サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

リスクテイカー(文春文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.9 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/488p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-766202-7
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

リスクテイカー (文春文庫)

著者 川端 裕人 (著)

リスクテイカー (文春文庫)

782(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.9

評価内訳

2004/11/24 11:11

投稿元:ブクログ

「マネー」の世界の入門書?とでもいえる本ではないかと思う。
読んでいる最中に、「学生時代に戻れるならば、金融工学や経済学って分野を学びたい」と思わせる一冊です。

2011/05/29 10:48

投稿元:ブクログ

金融業界に疎いので、オフショアとかデリバティブとか、専門用語の羅列はきつい感じがしましたが、内容は面白かったです。
凡人の主人公と周りの天才たちという構図が「夏のロケット」と似ていると思いました。

2006/11/18 00:59

投稿元:ブクログ

「9.11以前」のニューヨーク。ビジネス・スクール卒業後、ヘッジファンドを旗揚げした3人の若者が、伝説的ファンドマネージャーの出資によってウォール街に挑戦状を叩きつける。

2006/03/24 12:49

投稿元:ブクログ

某ネット書店が勝手に私に対する”オススメ”として紹介してきたので(笑)、送料を節約するために買った一冊です。 そんな動機で購入したのですが、思いがけず素晴らしい本に出合えました!



本書はMBAを卒業したばかりの3人の若者がヘッジファンドを立ち上げ、国際金融の世界で活躍する姿を描いたもの。若者の心の変化が描かれた青春小説でもあり、ヘッジファンドの克明な手法が描かれた金融小説でもあります。実在の人物名も登場し、アリティも十分です。



下手な専門書を読むよりも、ヘッジファンドの活動や為替取引の仕組みがよく理解できます。

500ページ近くあり、ちょっと読みでがありますが、気楽な気持ちで国際金融マーケット(特に為替)の世界を垣間見ることができます。学生さんなどにはとっても良い本だと思います。

2010/05/16 21:11

投稿元:ブクログ

金融のことは全く無知なので、よくしらないが、おそらくこのヤンというような天才も、彼の考えたアルゴリズムも、プログラムもこの世には存在しないし、これからも存在することはありえない。仮に存在したとしても私のような者が知ることはなく、ごく一部のひとたちがずーっと独占して公開することはない。が、おそらく存在する可能性は0.1%以下だと予想します。

2007/01/30 20:46

投稿元:ブクログ

世界経済を相手に戦いを挑む、3人のディーラー。冷静なリーダー格の日本人、ファンキーなロック野郎、超天才なチャイニーズのチームが株価を予想し、生まれた利益によってさらに利益をうみだす。お金は流動するという感覚がよく理解できるし、経済の講義よりもよほどスリリングで奥が深い。株や経済の知識がない人にもかなりお勧め!

2011/08/21 20:20

投稿元:ブクログ

ビジネススクールを卒業した2人と
天才物理学者がファンドを形成して、お金儲けするって話。

軽い感じの小説家と思いきや、かなり本格派。
ここまで詳しく書かれたヘッジファンドの小説を
読んだのは、正直初めてかもしれない。

さらにちょっと哲学チック。
「マネーとは何か?」考えさせられた。

僕はヘッジファンドには否定的。
短期的に稼いだ金は
結局、貧しい人から搾取している気がするから。
「流動性をもたらす」ってのも一理あるものの、
言い訳に聞こえる。

そんな中、完璧ではない資本主義をきちんと理解しない限りは、
やっぱり第三案は出てこないもの。
今の世界を理解する助けになる一冊です。
その辺の経済の教科書読むより、
100倍楽しくて勉強になりました。

2007/10/23 20:38

投稿元:ブクログ

お金ということを純粋に追求していく場面と、大学卒業スグの男性3人で立ち上げたヘッジファンドの隆盛を描く場面がバランスよく、読後感もとってもいい作品。
元気が出てくる一冊。

2011/02/18 23:05

投稿元:ブクログ

よく調査した後がうかがえるが、小説としての完成度としてはどうだろう。好みの問題とはいえ、説明とかどうしても硬くてリズムに乗れない

2012/08/16 23:12

投稿元:ブクログ

ケンジ、ジェイミー、ヤン。ビジネススクールを卒業した三人は理論物理の複雑適応系を応用した外国為替予測システムを開発、ヘッジファンドを立ち上げる。マネーの海へ出航した彼らの船出は順調に見えたが、すぐに金融市場は新参者の三人に牙をむく。ただ信用によってその存在を確立するマネー、果たしてその本質とは何か。そして数十億ドルを手にした先に見える世界とは。まさに世界を相手にしたマネーゲームが今はじまる。

再読。名作です。金融取引の場面が一番印象に残っていたんだけど、改めて読み返してみたらマネーに関する、延々と続く、金融史を絡めた深い考察が書かれてあって、記憶の中の作品よりも重く、ずっと面白かった。専門用語が乱立してその技術的な側面はなかなか理解できるようなものではないけれど、例えば目の前にある一万円札が、ただの紙切れがなぜ人を狂わすほどの力を持っているのか。そんなことを考えさせてくれる。そしてその力というものがこの上なく脆弱なものであるということに気付かされる。

名作です。

2012/11/11 17:52

投稿元:ブクログ

僕らはマネーが絶対の価値ではないと思いながら、マネーに支配されていると知っており、マネーに計られる世界に生きている。
点数、成績、マネー。生活に根差している価値観《生活価値》とは乖離しがちだけど、共同幻想に根差した価値観で、だから共有しやすい尺度。主人公はそれによって絶大に評価されることを望み、ヘッジファンドに身を投じる。そしてその頂点を垣間見た時、そこではもはやマネーが自分を計ってくれないことに気づく。老先達は、自分はそこで「計られないことが自由」と気づいたのだと諭す。
そうなのだろう。しかしそれは…マネーに計られたいという欲求から解かれるには、マネーの計る極みに至らなければいけないのであれば、それはなんて苦しい仕組みだろう?

2017/02/10 22:10

投稿元:ブクログ

ディテールが素晴らしい。この本で金融周りの専門用語や歴史の知識を仕入れることができた。統計物理を勉強していたのでヤンの説明する概念は馴染みのあるものが多くて学生時代を懐かしく感じた。これは十年以上前に出版されたものだが現在の研究の最先端ではどういった理解のされ方をしているのだろう。

2012/10/07 15:52

投稿元:ブクログ

最後までお金はいったい何か?がわからなかった…(((・・;)

計れないものこそが自由。


それぞれの個性がわかりやすく表現されていたし、小説としておもしろく読めた。


最後に凡庸なケンジがこれからも続けていくところが、よかったな~

自分のいきる道を自分で決めていく。


チームが解散したり、いれかわったり、その中でいかに自分がどう生きるのか、悩んで、答えを探すしかない。


日々、変化、進化していくんやね。


マネーからだいぶ遠ざかった感想になりました。

2013/10/20 21:14

投稿元:ブクログ

MBAを取得した主人公と天才物理学者がヘッジファンドを立ち上げてマーケットの完全な予測モデルを作り、成功を目指すストーリー。一貫しているテーマは「マネーとは何か」。このテーマ、考えさせられる。
川端裕人が書いているだけあって人物描写がすごく魅力的で引き込まれる。

2011/12/18 13:51

投稿元:ブクログ

なるほど、こういう風にmoneyを考えるのか…と、題材の斬新さに感心した。話の筋よりもテーマに魅かれた一冊。丁度自分の投資スタイルとか考えてる頃やったからおもしろかったのかも。もう少し若い頃に読んでると感想が全然違っただろうなぁ。