な...

もっと見る

さまざまな空間

税込 2,750 25pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

机上の描写から宇宙への省察にいたるあらゆる空間について、タイポグラフィ・言葉遊び・パロディ・引用を織り交ぜながら、ときに哲学的に、ときに遊び心・悪戯心たっぷりに綴る可憐なエッセイ集。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

ジョルジュ・ペレック

略歴
〈ペレック〉1936〜82年。パリ生まれ。著書に「事物」「失踪」「人生使用法」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー10件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (4件)
  • 星 4 (3件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

「象はたいてい本物より小さく描かれるのに、蚤はつねに大きく描かれる」(ジョナサン・スウィフト)

2004/03/11 22:45

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すなねずみ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「書くということ」「空間というもの」に思いを馳せる人のために書かれた本……とてもきれいな本だから折に触れて読み返してみたくなる。
 そして、どこかの図書館の静けさのなかで週に一度決められた時間にプルーストの『失われた時を求めて』を愈々読み始めてみようかなと極自然にそんな方向に導かれているような、そんな感じがする。マドレーヌはあまり好きではないけれど。

>

あまりの「敏感さ」のために、精神に変調を来たさざるを得ない人間。ジョルジュ・ペレックという人も、そんな人間のひとりであったのかもしれない。幼い頃に両親を失ったユダヤ人であるところの彼。(こういう書き方には、なんだか自分の?汚らしさを感じてしまうけれど)

>

見るということ。空間を見る。そして、それを書くということ。異邦人のように。

>

>

続けること。場所がわからなくなるほどに。すべてが自分と無関係に思えてくるほどに。見続けること、そして書き続けること。たとえば、こんなことを考えることを何かのきっかけのようにして……あるいは不意に訪れる宇宙的な広がりの感慨に宙吊りな感覚を味わわざるを得ないような場所で。

>

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/04/25 12:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/01 21:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/07 00:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/03/24 22:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/19 00:22

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/05 22:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/02/24 13:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/07/05 13:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/04/07 01:55

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。