サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

薔薇と狼(ハーレクイン・ヒストリカル)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
新書

紙の本

薔薇と狼 (ハーレクイン・ヒストリカル)

著者 マーゴ・マグワイア (作),吉田 和代 (訳)

薔薇と狼 (ハーレクイン・ヒストリカル)

税込 929 8pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

強情娘の謎と傲慢な騎士の奪還劇。中世イングランドを舞台としたロマンス。

2005/12/13 11:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:三度目の正直 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書は著者のデビュー作。こんな凄いものを書いてしまう新作家の登場に拍手を送りたくなった。はっきり言って、読み終わるまでロマンス小説だということを忘れていたくらいにスペクタクル。とにかく何もかもが巧く、その完成度の高さには唸らずにはいられない。映画で観たら面白いだろうなとさえ思ったほどだ。
舞台は1421年イギリス。
国王ヘンリー五世の命令で、はるばるノーサンバーランドまで来た騎士のウルフレム・ゲアハート・コールストン(通称ウルフ)。王命は、サマズ男爵の義理の娘であるキャスリン・サマズ(通称キット)をロンドンまで連れてくること。こんな辺境の地の娘になんの用があるんだと王の意図をいぶかしく思い、また、そんな役にわざわざ王の補佐役である自分が選ばれたことに腹を立てていた。
一方、キットの方も国王が自分のような田舎娘に何の用事が?とさっぱり分からない。だが、彼女はこの地をどうしても離れたくない理由があり、ウルフら王の使者たちから逃げる機会をうかがっていた。
 また、もう一つ、ウルフにはどうしても遣り遂げなければならないことがあった。亡くなった父と兄の敵討ちのためにも、かつて従兄弟に奪い取られたウィンダミア城を取り戻すことが彼にとっては何よりも重要な目的なのだ。
王がキットをロンドンに呼び寄せた謎に加え、このウルフのウィンダミアを取り戻す復讐・奪還劇が物語の二本柱となり、さまざまな展開を見せていく。
気の強いキットと傲慢なウルフは何度も衝突し、その言い争いは時にぷっと笑ってしまいそうになるほどに面白い。でもムキになって言い返すキットが妙に可愛いかったりする。
 最後には二十年にもわたる苦しみからやっと解放されたウルフにほっとした。そして、義父に殴られるなど虐げられながら酷い暮らしをしてきた少年のような身なりのキット。彼女が幸せを手に入れた時は本当に安堵した。
やっぱりシンデレラストーリーは最高!と目をキラキラさせてしまうこと必至な一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/12 14:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。