サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. なぜ人はニセ科学を信じるのか 1 奇妙な論理が蔓延するとき

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

なぜ人はニセ科学を信じるのか 1 奇妙な論理が蔓延するとき(ハヤカワ文庫 NF)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 11件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.8
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 NF
  • サイズ:16cm/291p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-050280-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

なぜ人はニセ科学を信じるのか 1 奇妙な論理が蔓延するとき (ハヤカワ文庫 NF)

著者 マイクル・シャーマー (著),岡田 靖史 (訳)

なぜ人はニセ科学を信じるのか 1 奇妙な論理が蔓延するとき (ハヤカワ文庫 NF)

756(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー11件

みんなの評価3.3

評価内訳

懐疑主義のすゝめ

2004/01/15 13:02

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:吉田松陰 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 懐疑主義の古典的名著としてはガードナーの「奇妙な論理」があるが、書かれたのが一九五二年という事で、それ以後の「奇妙な論理」に関する事例を知りたい人にはシャーマーのこの本をお薦めしたい。
 全二巻を通じて十七章中、本書第一巻には第一章から第八章までが収められており、最初の三章はシャーマーによる「懐疑主義の総括」といった趣となっているが、第一章、シャーマー自身がニセ科学に騙されていた頃の体験談が面白い。第四章から実際の事例に入るわけだが、ここでもやはりシャーマー自身の体験による超能力の摘発が面白かった。
 全編に渡ってかなり抑制の利いた文章で、笑い飛ばしながら読み進めたいという向きにはガードナーの「奇妙な論理」の方がよろしいが、ニセ科学はあの手この手で常に増殖する機会をうかがっている。ガードナー、セーガンを読み終えたら次はこの本を読んで怠りのなきように。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/02/12 15:18

投稿元:ブクログ

著者は、懐疑主義協会の理事で、懐疑主義の雑誌「スケプティック」の発行人でもあります。

若かりし頃、神学を勉強し、さまざまな健康法を試したり、啓発セミナーに参加した経験を持っているためか、「ニセ科学」を信じる人々を頭ごなしに否定するのではなく、なぜそれを信じるのか理解しようと努めているようです。
また、科学は絶対不変のものではなく、その時点で一番論理的整合性のある可能性の集積であるという姿勢を崩さないので、大変公平な態度で執筆しているという印象を受けました。

文庫版一巻にある臨死体験や異星人による誘拐の事例はよくわかりましたが、二巻の創造論者(聖書の天地創造)やホロコースト否定論者(ナチスによるユダヤ人虐殺が誇張されていると主張)などは、馴染みが薄いため、読むのに少し努力がいりました。

2007/07/28 01:44

投稿元:ブクログ

2007/07 「『社会調査』のウソ」の参考図書にあがっていたので、図書館から借りて読む。長らく考えていた、世界のおしはかりかたに、とっくに名前がつけられていたことに驚く。知ってる人は知っているのだろうけれど、知らなかった。そのこと自体が面白い。(p.76「パーシグのパラドックス」あたり)この本は、いんちきをやっつけてやるぞと決心し、ディベートをする構えなので仕方ないけれど「科学だって絶対とはいえないけど」といちおう言いこそすれ、その態度はしぶしぶである。それを「誠実でない」とまでは言わないけれど。マリノフスキーの引用が冒頭に出てくることもあり、最近読んだ「野生の思考」のこともあり、文句なしに肯くことはできない。☆3.5くらい。(2)も読むつもり。

2009/12/27 02:02

投稿元:ブクログ

この文章は辛い。

内容はマーティン・ガードナーの「奇妙な論理」に似た疑似科学批判本なのだが、あれと同じように笑いながらスラスラ読めるものを期待していると、少し辛いかと思う。
一巻の序盤はこの本で取り扱う疑似科学とはどういうものか、どうしてこのような本を書くに至ったか、なぜ人はそのような勘違いを犯すのか、といった内容なのだが、この序盤の、一巻の役半分ぐらいにあたる部分までが、もの凄く退屈な内容になっている。筆者の個人的な体験談が繰り返し語られ、それが大して面白くない(面白いと思うかどうかは個人差があるだろうが、せっかちな人間としては早く本題に入ってくれと思う)。
いや、もう少し文章がまともであれば面白く感じられそうなエピソードもあるのだが、このゴチャゴチャとして何を言わんとしているのか分かりにくい文章では酷く退屈なだけである。

一巻後半ではようやく待ちに待った疑似科学関連の具体例が入ってきて、どうにか面白くなってくるのだが、それでも文章がよくなるわけではない。原書を読んだことはないので、筆者の書き方が問題なのか訳が悪いのか不明だが、読むのに多少の忍耐は要する。

マーティン・ガードナーの「奇妙な論理」よりは刊行が新しいので、より新しい話を求めているのであれば、こちらも読んでみる価値はある。
サラッと読めて気楽に楽しみちょっと笑える、というのを期待しているとなると、少し辛い。

2010/02/03 02:33

投稿元:ブクログ

「なぜ人はニセ科学を信じるのかI」
著者 マイクル・シャーマー 訳 岡田靖史
出版 早川書房

p140より引用(アルフレッド・マンダー「民衆のための論理」)
”思考は熟練の技である”

懐疑主義者である著者のエッセイ集の上巻。
自身が自転車レース参加中に、
色々怪しい物に触れる事によって懐疑的になった様子が、
p44から48前後に書かれています。
そのため一度騙された人の言葉となっていて、
大変説得力が高くなっています。

重点的に読んだのは第三章。
引用もこの章の23・努力の不足と・・・から。
今後自分がそうならないようにしたいと思います。

世の中の胡散臭い物を疑っている人に。

2013/03/27 12:22

投稿元:ブクログ

「 ショーペンハウアーの言葉の引用は、「まちがいであるはずがありません」などと言っては、世間の嘲笑をあびたり、はげしい反論にあうような人々が、自分達を正当化する手法でしかない。事実まちがっているのだから」

疑似科学に関する議論は多分科学哲学の領域でも盛んに行われていて、もちろん他の人文社会科学においてもかなり行われていることでもある。

本書の主張はおそらく、ポストモダン系の科学論をそこそこでも読んだことのある人にとってはやや「古い」印象を持つかもしれない。ただ、有用性という意味ではこのくらいの認識に落ち着くのが結局のところ妥当だと思うし、これが科学者の中で共有されている「常識」であり、そうあるべきなのではないかなと(結局のところ)思う。

もちろんその際に「科学」というものが権威性を高め過ぎないことは重要で、それはなぜかというと、よく言われるような「科学で測れないものの価値を見失うことになる」ということに加え、「科学が権威を持ちすぎると人はその見かけをしたものに簡単に騙されるようになる」からである。

とはいえ、ポストモダンを少しかじった身としては、「疑似科学」として断罪される魔術の「効力」に関しては、心理的にはそれなりに把握されるべきではないかなと思う。

「倫理性」やらなにやらまで考えればそれは科学の体裁を取るべきではなく、むしろ「魔術」として開き直るべきであるというのが僕の考えだが、いずれにせよ「非科学的=効果がない=やっているやつはバカ」と安直に考えてしまうと、なぜそれが人びとの支持を得ているのか、どのような影響を及ぼすのかという心理的、社会的側面を見落としてしまうことに繋がるわけで、そのレベルまで汲み取った上で疑似科学(あるいは魔術)というものに接していくべきなのだろうと思う。

2012/08/14 11:42

投稿元:ブクログ

うーん、引用も含めてもっとスリムに読みやすくできたのでは?
タイトルで買ってしまったが、ほぼ進化論vs創造論のみな印象で、興味を持って読める部分が少なすぎた。
後編もこの調子だと辛いな。

2013/12/12 19:59

投稿元:ブクログ

「簡単な整理術」を期待して読むも、完全な誤選択。副題「風水浄化術入門」が示す通り、ニューエイジや風水を好む人向け自己啓発本。

2012/02/09 06:04

投稿元:ブクログ

以前カール・セーガンの遺稿「ひとはなぜエセ科学に騙されるのか」を読んで感銘を受けたので類書として読む。著者もセーガン博士と面識があるようだ。序文はこれも又著名な進化生物学者であるS・J・グールドが書いている。表紙だけ見ると<と学会>本のようであるが疑似科学への冷やかし(それとも愛^^)等は少しもない生真面目な本。第一部は懐疑主義を定義しているがやや冗長。二部から具体例が取り上げられ興味が増す。既知の内容であったが「記憶回復運動」は将に現代の魔女狩り。この運動によって崩壊した家庭を思うと哀惜の念に堪えない。

2014/07/27 20:31

投稿元:ブクログ

懐疑主義者の著者がいろんな超常現象を主張する人たちと対抗する。
いくら理路整然と論破しても結局相手を変える事は難しいようだ。

2012/09/13 15:43

投稿元:ブクログ

序文 「懐疑主義の実証力」 (スティーブン・ジェイ・グールド)
プロローグ
第1~2部 (第1~8章)
文献目録

『なぜ人はニセ科学を信じるのか UFO、カルト、心霊、超能力のウソ』 1999.2 早川書房刊 文庫化
『Why People Believe Weird Things: Pseudoscience, Superstition, and Other Confusions of Our Time』 1997.5 W. H. Freeman and Company 原著

ハヤカワ文庫 NF ランキング

ハヤカワ文庫 NFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む