サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

※0時~ 本の通販ストア OP 3%OFFクーポン(1024-26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 283件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日:2003/10/01
  • 出版社: 幻冬舎
  • レーベル: 幻冬舎文庫
  • サイズ:16cm/406p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-344-40439-4

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

文庫

紙の本

リカ (幻冬舎文庫)

著者 五十嵐 貴久 (著)

【ホラーサスペンス大賞(第2回)】【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

リカ (幻冬舎文庫)

税込 660 6pt

リカ

税込 627 5pt

リカ

ワンステップ購入とは ワンステップ購入とは

ほしい本に追加(値下がりすると通知がきます)

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ ファイルサイズ 閲覧期限
iOS EPUB 5.9MB 無制限
Android EPUB 5.9MB 無制限
Win EPUB 5.9MB 無制限
Mac EPUB 5.9MB 無制限

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

掲載中の特集

ホラー小説をテーマに10作品以上をラインナップしています。ほかにもhontoでは無料の本を集めた無料漫画特集無料男性コミックを展開しています。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

書店員レビュー

ジュンク堂書店郡山店

あなたの側に、リカはいるかもしれない

ジュンク堂書店郡山店さん

実体の分からないものよりも、本当に恐ろしいのは人間かもしれない。

みんなのレビュー283件

みんなの評価3.5

評価内訳

電子書籍

おもしろい

2017/02/28 20:38

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:さぁふ - この投稿者のレビュー一覧を見る

怖くてページがめくれないけど気になるのでやめられない・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

面白い

2015/12/05 23:07

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:くー - この投稿者のレビュー一覧を見る

好きな人を自分のものにするためなら何でもするリカ
その「何でも」が怖い、ホントに何でもするんですよね笑
 
ホラーが好きな私はすごく面白かったです

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

なんていうか、恐いんですけど、どこか梅図かずおの恐怖漫画を読むような、そんな感じがあるんです。大沢在昌の言葉に納得

2006/08/14 20:13

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

《印刷会社に勤める本間たかおが、友人に教わった出会い系サイト。メール相手リカの追跡が始まった》ノンストップ・ホラー。ま、ノンストップは単なる形容詞なんですけど、クーンツにこそ相応しいこの言葉を、敢えて冠しておきましょう。
ITの恐怖は、なにもネット利用の莫大な接続料金の請求だけでは有ません。匿名性の陰で、こんなことも起きる可能性がある、それがコワイ。だから、読み終わって直ぐに、メールに嵌っている娘たちに読ませましたた。あっという間に読み終わった私たち一家は、それでもメールを止められない、どーしましょう・・・。
印刷会社に勤務し、昇進も間近な本間たかおは、会社から与えられたパソコンにもやっと慣れた42歳になる妻子のある普通の男です。総合出版社に勤める知人の坂井政司から、出会い系サイトで多くの女性と知り合い、そのうち何人かと実際にホテルに行ったというのを聞くうちに、自分も冒険がしたくなってしまう、そんあ男。
そんな本間に寄せられたメールのなかの、リカと名乗る看護婦からのものが、彼の心を捉えました。メールを何度か交わし、携帯電話の番号を教え、デートの約束までこぎつけたのですが、いつしか彼女から会社にかかる電話がエスカレートしていきます。
本間を助けようとする大学時代の友人で探偵の原田、インターネットカフェの金髪の店員、刑事の菅原。そして本間の妻の葉子と娘の亜矢。忍び寄るストーカーの恐怖。身近でありながら、規制などは有名無実の何でもできるインターネットの見えない世界。
第2回ホラーサスペンス大賞受賞作で、単行本は2002年の出版です。IT時代を背景にした身近な恐怖を扱ったオーソドックスなラン&チェイスで、ネットを取り巻く状況は、より身近になったものの、危うさは少しも変わりません。
そうした話題だけに、誰もがその世界に簡単に入り込むことが出来ます。大沢在昌、桐野夏生、宮部みゆきの三氏の選評が非常にためになります。皆さん、この作品を最高のものとはしていないのですね。都市伝説という設定のありふれたところについての評価はかなり厳しいもの。
なかでも、大沢の「五年前ならば、職業作家としてデビューできたかもしれないが、今は傑出した才能が一つでもなければ、作家としてやっていけない」といった時代認識は、が新鮮です。全く同感なのですが、この作品についていえば、深みこそ無いものの、クーンツを思わせるスピード感に本を置くことが出来なくなった私は、素直に高得点をつけることにしました。
他人に読んだ感想を聞いてみたい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これは無理...

2016/11/18 16:39

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:だいすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

あまりの恐怖に途中で挫折(+_+)
でも先が気になって読んでは止めての繰り返し。
一人暮らしの方は明るいうちに読んで下さい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

いちおう楽しめた

2015/11/16 23:39

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

今読むにはネットの説明が古臭い。リカの登場からノンストップの展開で面白かった。でもラストがブツ切れ。10年以上たって続編「リターン」が出てるけど、当時読んでたらこの終わらせ方は納得いかなかったかも…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍

一気読み

2015/12/19 00:25

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しまんちゅ - この投稿者のレビュー一覧を見る

ストーリーが途中からものすごい勢いでホラー化していく。そんな馬鹿なと思う点もいろいろあるが、非現実的なところがより一層恐怖感を増長させていくようだ。過去に映像化していたようだが、浅野ゆう子の演技がいかなるものだったのかぜひとも見てみたいと思った作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

起こり得る話

2015/08/22 01:31

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぴこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

出会い系で知り合った女の人がストーカー化する話です。実際に昨今そういった事件をニュースで見るので、現実に起こり得る話なのが怖いです。終わりに近づくにつれ、強烈すぎて現実離れしていきましたが… そしてラストがあまり自分の好みではありませんでした。サクサクと読み進めやすいので、暇つぶしにはもってこいでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ネットの怖さ

2020/01/18 21:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:たっきい - この投稿者のレビュー一覧を見る

土ドラやお気に入りの方の感想などを受けて購入!『リカがコワイ』は月並みですが、今更ながら、ネットの怖さを思い知らされます。その気になれば、個人情報はツツヌケ。消したくても消えない、消せない。調べようと思えば、いくらでも調べられる手段がある。なんかそれが怖いですねぇ。さて、リカはこの巻では、あまりリカ自身の素顔が実は見えてない気がしました。今後、そういった部分も出てくるのかなぁ、と思いながら、次巻以降も期待です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

グロテスク

2020/01/10 08:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:やえ - この投稿者のレビュー一覧を見る

人から勧められて、また、ドラマ化もあり読みました。
ドラマより面白いです。登場人物が想像できてしまうので原作を先に読めば良かったと後悔しました。ただ、気分の悪い日には読めない内容です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

常軌を逸するって恐ろしい――ストーカーの執念。

2010/10/17 15:11

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:惠。 - この投稿者のレビュー一覧を見る

仕事上の知人に勧められ、出会い系サイトに登録した本間は、リカという女性と知り合う。家庭に満足はしているけれど、別の女とも遊びたい――そんな軽い気持ちだった。しかしリカは「普通」ではなかった。ひっきりなしに掛けられる電話。要件いっぱいまで残される留守番メッセージ。これはヤバイと気付いた本間は、すんでのところでリカとの会見を回避するが、リカは本間の素性を調べ、本間の会社に、自宅付近にと現れる。軽い気持ちではじめた出会い系。その代償は大きすぎた…。


常軌を逸したストーカーによる心理的かつ肉体的圧迫。本人(本間)に落ち度があるとはいえ、これは恐ろしすぎる。段々エスカレートするリカの行動に本間は少しずつ参っていく。これは緩やかな処刑? いや、もっとひどいかもしれない。

展開としては寸分違わず先が読める。しかし、それでもじわりじわりと迫ってくるリカの迫力。リカは本間を追い込んで追いこんで追いこみまくる。

何かを突き詰めるとどのジャンルの作品も最終的にはコメディになることが多いのだけれど――例えば人が次から次へとひたすら死んでいくミステリなど――、本書は違う。リカは手加減なんてしない。本間を追いかけ追い込み追い詰めていく。それでもその過程がが空恐ろしく、最後の最後までぞくぞく感が付きまとう。

文庫化に際して単行本未発表のエピローグが収められているのだけれど、こういう「付加物」は大概の場合、蛇足になることが多い。本書においても読む人によっては不要に感じることもあるかもしれない。しかしわたしにはそうは映らなかった。

ほんの数ページのエピローグ。たった数ページなのに、リカはとてつもなく残酷なことをしでかす。本編(エピローグを除いた部分)は読者の想像力に委ねるラストだったのだけれど、著者が用意したこのエピローグに勝る残酷な結末を想像した人間はは誰一人としていないのではないだろうか。

幽霊も恐ろしいけれど、生きている人間も恐ろしい。みなさん、軽い気持ちで出会い系を利用するのは止めましょうね。いつどこでリカのような怪物に出会うかわかりませんよ…。


このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ヒッー!

2019/03/23 20:41

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:しんごろ - この投稿者のレビュー一覧を見る

リカに吐き気がする。リカ、不気味。リカ、気持ち悪い。リカ、頭がいかれてる。リカ、異常。リカ、怖い。リカ、怖いです。怖いです。怖いです。怖いです。怖いです。怖い……ええ、続きがあるの~!勘弁してくれよ~!リカ、消えろ~!リカ、夢にでてきそうだ。ヒーッ、怖いよ~!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

後味はかなり悪いです

2015/09/30 01:04

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:オオバロニア - この投稿者のレビュー一覧を見る

タイトル通り、これはリカの物語です。リカは本作の主人公を執拗に付け回すストーカーの女性です。細かい容姿や行動はぜひ本作を読んで確認していただくとして、この作品の魅力はやはりエピローグの有無だと思います。

エピローグは文庫化に伴い追加されたもののようですが、正直このエピローグが後味の悪さをかなり引き上げています。

「黒い家」が好きな方はぜひ。同系列の作品です。逆にこの作品を気に入った方は「黒い家」を読むことをおすすめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

リカ

2005/03/25 21:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:同名 - この投稿者のレビュー一覧を見る

なんだか、「臭いものを飲まされた」気分になる本。読んだ後味が、非常に悪い。でも、臭いものでも一気に飲ませる力はあると思う。そういう意味で、星2つです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/05 03:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/10 12:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。