サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

カレンダーポイント最大10倍キャンペーン(~12/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

目を擦る女(ハヤカワ文庫 JA)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.6 28件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: ハヤカワ文庫 JA
  • サイズ:16cm/287p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-15-030736-3

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

目を擦る女 (ハヤカワ文庫 JA)

著者 小林 泰三 (著)

目を擦る女 (ハヤカワ文庫 JA)

626(税込)

ポイント :5pt

現在お取り扱いができません

目を擦る女

551 (税込)

目を擦る女

ポイント :5pt / 紙の本より75おトク

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

目を擦る女 7-40
超限探偵Σ 41-74
脳喰い 75-114

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー28件

みんなの評価3.6

評価内訳

紙の本

夢現

2003/12/22 17:28

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:川内イオ - この投稿者のレビュー一覧を見る

「全てはのび太君の夢だった」

どれくらい前のことか忘れたが、アニメ『ドラえもん』の
最終話が話題になったことがある。
のび太の夢説は、そのとき巷では大いに噂になった。


『目を擦る女』は、ミステリーでもホラーでもSFでもない、
不思議な感覚の短編集だ。
恐いかと言えば恐くない、笑えるかと言えば笑えない、それでは、
つまらないのかと言えば全くそんなことはない。
作者、小林泰三(こばやし やすみ)が描く独特のワールドが
展開されている。
例えるなら、自分が夢と気付いていない夢を見ている感覚だ。

表題の「目を擦る女」では、今この世界にいる自分は夢の中の自分で、
現実の自分は別の世界で眠っている最中だ、という女が登場する。
そして、現実の自分が置かれた状況は過酷だから、目を覚ましたくない、
と、窓に板を打ち付けた部屋で物音も立てずにひっそり暮らしている。
この話、傍から見れば単なる頭のおかしい女の話なのだが、
読み進むうちに読んでいる自分の頭がこんがらがってくる。

今、この瞬間が夢の世界ではないと、誰が証明できるだろうか。

他にも、天才探偵の話、地球のような地球ではない惑星の話、
タイムマシーンを開発した男の話、蚊に恋した男の話など、
映画『マトリックス』にも通じる、ありえないといえなくもない物語が
これでもかっ、と手薬煉を引いて待ち構えている。


のび太は「ドラえもん」の夢を見ていた。
この説は後にデマだという話になった。
ということは、のび太は現実に「ドラえもん」と冒険を
重ねていたことになる。
雑事に追われ、何というわけでもなく日々思い悩む
私やあなたの生活が、描かれたシナリオだとしたら
脚本家はどこの誰か、考えてみるのも暇つぶしにはいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

目を擦る女は○○○の夢を見るか

2004/08/30 23:42

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:風(kaze) - この投稿者のレビュー一覧を見る

表題作を描いた恐いカバーイラストの絵に喩えて言えば、目ん玉がぐるりと廻って、裏側にある世界を垣間見せてくれるような……そんな味わいのあるSF短編集である。軽いタッチの作品からハードなものまで、ヴァラエティに富んだ短篇が7つ。「仮想現実」をテーマに、「伸身の新月面」のようなひねりを効かせた短篇がいくつもあって、かなり楽しめた。

マイ・フェイバリット短篇ベスト3は、「目を擦る女」「未公開実験」「予め決定されている明日」。
「目を擦る女」——どっちが現実でどっちが夢なのか、だんだん分からなくなってくる不気味な話の展開に、ぞくぞくさせられた。
「未公開実験」——話が噛み合わない登場人物たちのコミカルな会話がおかしかった。
「予め決定されている明日」——そろばんの計算があることを決めているという話の設定が面白かったのと、幻想領域にのめり込んでいくエピローグの恐さ。そして最後に置かれたこの短篇と冒頭の「目を擦る女」がどこかで繋がっているような、作品配置の妙も感じた。

小林泰三(Kobayashi Yasumi)さんの作品では、『玩具修理者』収録の「酔歩する男」にやられた印象が強烈なんだけれど、この作品集の特に表題作「目を擦る女」のインパクトもかなりのもの。著者の新刊『ネフィリム 超吸血幻想譚』を読むのが楽しみになってきた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/12 07:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/04 11:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/05/08 17:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/01 21:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/04/28 01:23

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/10/22 21:26

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/04/17 00:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/09/06 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/27 14:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 11:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/07/06 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/29 12:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/31 01:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る