サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.6 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 朝日新聞社
  • サイズ:20cm/629p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-02-257873-0

紙の本

静かな大地

著者 池沢 夏樹 (著)

【親鸞賞(第3回)】明治初年、北海道の静内に入植した和人と、アイヌの人々の努力と敗退。日本の近代が捨てた価値観を複眼で見つめる、構想10年の歴史小説。『朝日新聞』連載を単...

もっと見る

静かな大地

税込 2,530 23pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【親鸞賞(第3回)】明治初年、北海道の静内に入植した和人と、アイヌの人々の努力と敗退。日本の近代が捨てた価値観を複眼で見つめる、構想10年の歴史小説。『朝日新聞』連載を単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

池沢 夏樹

略歴
〈池沢夏樹〉「スティル・ライフ」で中央公論新人賞・第98回芥川賞受賞、「マシアス・ギリの失脚」で谷崎潤一郎賞受賞、「花を運ぶ妹」で毎日出版文化賞受賞。

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.6

評価内訳

  • 星 5 (6件)
  • 星 4 (4件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

人間の尊厳とは

2003/10/09 21:00

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:未来自由 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 この作品の書評は簡単には書けないと思う。とても大事な問題を扱っている。作者が10年も構想を暖めて書いたというのに頷ける。

 維新後の明治四年、淡路島から北海道静内に移植した元侍の集団がいた。維新前の北海道は松前藩が支配し、アイヌへの理不尽な支配を続けていた。維新後のそれがどうなったのか。

 主人公である宗形三郎は、あるきっかけからアイヌの友人を持つ。札幌の学校に学ぶ中で、「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の福沢諭吉の書物に学び、「少年よ大志を抱け」で有名なクラーク教授の影響を受ける。
 その影響もあり、虐げられたアイヌの人々の立場に立って生きることを決意する。

 三郎は和人からも一定の信頼を得るとともに、アイヌの人々からも信頼を得る人へと成長する。
 しかし、アイヌびいきの三郎に対する陰口や風当たりはいろいろな側面から増すことになる。

 作品の中で示されるアイヌの話には、思わず頷いてします。

天地はかぎりないと思っていたのに、その天地が今日から和人のものになったという。天子が決めたことだという。この自然が、この空がどうして一部の人の所有になるのか?
 アイヌはもめごとがあるときにはチャランケ(話し合い)で決める。話が決まるまで話し合う。しかし、和人は一方的に決め付けて、刀と鉄砲でいうことをきかす。
 こんな理不尽があっていいのか。

 維新後の資本主義、利益優先の資本主義化は北海道のアイヌへも容赦なく襲いかかる。アイヌのためにそれに抵抗する決意をした三郎であったが…。

 意外な結末が待っていた。三郎は自害した。

 私は自殺する人間が大嫌いだ。どんな苦しみや悲しみがあってもそれに立ち向かっていく人間が好きだ。
 そういう面では、この作品は私を裏切った。しかし、この作品で扱われているテーマは大事だと思う。
 かなりの長編だが、ぜひ読んで欲しいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2006/03/18 12:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/27 20:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/02/08 03:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/05/02 09:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/06/29 21:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/12 11:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/08/24 08:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/29 20:28

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/12/26 11:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2018/02/08 15:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2020/04/03 20:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。