サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

涼宮ハルヒの溜息(角川スニーカー文庫)

アプリで立ち読み

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 151件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:中学生 高校生
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 角川書店
  • レーベル: 角川スニーカー文庫角川文庫
  • サイズ:15cm/278p
  • 利用対象:中学生 高校生
  • ISBN:4-04-429202-7

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

涼宮ハルヒの溜息 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

著者 谷川 流 (著)

涼宮ハルヒの溜息 (角川文庫 角川スニーカー文庫)

562(税込)

涼宮ハルヒの溜息

540(税込)

涼宮ハルヒの溜息

ポイント :5pt / 紙の本より22おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

「涼宮ハルヒの溜息」が含まれるセット商品

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫) 11巻セット(角川スニーカー文庫)

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫) 11巻セット

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー151件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

監督

2015/08/28 05:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぽぽ - この投稿者のレビュー一覧を見る

高校の文化祭でハルヒ率いるSOS団が映画を撮るという話です。ハルヒが監督,みくるちゃんが主演女優です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ため息

2015/08/28 09:46

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ハム - この投稿者のレビュー一覧を見る

ハルヒ達SOS団が文化祭に向けてミクルちゃん主演で映画製作をしていきます。猫が喋ったり今回も面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2005/03/24 01:01

投稿元:ブクログ

今回は、ハルヒの映画作り。いつもどおりに、ハルヒの望むものが次々と登場するも、その周辺の未来人、異星人、超能力者、一般人(キョンね)に隠されて、ハルヒ自信は気が付かないまま映画作りが進行していく。
今回は脇役3人が結構出てたんじゃないかな。そして、未来人、異星人、超能力者の組織は、実はお互いに対立しているという事も露見。
面白いんですが…なんか、ダラダラ進んでる感じがしたんですよ、今回は。1巻は3,4の山があって、最後にどでかい山があったのに対して、2巻はあまり山も無く平坦な感じで進んでいる雰囲気ですねぇ。

2004/11/18 20:17

投稿元:ブクログ

前作に比べて、かなりスケールダウン。前作もハチャメチャだったけど、次々と現れる変な人たちが楽しかったわけですが。今度は、その変な人たちが最初から揃っているので。なんとも中途半端に。ハルヒの設定についても、そうそう引っ張れるものではないし。このパターンではこれ以上は話を作れないだろう。

2005/01/17 04:14

投稿元:ブクログ

2005/01/17読了。
―だから俺の仕事である。俺だけの役割だ。他人に譲るつもりがないのではなく、そういうことになっているのだ。

2004/11/09 04:45

投稿元:ブクログ

涼宮ハルヒシリーズ中では唯一、人に勧めようとまでは思わない作品。
決して駄作ではないのだが他のものと比べると・・・

2007/08/05 17:01

投稿元:ブクログ

ハルヒの面白いところは、宇宙人やら未来人やら超能力者が出てきてキャラ立ってて萌えでとかいうのではなく、このそれぞれの立場から見たハルヒには様々な価値があって、それはどれが正しくどれが間違っているというのではなく、己の立ち位置によって全ての世界観が変わってしまうことへのSF的な、存在のゆらぎを味わえる面白さなのだと思います。

2007/03/07 21:42

投稿元:ブクログ

だいすきですみません。
何より仲良しほのぼの擬似家族だと思っていたSOS団が、水面下でめちゃくちゃ険悪だったのにどうしようもなくドキドキします。あと古泉・・・!あたし古泉のこと好きだ好きだ言ってたけど、なーんもわかってなかったな。あたしたちから見える彼は氷山の水面上のたった6分の1の部分なんですね。奥が深いなぁ・・・すっごいしゃべってるのに一言も本心じゃなさそうな古泉が怖い。でも愛してる。
でもその愛してるあたしすら読み飛ばした長セリフをちゃんと聞いて合いの手入れてあげるキョンはほんとやさしいですね。でも今回の彼は朝比奈さん朝比奈さん言い過ぎだ。朝比奈さんがかわいいのは全人類が知ってるから!ちょっとうざい。あとツンデレ×ツンデレの主役カップルは一生進展しそうにないですね!朝比奈さんか長門との間に間違いが起こる方が早いのでは。

2005/08/19 12:04

投稿元:ブクログ

前作の「憂鬱」がかなりクオリティ高かったんで、買ってみました。第二弾。

んー、ちょっと微妙かなぁ。ギャグの部分に関しては前作より多かったけど、毎度同じような笑いされると飽きる。(´-,_ω-`)プッ

今回はハルヒより表紙にもなってるみくるたむがメインのお話に仕上がってる気がします。

ウェイトレスやバニーガールなど色々やらされます。それらに関心がある人なら楽しめるんじゃないかなと思います。
まぁ、僕の場合、みくるたむは申し訳ないけど、あんま興味ないキャラなのでね^^;
それ故にこの作品にあまり馴染めなかったのかもしれません。(´-,_ω-`)プッ

引っ張ってきた映画制作の話もあんなオチで終わっちゃうとはねぇ・・・多分、オチは読めると思いますよ。
そこに至るまでのハルヒの尋常じゃない能力を考えたらね。(´-,_ω-`)プッ

2005/06/05 22:28

投稿元:ブクログ

1巻とは一転、ハルヒのワガママ・・・特にみくるちゃんいじめに可愛げが感じられませんでした。ハルヒ以外の女子キャラに重心が持っていかれたせいもあって、ハルヒがただの嫌な女にしか思えないのでうんざりしてしまいました。
1巻が兎に角面白かったので、期待もこめて2点。

2006/10/02 10:34

投稿元:ブクログ

小説内映画・朝比奈ミクルの冒険のメイキング。大変なことが起こったとかいうわりにたいしたことも起こってないし、登場人物達もかなりギスギスして書きなれてなさ全開。もっと簡潔でよかったはず。
06/9/15くらい

2010/05/30 11:56

投稿元:ブクログ

2010年5月30日

カバーイラスト/いとうのいぢ
カバーデザイン/中デザイン事務所
装幀者/杉浦康平

2005/11/27 22:35

投稿元:ブクログ

長編にしては長すぎたと思う。つまりひとつの話を引っ張りすぎたせいで面白さの濃度が薄まってしまっている。凝縮した短編だったら面白かったかもしれない。とはいえ、読んでて楽しい本ではある。

2007/04/06 10:30

投稿元:ブクログ

一作目よりマッタリ。さらりとブラックな古泉がいいねえ。破天荒つうか傍若無人なハルヒに振り回されっぱなしのキョンが哀れ。でもみくるちゃんの可愛さでプラマイゼロだな、キョンよ。

2006/09/27 14:52

投稿元:ブクログ

SOS団が映画を作るお話。
ペースダウン…orz こりゃだめだわ。ハルヒの奇天烈な行動にも慣れちゃったわ。この二巻では殆どがハルヒのご機嫌取りに終始していて、起こる事件もさほど大したことのないものばかりだし・・・。一巻以上に淡々とした展開に早くも飽き気味ですよー。まぁ、文句いう割には読んでる時は楽しんで読んではいたんだけどね。

角川スニーカー文庫 ランキング

角川スニーカー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む