サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/3/1~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 5 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/10/01
  • 出版社: 弦書房
  • サイズ:19cm/305p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-902116-13-8

紙の本

夢野久作読本

著者 多田 茂治 (著)

【日本推理作家協会賞(第57回)】あの「ドグラ・マグラ」はいかにして書かれたか。犯罪・狂気・聖俗・闇…。常に社会の最底辺を見据えて生み出された独特な作品世界の舞台裏をガイ...

もっと見る

夢野久作読本

税込 2,420 22pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

【日本推理作家協会賞(第57回)】あの「ドグラ・マグラ」はいかにして書かれたか。犯罪・狂気・聖俗・闇…。常に社会の最底辺を見据えて生み出された独特な作品世界の舞台裏をガイドする久作ワールドの迷路案内。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

多田 茂治

略歴
〈多田茂治〉1928年福岡県生まれ。九州大学経済学部卒業。新聞記者、週刊誌編集者を経て文筆業。日本近現代史にかかわるノンフィクション、伝記を執筆。著書に「グラバー家の最期」「夢野一族」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

久作ワールドを極めたいと思わせる、久作の幻魔術とは。

2009/08/26 10:55

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:浦辺 登 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 夢野久作はさまざまな作品を残しているが、中でも『近世快人伝』は傑作と思っている。
 その作品に登場する快人の中でも魚屋の大将である篠崎仁三郎のくだりは爆笑ものだ。その篠崎仁三郎が本書の冒頭に紹介されていて、「やはり、あなたもそうですか」と著者と両手で握手したいほどこの魚屋仁三郎の語りはおもしろい。破天荒、それでいてどこか真面目で、周囲を笑わせてしまう仁三郎。風貌は異なるものの、小松政夫さんに篠崎仁三郎のセリフを語らせたら、さぞ、おもしろかろうと思う。
 まさに博多仁和加のボケて突っ込んで落とし込んでの芸を見せられたあと、徐々に徐々に久作晩年の作品である『ドグラ・マグラ』に至る背景や複雑な人間関係、思想関係を著者は説いていくが、これは評論でありながら久作の評伝として完結されている。巻末には久作に関わった人々、事件などが簡潔に各章ごとに補足され、年譜、参考文献までをもがついている。
 各章のそこここに、久作に対する著者の憧れと親しみ、哀れみがないまぜになった言葉があふれている。

 この夢野久作の評論とも評伝ともいえる一冊において欠かすことのできない人物は久作の父杉山茂丸である。杉山茂丸といっても誰だろうと思うかもしれないが、明治、大正という時代において政界の黒幕と呼ばれた人物である。もともとは、伊藤博文の暗殺に上京した茂丸だが、逆に長州閥の元勲を手玉にとって薩長藩閥政治を裏で操った人物である。目立たぬ場所にあるが、築地本願寺の一隅に長州閥の児玉源太郎と杉山茂丸の人間関係を示す石碑もある。
 この杉山茂丸も久作に負けじ劣らず多くの著作を残した人であるが、久作が作家・新聞記者として活躍する場を授けただけに、父親であると同時にプロデューサーであるかもしれない。
 しかしながら、この父親が右翼の源流である玄洋社の頭山満と盟友であったために夢野久作は右翼と思われている節がある。
 しかし、夢野久作の秘書であった紫村一重はばりばりの共産党員であり、一斉検挙で逮捕されながらも久作のよき議論の相手でもあった。これからして久作を右翼と断定することに無理があるが、杉山茂丸も無政府主義者の大杉栄を内務大臣の後藤新平に紹介するほどなので親子ともども右翼と限定できない枠の大きを感じる。
 とまれ、夢野久作にしても杉山茂丸にしても、今から一世紀以上も前に欧米の物質文明によって日本が精神的堕落社会に陥ってしまうことを予見していたことに驚きを禁じ得ない。そう感心した瞬間、久作のドグラ・マグラにしてやられている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。