サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. コンピュータ・IT・情報科学の通販
  4. ハードウェアの通販
  5. 毎日コミュニケーションズの通販
  6. CPUの創りかた IC10個のお手軽CPU設計超入門 初歩のデジタル回路動作の基本原理と製作の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

CPUの創りかた IC10個のお手軽CPU設計超入門 初歩のデジタル回路動作の基本原理と製作
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.7 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

CPUの創りかた IC10個のお手軽CPU設計超入門 初歩のデジタル回路動作の基本原理と製作

著者 渡波 郁 (著)

コンピューターの中核であるCPUという名のブラックボックス。その動作の「超」基本原理から具体的な設計例までを解説。アキバで手に入る部品だけで実際の製作も可能!【「TRC ...

もっと見る

CPUの創りかた IC10個のお手軽CPU設計超入門 初歩のデジタル回路動作の基本原理と製作

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

コンピューターの中核であるCPUという名のブラックボックス。その動作の「超」基本原理から具体的な設計例までを解説。アキバで手に入る部品だけで実際の製作も可能!【「TRC MARC」の商品解説】

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

著者/著名人のレビュー

コンピュータの心臓部...

ジュンク堂

コンピュータの心臓部、CPUの仕組みを学びつつ、秋葉原や日本橋で入手可能な部品だけでCPU自体を作ってしまおうという一冊。自ら、電子工作の本ではないし、教科書でもないと語る軽快な口調が楽しい。

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.7

評価内訳

  • 星 5 (20件)
  • 星 4 (6件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

見た目軟派で中身は硬派な一冊、「CPUの創りかた」

2003/10/23 01:10

7人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:S.Titilat.M - この投稿者のレビュー一覧を見る

「CPUの創りかた」とは、読んで名のごとくCPUを自作しようという本です。
パソコンの自作ってのはよく聞きますね。CPUやメモリ、マザボといったパーツを買い揃えて自作するパソコン、その中のCPUを作ってしまおうというのだからチャレンジャーです。
……って、ここまで煽っておいてなんですけど、この本で作るのは本当の基本的なCPUであって、3Dゲームがバリバリ動いたりするようなそんな高機能なCPUは作りません……というより、そんなのは一人では作れません。
「CPUの創りかた」では10個のICを使った手軽なCPUの設計を謳っており、これにより我々のパソコンに入っているCPUの極々基本的な動作原理を学んでいこうという壮大な話ですよ。

CPUの製作ということで、難解不可思議な数式が出てきたりものすごく高価な機器が必要になるかといえばさにあらず。
本書で製作するCPUについて、利用する数式は中学生の科学でも習うような簡単なものですし、使う道具も一家に一つあっても困らない半田ごてとテスターくらいのもの。
半田ごてにテスター、本書をあわせて買っても1万円しないかもしれませんよ〜。
これなら、ちょっと変わった趣味といってもよさげです。

「CPUの創りかた」ではCPUを設計する過程の中で、我々の周囲にある基本的な回路素子について簡単な説明が加えられています。
本当に簡単で、わかりやすいです。
CPUというのはデジタル回路な訳ですから、本書一冊で普通の人が「知ってたらちっと偉そうな顔ができる」程度のデジタル回路の基礎知識が身につきます。
と同時に、特に大学・短大の電気・電子工学科の1,2回生は本書一冊読んでおけば、とっても役に立つような内容・普通科高校では学ばないような電気の基礎が学べるのではないかと思います。
LEDの順電圧の説明や、スペックシートの読み方などが判りますよ〜。

須田都さんのイラストが実にかわいらしい(それだけにちょっと堂々と読みにくいかもしれない)「CPUの創りかた」ですが、軽妙で判り易い例盛りだくさんで話は進められていきますし、本書一冊であなたのPCの心臓部が理解でき、尚且つ殆どの人が知らない動作原理を学んだ上に、面白い趣味が手に入るわけですから、2800円(税抜)は安いと思います。
何より、本物の自作という人類の発展に大きく影響を与えてきた崇高で壮大な体験ができるので、読んでみてはいかがかと。

そうそう、大切なことなんですけど、エンジニアというものはトラブルは自分で解決するものです。
むしろ、ただ作るだけではなく、トラブルにアタックしていく根性がエンジニアの資質であると思いますよ。
そういう資質を学ぶ上でも本書はお勧めですし、老後の趣味にもお勧めですし、暇つぶしにもお勧めですよ。
でもまぁ、対象が高校生〜成人とあるので小・中学生の子どもにはちっと難しいかもしれません。
ゲーム機にはまっていて親子の会話をしてくれない子どもに向かって、かっこよく言ってみませんか、お父さん。
「なぁ、そういうゲーム機のCPU、作ってみないか?」って……株上がるといいですね。
ほんの少しの、こういう害のない嘘は許されていいんじゃないかと思います。
何よりそれで彼が一流のエンジニアへの道を歩き始めたら……技術立国日本の復興は「CPUの創りかた」から始まるといっても過言ではないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ひさびさに作ってみようかと思わせる内容

2014/11/10 23:20

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:KIMBOO - この投稿者のレビュー一覧を見る

久しく回路図を描いていなかったので、久々に何か作ってみようかと思い起こさせる内容です。
損はしないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

以外とまとも

2013/01/21 16:30

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ふぉ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出版時点からこの本の存在は知っていたけど、表紙が気になって買うのを躊躇していた。
知人から「中身はなかなか」という話を聞いて買って読んでみることに。
内容は TTL IC を組み合わせて CPU の基本機能を実現するというもの。
本文に従って実際に組み立てることも可能だと思われるけど、
私は読んで検証したのみ。
CPU の基本機能について、概念は把握しているけど、
実際の回路例に関心がある人にお勧め。
ちなみに本文に表紙に似た挿絵がいくつかあるけど、気にならない程度。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

しかけがわかりやすくて,比較的つくりやすそう

2010/09/14 23:11

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

まえから気になっていたこの本をやっと買った. 表紙をふくめて,あやしいイラストが何枚かはいっていて期待したくなる (?!) が,はずれた :-)  NAND のような基本的なものを中心とする IC 10 個だけで一応動作する CPU がつくれる. 配線もそれほど複雑ではない. スキルは必要だが,ある程度,電子工作をつくった経験があれば,たぶんつくれるだろう.

メモリが ROM だけで,CPU からはかきこみができないところがちょっと機能不足だが,それをのぞけば最低限のしかけはもっている. この CPU をもとに,すこし変化させてつくることができればもっとよいが,そこまでできるひとはかぎられているのだろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

内容紹介

2003/09/04 12:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書は、究極の自作PC本です。
PCの中枢、CPUを自作しよう、という無謀に、現在秋葉原などで比較的容易に入手できる材料で果敢にチャレンジするという、単にパーツを組み合わせる自作PCをあざ笑うかのようなディープなマニア本。
実際に作らない人も、読み物としてもタメになること請け合いです。

■目次構成
Chapter1 はじめの一歩のその前に
1−1 ココロの準備
1−2 装備の点検

Chapter2 LED
2−1 とりあえずLEDの点灯方法
2−2 もうちょっとだけ真面目に考える

Chapter3 デジタル回路の基礎の基礎
3−1 74HCシリーズ
3−2 簡単な論理回路
3−3 実際の回路

Chapter4 リセットとクロック回路
4−1 リセットとスイッチ
4−2 クロックジェネレータ

Chapter5 ROMを作る
5−1 ROMというのは
5−2 ROMの回路

Chapter6 CPUの設計準備
6−1 CPUの仕様
6−2 機械語とは

Chapter7 1bitCPU(らしきもの)
7−1 フリップ・フロップ
7−2 1bitCPU
7−3 切り替えスイッチを手に入れた我々が次に目指すもの

Chapter8 ALUとプログラムカウンタ
8−1 ALU
8−2 プログラムカウンタ
8−3 I/Oポート

Chapter9 命令デコーダ
9−1 命令デコーダのお仕事
9−2 デコーダの設計

Chapter10 全回路図
10−1 回路図について

Chapter11 動作確認
11−1 最初は部分的な確認
11−2 プログラムの実行
11−3 もう少しマトモなCPU

索引

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/02/11 23:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/11/13 23:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/08/03 19:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/19 23:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/20 16:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/09/19 02:24

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/07/24 00:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/25 19:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/22 06:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/07 15:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ハードウェア ランキング

ハードウェアのランキングをご紹介しますハードウェア ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。