サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ページ修正(2018/1/1~1/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

関ケ原 改版 下巻(新潮文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.3 115件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.9
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/500p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-115214-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

関ケ原 改版 下巻 (新潮文庫)

著者 司馬 遼太郎 (著)

関ケ原 改版 下巻 (新潮文庫)

810(税込)

関ヶ原(下)(新潮文庫)

853 (税込)

関ヶ原(下)(新潮文庫)

ポイント :7pt

電子書籍をカートに入れる

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー115件

みんなの評価4.3

評価内訳

紙の本

いよいよ決戦、そして三成は

2016/11/19 09:26

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:夏の雨 - この投稿者のレビュー一覧を見る

司馬遼太郎が描く関ケ原の戦いも、ついにこの下巻で戦闘が始まる。
 時に慶長5年(1600年)9月15日。東西合わせて10万の兵が美濃関ケ原で天下をかけての一戦が始まる。
 小説であるから文字だけによる表現ではあるが、まるで映像を見ているかの如く、司馬の文章は小気味よい。
 形勢が動くたびに西の将石田三成、東の将徳川家康の感情が動くさまを見事に描いている。

 ひと昔前、徳川家康は経営者に人気の武将の一人だった。
 調略により秀吉恩顧の大名を次々と自陣の味方につける様など現代の経営に通じるところがあるのだろうが、三成の「義」がどうして評価されないのか切なくなる。
 もちろん人間の営みが「義」や「規則」だけで出来上がっているわけではないだろう。
 だから多くの大名から三成が嫌われるのもわからない訳ではない。
 しかし、天下分け目の戦いに自身の憎だけで東軍についた福島正則などの大名には一体どんな未来が見えていたのであろう。
 もっとも未来が見える人間だけが時代を動かすのではないだろう。
 未来も見えない有象無象の衆こそが時代を作っていくのであろうか。

 敗残の将となって自領に逃げた三成をお咎めの罰を覚悟しながらかくまう農民与次郎。
 彼を配することで司馬は三成の「義」を否定しない。
 与次郎が生きる世界こそが司馬が願ったものかもしれない。
 天下を狙っていたもう一人の武将黒田如水を最後に登場させることで、三成の戦った意味が明らかになって、長い物語は完結する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

涙禁じ得ず

2001/12/13 13:14

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:歳三 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いつの世にも、どんな世界にも「決戦の日」というものが、あるものだ。我が国では、所謂「天下分け目の戦い」の象徴として、「関ヶ原」がもちだされる。
 多くの方は、関ヶ原と聞いたとき、徳川家康と石田三成を想起されるであろう。しかし、当然のことながら、対局をなすこの両者の周囲には、数多くの人間模様・ドラマがあった。
 司馬さんの筆は、いつもながら、独特の視点で、ややもすれば、おきざりにされそうな影の主役達を生き生きと克明に蘇らせてくれる。読み応えある作品にして、息をもつかせぬストーリー展開は、容赦なく読者を終末へと急がせる。
 クライマックス! 西軍が崩れ去る瞬間を描く場面にいたって、司馬さんの筆は冴えまくる。島左近、大谷刑部の結末に遭遇したとき、おもわず、涙禁じ得ず、不覚にも雫が墜ちた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

三成の最後に感動。

2002/07/08 08:33

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:LR45 - この投稿者のレビュー一覧を見る

ついに関ヶ原本戦。
関ヶ原自体の記述は短いこともあって、さほどのものでもなかったが、戦後の三成の行動には心を打たれるものがあった。
三成の様に諸将に嫌われた男であっても、彼なりの美学があって、それに準じて死を迎えようとする、あるいは最後の最後まであきらめないのが大丈夫であるというあたりに彼の精神的な美しさを感じた。
後に豊太閤家を滅ぼした家康とはえらい違いであろう。
どちらが正しいかは別として。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

関ヶ原英雄伝説

2017/09/03 09:47

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:あくあ9いっぱい - この投稿者のレビュー一覧を見る

関ヶ原英雄伝説、ついに完結。無敗の天才(ろくに戦ったことが無いから無敗)石田三成、常勝の魔術師(たぬきだから人を化かす)徳川家康。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/03/08 22:08

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/04/25 19:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/01/20 11:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/15 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/11/13 00:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/11 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/03 19:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/08 12:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/21 20:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/01 20:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/05/22 16:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る