サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

新規:5周年記念!最大5倍ポイントキャンペーン(0428-0531)

【ネットストア】学研全品ポイント5倍キャンペーン(~5/31)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 文庫
  4. 関ケ原 改版 上巻

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

関ケ原 改版 上巻(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 174件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/539p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-115212-8

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

関ケ原 改版 上巻 (新潮文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

関ケ原 改版 上巻 (新潮文庫)

810(税込)

関ヶ原(上)(新潮文庫)

896 (税込)

関ヶ原(上)(新潮文庫)

ポイント :8pt

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー174件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

日本史の沸点に身を置いた日本の恩人

2004/09/05 03:14

10人中、10人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:佐伯洋一 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 主人公は西軍・石田三成と東軍の徳川家康。時は1600年、戦国末期であり、上杉謙信、武田信玄、北条氏綱そして織田信長といった戦国の英雄はことごとく鬼籍に入り、徳川家康は唯一といってよい生き残りである。
 
 家康は秀吉の進行にさえ一歩も引かず、小牧長久手の戦いでは遂に追い返してしまう。家康には内心敵わじ、と思った秀吉は家康征伐を諦める。家康を放置しておき、秀吉は天下を統一した。しかし、家康は秀吉の死を境に天下統一の野望を公然と示すようになる。
 それを許すまいとして立ち上がったのが、石田三成であった。おそらく三成がいなければ関ヶ原さえ起こらず家康は天下を統一したであろう。全国の大名は表面は西軍についているが、多くが内通し、東軍についていた。秀吉に子供のころから育てられた福島正則、加藤清正まで裏切っている。
 
 三成は正義の人として描かれている。彼は秀吉を裏切る不忠義者を絶対に許したくなかった。これは本心だったと思う。石田幕府を開くことなど考えていなかったろう。実に、石田三成は日本人の面子をギリギリで保った功労者であった。家康さえも「人というのはこうも簡単に恩人を裏切れるものか…心が冷えるわ」とまでいっている。これで誰一人忠義を示さなかったとしたら、江戸時代など世界に恥ずかしくて堂々と言及できなかったろう。
 
 数少ない三成の同士である大谷吉継は最後まで戦った。宇喜多秀家は1万7千の大兵力で西軍の主力として最後まで戦った。東軍は10万を超す大軍がことごとく働いてる。2千の兵で、しかも目の見えない大谷の後ろから表面上は味方だった裏切り者の槍が迫る。その人間模様は現在の国際情勢に通ずる所がある。「すべての国は裏切りうる、仮想敵国である」というのはチャーチルの言葉である。

 大谷との友情、毛利の裏切り、島津の中立、上杉の正義、三成の情熱、そして何よりも家康の大戦略。「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」とはマルクスの言である。現代に生きる知恵が「関ヶ原」には込められていると思います。司馬文学の最高傑作であり、日本史のクライマックスである「関ヶ原」は現代人全てに教訓を与えるものであり、全ての人にお勧めすることが出来ます。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

真田も少し出てほしい

2017/02/10 19:50

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:前田利家 - この投稿者のレビュー一覧を見る

真田が出ればもっと良いけどこれもこれでよい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

狐と狸

2016/11/06 17:58

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

戦国の天下人といえば、やはり織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の3人であろう。
 この3人の中で誰が一番好きかと問われればそれぞれ好みの問題もあろう。
 ただ不思議なのは秀吉である。晩年の朝鮮出兵などどう考えても暴挙愚挙としか思えないが、それでも今でも人気が高いのはどうしてだろう。
 そんな三人と比べれば、石田三成などは小さい小さい。
 もしかしたら家康に勝ったかもしれないほどの武士ながらどうも人気が出ないのは三成の魅力のなさだろうか。
 しかし、現代のビジネスマンとしてはどうだろう。
 案外優秀な人物だったかもしれない。
 いや、それにしてもこの性格だから、なかなか人はついていかないような気もする。

 そんな三成が生涯をかけた大いくさ、「関ケ原の戦い」。
 おそらく日本史の授業でも欠かすことのできない東西を二分しての戦いであるが、当然そこに至るまでには多くの人々の思惑が交錯している。
 司馬遼太郎が描く「関ケ原」は文庫本にして三分冊になっている長編。
 まずその最初となる「上巻」では秀吉の死から次第に力を見せつけていく家康とそれに歯噛みしていく三成の姿を描いている。
 加藤清正たちに追われて敵将家康の館に逃げ込む三成など、家康三成双方の思惑が面白い。
 まさに狐と狸の化かしあいです。
 家康三成だけでなく脇をしめる清正や家康の謀将本田正信、あるいは三成側の島左近など一人ひとりの描写が細かい。
 もちろんこれはSFではないので戦の結果は動かしようもないが、歴史はなんと面白いのだろう。
 それも司馬遼太郎の作家としての出来の良さともいえるが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

豊太閤の死から

2002/07/08 08:19

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

天下を文字通り分けた、天下分け目の合戦、関ヶ原の戦いについての小説。
意外と合戦に至るまでの政治的な駆け引きに主眼が置かれた書き方がされている。
豊太閤の死直前から始まり、豊太閤死後の家康の変貌、石田三成と福島・加藤をはじめとする武断派諸将との軋轢がどのようにして家康に天下を取らしむる結果になったのか、その複線に終始する一巻。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/12/05 12:37

投稿元:ブクログ

歴史小説は苦手だが司馬氏が白髪揺らして書いたかと思うと読まずにはいられますまい。
とにかく家康は悪!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

2009/01/30 00:23

投稿元:ブクログ

天下分け目の関ヶ原、戦に至る経緯から戦後まで、石田三成と徳川家康という東西軍頭領を中心に、戦国時代末期を生きた男たちの姿を描いたお馴染み司馬作品。初読時は中学生でしたが、老獪な家康よりも冴え冴えとした潔癖さと熱い義心とを持ち合わせた三成に惹かれたのは女子的には非常にありきたりな流れだったかも。再読する度に、三成の欠点と家康の天下人としての器をしみじみ感じつつ、でもやっぱり三成の不器用さが好きなのでした。優しさや純粋さが根っこにある弱さに男のロマンを感じる私だけど、男性視点だと三成ってどう映るのかな?全三巻。(2009/1/29読了)

2012/01/24 23:17

投稿元:ブクログ

家康勢の旗色が良くなるほど、三成率いる西軍に肩入れしてしまう。周りからへいくわい者と言われていた三成は虚像にすぎず、主に忠実であろうとする信念のもとに豊臣家を守ろうとする三成の姿がほんとうに真っ直ぐで純粋だと思った。

2005/04/25 19:53

投稿元:ブクログ

治部少輔石田三成。

この男は忠臣であるか?
時代のながれは徳川家康に大きく傾いてゐた。
しかし、うまく軍勢を纏め上げる事ができれば、西軍が東軍を破ることも可能だつた筈だ。
治部少輔には人望がなかつた。
そして彼には政治がわかつてゐなかつた。
恩のみで動く人間ばかりではないといふことがどれだけ判つてゐたのだらうか?
彼がうまく徳川家康の野望に對處出來てゐれば、豐臣家は織田家のやうに存續出來てゐたかも知れない。
さて、この男は忠臣であるか?

島左近が凄い。
島左近は三成の缺陷をよく判つてゐた。
判つてゐながら、三成のもとで最後までちからを盡した。
彼は間違ひなく忠臣である。
そして、戰國最後の豪傑であつた。

この作品のラストシーンは京都の尼寺での庵主と黒田如水との會話である。
この庵主は三成の愛人だつた女性で、如水はそれと知つてゐて話をしてゐる。
そして、「あの男は成功した」といふのであつた。
もちろん、あの男とは三成のことだ。

「陽が傾き、明り障子はすでに閉ざされており、西陽に映えたその障子のうへに、姥芽樫の影がうつつてゐる。」
この最後の描寫は、どこか三島の「豐饒の海」のラストシーンを思はせる。

2004年12月10日讀了

2006/07/09 14:20

投稿元:ブクログ

3巻とも買ったが、時間がなくてまだ上しか読んでない(笑)孫市もそうなんだけど、コ○エーはちょっと司馬せんせいから離れたらどうか。好きだし、すごいと思うが、この路線を行くとBASARAに負けると思うんだけど。技術面では上だと思うけど、ゲームとしては下だと思うな。見たことのないものを見せて欲しい。
って、小説「関ヶ原」とは関係ないですが(笑)小説は、三成は人間だなぁ、という感想です。ある意味ほんとどうしようもない男だ!もー顔をひっぱたいてやりたい!!(笑)いい加減にせんか!と左近に替わって喝を入れたい!でもそういうどうしようもないダメさが人間なんだよな〜ととりあえず思いました。あと2巻残ってる!

2013/02/16 09:17

投稿元:ブクログ

これを読んで初めて関ヶ原の全貌が把握できました
石田三成と家康が対等にかかれていて嬉しい
平壊者といって嫌われていた三成をそれでも私は好きですよといって支え続けてくれた左近とお前に命を預けようといった刑部との絆をみて、生きにくい性格だったかもしれないがきっといい人だったに違いないと思いました^^
嫌われ者として描かれることが多い三成をまっすぐな人として描いてくれたこの本、とても好きです

2006/05/19 22:56

投稿元:ブクログ

関ヶ原の両軍の策謀が見えて面白い。それぞれの生き様を見るのも面白いが、個人的には、石田三成の生き様には共感できなかったなぁ。

2008/01/06 14:39

投稿元:ブクログ

西軍派なんですが、中巻辺りから読んでいて辛い。
どちらもよく描写してあって良い作品だと思います。大御所。

2007/05/09 23:41

投稿元:ブクログ

いわずとしれた関ヶ原。まだ上巻だけどすでに三成が追いやられた。やっぱり家康、そして井伊直政がきらいだと思う。司馬遼太郎はうまいし面白い。いろいろな人からの視点で書かれているので面白いしリアリティがある。西軍はもっぱら左近視点なので三成の人物像がよくわかる。

2006/11/08 10:54

投稿元:ブクログ

◆石田三成は豊臣秀頼をないがしろにする徳川家康を警戒していた。やつを倒さねば天下が奪われるだろう。
義をもって家康と戦った三成の話。

2006/03/20 20:39

投稿元:ブクログ

司馬遼太郎の関ヶ原を買いた歴史小説!上中下と三巻ありますが、あっという間に読める!石田三成を中心とした人物模様がすっごくいい!!