サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【店舗】丸善日本橋店×hontoブックツリー 読後感 ~なりたい気分で読む5冊~ ポイント5倍キャンペーン

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 新書・選書・ブックレット
  4. ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊(中公新書)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 56件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 中央公論新社
  • レーベル: 中公新書
  • サイズ:18cm/187p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-12-101712-9

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
新書

紙の本

ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)

著者 正高 信男 (著)

ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊 (中公新書)

756(税込)

ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊

648 (税込)

ケータイを持ったサル 「人間らしさ」の崩壊

ポイント :6pt / 紙の本より108おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
通販全商品!3%OFFクーポンプレゼント

こちらは「本の通販ストア全商品対象!1,000円以上のご注文で、3%OFFクーポンプレゼント」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間:2017年6月22日(木)~2017年6月28日(水)23:59

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー56件

みんなの評価3.5

評価内訳

紙の本

内容も良いが、タイトルと帯がすばらしい。

2003/11/25 18:38

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちひ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 帯には、携帯電話【ケータイ】を持って「ヤダー」「ウソー!」「マジ?ー」と喋る女子高生(または女子中学生?)が三人描かれている。タイトルと合わせればケータイを持った人間すべてを敵に回しているように見えなくもない‥‥。

 著者は一九五四年生まれの真面目なサル学者である。現在の若者の文化一般はおおむね苦手で、携帯電話を持たず、パソコンのメールもあまり好きではない。だが止むに止まれぬ事情で若者がたくさん集まる渋谷に定期的に行かねばならなくなり、そのときに若者の行動をあまりに奇異に思ったことと、その奇異さに興味を持ったことから、持ち前の好奇心と分析能力を駆使して本書を書いた。

 最初はサルと現代の若者との行動が比較され、類似点が次々と挙げられる。著者の比較する分野では、たしかに現代の若者は「サル化」?しているのかもしれない。しかし若者の「サル化」?現象は日本人全体が子育てを軸として戦後にたどってきた道筋の当然の帰結でもある。著者はそれを明らかにしつつ、社会全体の物理的変化やメンタルな変化について、鋭く斬り込んでいく。

 論じられている内容は、「ひきこもり」、母子密着、家のなか主義、「公的言語」、子ども中心主義、「関係できない」症候群、社会的かしこさ、「専業主婦」、少子化など、非常に多岐にわたっている。いろいろな「常識」がくつがえされ続けるので、人によっては一冊で数度のパラダイムシフトが経験できるかもしれない。

 (最近読んだ中では最も秀逸なタイトルと帯でした。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

現代の若者の在り方を痛烈に批判した画期的な書!

2016/07/02 09:14

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ちこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

現代の日本の若者においては「ひきこもり」をはじめ、ゲーム没頭したり、ケータイが離せないなど、従来では考えられなかった問題が持ち上がってきています。筆者はこれらは子ども中心主義の教育の結果であると説きます。すなわち、家庭でも学校でも大切に育てられたため、「いつまでも子どもでいたい」という気持ちが強く、大人になることを拒んでいるのだと解説します。現代の若者を痛烈に批判する画期的な書です。一度、手にとってお読みください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自立できない若者を大量生産する日本的メカニズムを説き明かすサル学者

2004/10/10 02:20

9人中、7人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:良書普及人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

本書の著者である京都大学霊長類研究所教授の正高信男氏の
話を伺う機会があった。携帯電話の普及が、携帯電話を作っ
た人の予想を超えた使い方をもたらしており、日本ではその
ことが家族の崩壊に繋がりかねないと警鐘を鳴らしておられ
た。

正高教授に依れば、固定電話の時代は一家に一台で家族単
位の情報集約が出来、子供の生活実態もそれなりに把握可能
であったものが、親とか家といった「窓口」を通さずに、子
供が自由に行動し始め。子供だけの世界を持つようになった。
最早、空間的に近いということは、「一緒にいる」保障でも
何でもなくなった、ということだ。

そこで、本の題名に繋がるのだが、携帯の普及そのものは、
必ずしも子供の「サル化」をもたらすものではなく、北欧な
どを見ると携帯の普及率の高さは、だらしなさと関係ないこ
とが分かると指摘しておられる。

「サル化」とは、容易に想像がつくように、NEETや引きこも
りといった自らの世界に閉じこもる若者やそれと対極に公私
の区分の出来ない、靴の踵を踏みつぶし、スカートをはいた
まま地べたに座り込む女子高生などの若者の生活実態のこと
を指している。

公私の区分とは、きりっとした服装や靴をきちんと履くこと
で世間に出る覚悟が出来ることから始まる、という分析。そ
れが出来ないと、公の人間として行動することを拒否してい
るということになると断言する。欧米と日本が違うところが
そこにあるとの論。

何故日本の場合はそうなのか。その分析が正高教授の学者と
しての真骨頂。教授の調査では、日本人の3歳から5歳のこ
どもは攻撃性が少なく、怯え度合いが少なく、社交性が高い
のに対して、米国は、攻撃性が高く怯え度合いも高く社交性
も低いとのことだ。

要は、日本人は学齢期までは「良い子」で育てることが子供
の親離れを助長できず、ひいては母親の子離れも助長できず、
自立できない日本人を大量に作り出している原因だと指摘し
ている。

よい子は親の期待どおりに行動しようとする。親は子供に辛
い思いをさせないように育てる。「お前にはあらゆる可能性
がある」と万能感を与え続けて育てる。そのまま思春期に移
行し、そこで人生初めての挫折感を味わうことに。

それを乗り越えられない若者は引きこもる。男の子は責任が
あるとされているので、責任を感じて引きこもる。女の子は、
挫折により、とにかく毎日が楽しければいいやと開き直るの
で、公の場でも私を通し、だから電車の中で大声で喋ったり、
化粧をしたり、スリッパ代わりにかかとを踏んだ靴で外出し、
と分析観察する。

パラサイトシングルはその結果に過ぎない。夢が叶わなかっ
た場合の答えを持っていない。自立感がないし、子供を持つ
ことなど考えない。自分が依存しているので人に依存される
ことなど考えられない。ましてや年金の掛け金を収める気に
は到底ならない。そういう引きこもりが100万人以上日本にい
る。

日本では自立を促す教育をしていない。教育は、ストレスの後
送りをやっているので、ストレスに強い子供が育たない。人間
は辛い思いをして脱皮して一人前になるのに、そのプロセスが
無い。ストレスに強い子供を育て、自立心を育める教育を行わ
ないといけない。この現象は、ニホンザルの集団と似ている。
群だけで生活しているサルは、母親から離れずに育つ。社会が
狭い。日本はサル化している、ということになるのだそうだ。





このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

著者も意図していなかった題名なのかもしれない

2008/02/11 11:55

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みなとかずあき - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近の新書は、体裁だけは専門家が最新のトピックスを一般市民にわかりやすく解説したり、新たな問題提起をするという形を残しているけれども、内容は瑣末な事柄を大げさに取り上げていたり、それを誇張するようなキャッチコピーのようなタイトルだけが目立つペーパーバックと化しているように見えるので、よほどでないと読むことはしないし、ましてや購入などしないようにしている。新書の「新」はそのものズバリ新しい事柄を取り上げているということを表しているのに他ならないし、新しいことというのはその後の評価によっていくらも古びれてしまったり、間違いであることがわかるものだということを肝に銘じておかなければならない。
 だからこの「サル」シリーズ(?)も売れていることは知っていても、立ち読み、流し読みで済ませるつもりでいた。が、やはり数十万部も売れた本を見逃しておいてはいけないとも思って、遅ればせながら読んでみた。
 サル学、霊長類学が、その究極の目標としては、私たち人間がいかにして人間になったのかを知ることにあるのは、ある意味当然のことであり、だからこそこの正高氏のように、普段はサルを相手にしていても興味関心がヒトへ向かっていくのも当然だとは思う。だが、その興味があくまでも個人レベルの感想のようなものである限りは、あまり普遍性を持つこともないのではないだろうか。
 ここで取り上げられている現在の若者状況は、すでに多くの人たちが指摘し、さまざまな角度から評価、解説されている問題でもあるが、それを自分の専門に引きつけて説明しようとするのならば、できるだけ思い込みや偏った見方を排除して語るべきと思う。
 この本で述べられているものは、サルに(人間と同様の)家族はないとの話から始めて、マザコンやひきこもり、母子密着の家庭、コミュニケーション能力と、現在の(特に日本の)若者のサル化をこれでもかと並べ、その原因に専業主婦の存在などを持ってくるというものだが、これはあくまでも著者の感想であり、自分が知っていることに引きつけて考えた時の一面的な見方であるとしか言いようがないと思えてしまう。だいたい今時ここで語られているような専業主婦はどれくらいいますか。
 そして、最後は少子化の話にまで持っていくのだから、何だか著者が日頃疑問に思って、たまっている鬱憤をすべて吐き出してやれといった感じに見えてしまう。
 もちろん森羅万象をすべて一人で、ある学問一つで説明し尽くすことはできないので、どうしてもある一面を切り取った話にはなるのだろうけれども、ここで語られていることだけで「人間らしさの崩壊」なんて言ってほしくないと思う。
 と言うことをいちいち指摘するまでもなく、刊行から4年を過ぎようとした今では、誰もこんなことを言っていないように思うが、どうだろう。それに何よりわずか4年で若者もまた変化しているように思えるのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

科学者の書いた本だとは思えない

2003/12/12 12:49

16人中、16人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:後藤和智 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 正高氏の執筆スタンスからして問題がある。正高氏は、渋谷で見かけるような「地面に平気で座り、携帯電話で話しているような」(仙台ではあまり見かけない光景だなあ)女子高生を「珍種のサル」と決め付け、それ以降、現代の若者はサルである、という前提で議論を進めている。「今時の若者」とサルとの雑駁すぎる比較論が展開できるのもそのためであろう。確かに、巷で見かけるような、あるいはメディアで喧伝されるような「今時のダメな若者」に対する不満を持っている大人達のカタルシスにはなるだろうが、科学者としては失格である。
 特に、第1章で論じられている、「ルーズソックスの真の効用」については、ユースカルチュアのまじめな研究者が読んだら爆笑するだろう。よりによって、「ルーズソックスの真の効用」に気づいたのが、ホテルのスリッパですか。草履や下駄はどうなるんだろうね。

 それよりも問題があるのは、本書における統計データである。まず、サンプル数が少なすぎる。また、都市部と郊外や、都市部と農村部という比較がまったくない。さらに、時系列での比較もない。仮に正高氏が「現代の若者はサルである。それは親がそうなるように育てたからである」と主張するのなら、祖父母の代までさかのぼって考えるべきであろう。国民の生活に関する統計など、少し探せばいくらでもあるはずだと思うが。このような統計調査は、本来なら社会経済学系の研究所の協力を得てなされるべきだと思うが、同書には、正高氏が独自に取ったという統計しか出てこない。社会統計学の原則を大いに逸脱した本というほかない。
 なかんずく、第4章「「関係できない症候群」の蔓延」で紹介されていた「投資ゲーム」は、もはや嗤うべしである。女子高生50人を25人ずつのグループに分けて、その中でペアを組ませ、ゲームをやらせる…って、25人でペアが組めるか(笑)! 一万歩譲って、何らかの方法でペアが組めたとしても、1グループが全体に及ぼす影響は8%である。統計学的に無視できる数値ではない。

 フリーターやパラサイトシングルについても論じているけれど、彼らの経済的背景を探るような態度はまったくなく、ただ母子密着型の子育ての帰結として論じている。政府も若者の自立支援策にようやく重い腰を上げたし、玄田有史『仕事のなかの曖昧な不安』(中央公論新社)とか宮本みち子『若者が《社会的弱者》に転落する』(洋泉社新書)みたいな良書も多く出ているのに。フリーターの約7割は正社員希望だという統計も出ているのに(内閣府)。

 いや、それよりも驚くべきなのは、正高氏が「サル化」を、むしろ歓迎しているということである(あとがき)。正高氏は「無責任な観察者」でいたいのであろう。ヒトの社会に関して書かれた本であるにもかかわらず、そのような態度をとるということは、断じて許されるべきではない。このような本が売れるということ自体、私にとってはいかなるミステリよりもミステリ的だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/29 12:47

投稿元:ブクログ

一度、この本を読むと巷で目につく若者の行動は、全てサル化してしまったせいか……。と思えるようになります。

2005/09/24 21:37

投稿元:ブクログ

とっても面白く、示唆にとむ一冊。行動学者の筆者が、ルーズソックス、ひきこもり、パラサイトシングル、携帯依存症などを社会構造の変化による当然の帰結であることを、主にサル社会との比較によってわかりやすく解明します。なるほどなあ、と、うならされました。つまり、どの現象にも、「家の外」へ出ることを拒絶する、または、どこまでも「家の中」を敷衍する意識が根底にはあるというのです。人間は、甘えの許される閉じた「家」で守られて成長し、やがて家から出て社会の中で自己実現していくものとされたが、今日、その時は遅くなってきているというのです。しかしながら、この本は単なる「だから今の社会は狂っている。昔の社会はすばらしかったんだ」という懐古本にとどまりません。

2005/05/22 11:37

投稿元:ブクログ

これを読んで、載せようかホントに迷いました。
賛否両論、分かれると思います。
今回、自分としてはいくつかの不満をもちました。
そこで、自戒の念を込めて、記しておこうと思います。
そもそもタイトルと中身とが一致しているのでしょうか。
文章のタイトルは、その全体にふさわしいものが望まれるように思います。
次に、論証の仕方が気になります。
数十ページ前には、これこれの原因は「〜かもしれない」「〜といえるかもしれない」だったものが、原因は「〜である」と変わっていたりする。
そんな文章はほんとに読みづらいし、意図的じゃないかと不快になります。
さらには、他の部分の確かさ・明らかさにも、かなりの疑問をもたせてしまいます。
さらに、社会の原因を1つに確定しすぎる感があります。
「専業主婦→社会的知識の不足(→衰え)→子どもたちを甘やかし→甘えた子どもの発生」
というような見解を採るのですが、「ほんとかよ?」と言わずにはいられません。
「風が吹けば桶屋が儲かる」的なつながりしか見えてこない。
そんなに簡単に原因が見つかるなら、社会を良くするのは簡単でしょうな、と皮肉めいたことをいいたくなってしまいます。
社会科学は、著者の専攻じゃないしね。仕方ないよ。
…というのが精一杯のフォローでしょうか。

2006/08/05 18:31

投稿元:ブクログ

現代の若者についての評論。私も現在のケータイ文化には不安を感じる。しかし、著者みたいに愚痴を言っているだけでは何も解決しないのじゃないか、と思った。現代社会に危機感があるなら、行動してほしい。

2010/10/07 23:13

投稿元:ブクログ

受験時代のどこかの文章で引用されているのをみてちょっと読んでみたいなあと思っていたものの、新書を読む習慣がなかったのでなかなか手が出なかった。大学生になって何でもいいから新書を一冊読め、と言われてようやく手に取った。

現代人である私から見れば、この筆者の本筋はやや時代遅れである気がしないでもないが、サル学的観点から見れば、確かに筋が通っているように見える。実際、何度かふむふむと思わされる点はあったし、最後の少子化の話についても何となく納得できた上、鋭い指摘であるように思えた。
しかし裏切りをためらわないケータイ族みたいな書き方で論じられていた第四章の実験はちと納得がいかなかった。別にケータイ使ってるか否かにこだわらなくとも、似たような実験結果は得られたのではないかと思ってしまう。ついでに言えば、この内容に関して「ケータイを持ったサル」という題名で発表するのはどうかと思う。実際のところ、あまりケータイ自体には触れてないと思うのだよなあ。

2005/11/18 19:20

投稿元:ブクログ

7点

地べたに座る若い子たちは、「内」(家の中)を「外」(電車の中とか普通の道)に持ち込んでるらしい。その原因は豊かになった日本社会のせい。両親が過保護になっちゃって子供が「外」に出れなくなったらしい。これは、正高先生からすると、「人間のサル化」みたいなものらしい。しかし、この本はずいぶん売れた。やっぱ、ケータイっていう身近なものから「人間」をサルを通して見るという試みが面白いからなのでしょう。

2006/01/01 22:42

投稿元:ブクログ

ケータイを中心に生活を組み立てる人間を、サルとの類似点を探ることでえぐり出す。
結構テンプレートな説もあって、飽きるところはあるが基本的には面白い。

2006/05/22 01:06

投稿元:ブクログ

本書ではサルの研究者である著者が猿と現代社会のコミュニケーションについて比較し論じています。
行動の背景や問題点の指摘した理由には説得力があり納得できます。サルの研究者の視点から人間の行動を観察し研究というのが他のコミュニケーション論とは違う点で面白いところです。
IT技術の進歩によりさまざまなコミュニケーション形態が生まれていますが、本質であるコミュニケーション能力は
低下というより退化しています。退化した形態を研究してみるとサルのコミュニケーションに通じる行動もあるということには驚きました。昔に比べコミュニケーション手段は増えているのにコミュニケーション能力は低くなったというのは皮肉な結果です。最近は教育方法についての議論が盛んに行われていますが、IT・英語など実務的学力向上も大切だと思いますがコミュニケーション能力を鍛えるということも考えてほしいです。実社会にでて最初に必要なのはコミュニケーション能力です。コミュニケーション豊かな人は世渡り上手な人が多いです。コミュニケーションについてあまり考えたことありませんでしたけど実は社会生活に密接に関わった重要な能力ということがわかりました。

2006/08/14 21:56

投稿元:ブクログ

山岸さんの「安心社会から信頼社会へ」(中公新書)と合わせて読むと、問題意識の共通点が感じられるように思うが、前提としている公的領域・私的領域というのはそれ程自明ではないように感じる。

2008/04/05 00:41

投稿元:ブクログ

本当に本当に今更ながらの正高本。タイトルはもちろん知っていたし、知ったかぶりして話したこともあったけど、やーーっと読みました。。あぁー、もっと何年か前に文芸書ばっかじゃなくって、こういう本読むべきでした。すごく良い意味で刺激を受けました。専業主婦の子どもへの悪影響なんて、考えたことないなー。という下りが印象的でした。もっと、ちゃんと正高本を読むことにしよう。

一般 ランキング

一般のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む