サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

ブックオフ宅本便ページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

原罪の庭(講談社文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 29件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 講談社
  • レーベル: 講談社文庫
  • サイズ:15cm/512p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-06-273863-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

原罪の庭 (講談社文庫 建築探偵桜井京介の事件簿)

著者 篠田 真由美 (著)

原罪の庭 (講談社文庫 建築探偵桜井京介の事件簿)

792(税込)

ポイント :7pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

原罪の庭 建築探偵桜井京介の事件簿

648 (税込)

原罪の庭 建築探偵桜井京介の事件簿

ポイント :6pt / 紙の本より144おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー29件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

一条の光

2016/03/30 15:52

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:壱太郎 - この投稿者のレビュー一覧を見る

重い・辛い・苦しい・悲しい・怖い・逃げたいというのが分かっていたので、前作から少しだけ時間が空いてしまいました。
しかし、読み始めたら夢中でした。時間を惜しんで読んだのは久しぶりです。
ちょっと人を疑うのに疲れてしまいましたが、読まなくては建築探偵は語れないのではないでしょうか。

このお話ですっかり、蒼の応援者です。
世の中に沢山いる蒼の遠い遠い親戚で、ちょっとだけ事情を知ってるお兄さんお姉さんの仲間入りをしました。
この出会いがあっての蒼と京介。

蒼が京介に言った言葉がとてもうれしかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

少年は「原罪」を背負う

2004/09/05 18:32

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:祐樹一依 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ガラスの柩を思わせる温室の中で惨殺された病院長一家。血塗れの密室にただ一人生き残った少年は、言葉を失い、他者との交流を完全に拒否していた…。未だ表の世界へと解放されない少年の魂を救うため、桜井京介は大きな謎「薬師寺家事件」に挑む。

 「原罪」。その言葉を聞いて真っ先に思い浮かぶのは、やはり永久の楽園であるエデンから追放されたアダムとイヴでしょう。人間の犯した最初の罪は…? 神が人を作るときに、果たして彼(或いは彼女)は人を愛するが故に作り出したのだろうか。個人的な観点で述べれば、それは異なるでしょう。それでは目的と行為が裏返しのものになってしまう。アダムとイヴが起こした罪は、楽園の内側で起こしたものと、彼らの子孫が起こすことになるであろう、楽園の外側で無限に生み出される「罪」と比べてどちらが重いのか、それに気付き、裁くことは出来なかったのか。つまり、人という生き物は、この地上に降りたときから既に「罪」を背負って生きていくことを宿命付けられた存在であるのです。

 しかし本書において、エデンであるはずの温室庭園は、外部の世界からまるでその存在を隔離するかのように少年を内側に閉じ込める作用をのみ持つ建築であります。ここでは「庭」という言葉の定義からして逆転している。そして、その中で展開する惨状。まるでそれが定めであったかのごとく、「罪」を背負って生きる少年。楽園は最早、地上には存在し得ないものなのか…?

 本作には様々な男女が登場します。けれども、誰がアダムで誰がイヴに当てはまるのかは、ここでは言わないことにしておきましょう。人間の感情の根源にある愛情。それがとても深く、とても切なく、とても悲しく物語に絡み合ってきます。人が幸せになるというのはどういうことなのか、それを信じる者の立場によって、こうも喜びと苦しみとがない交ぜになるのか。作品としての流れはシンプルでありながら、異色作であることは間違いない本書、その事件の真相は、「小説」を読む一読者として決して流し読みをしてはならないものだと思います。

 本書を読み終えた後に「建築探偵」シリーズの他作品を読むと、ある点において印象が大きく変わることでしょう。当シリーズは年代に合わせて登場人物が歳を取る、というミステリとしては異色とも言える流れを持つものなのですが、それが本書によって大きな意味合いを持たされることに誰もが頷くはず。シリーズ最高傑作と呼ぶに躊躇わない物語です。

(初出:CANARYCAGE)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/22 01:43

投稿元:ブクログ

京介の金魚のフンのように登場する蒼(あお)くん。その蒼くんに振りかかった不幸な出来事を書いています。惨い〜、惨過ぎ〜〜! ますます蒼くんファンを作ったことでしょうね、本書は。とりあえず、第一部完結ということで完結巻にふさわしい出来ではないでしょうか。自閉症のように閉ざす蒼くんが初めてなついたのが京介。やっぱり合い通じるモノがあるんでしょうね〜。(って京介はまだ謎だらけですけど)。それにしても「蒼」って、猫の名前だったとは・・・。(笑&謎)
やっぱりこのシリーズ、シリーズというからには最初から読んでいただきたいです。そうするともっともっと主要登場人物たちに愛着が湧くことは間違いなしです。私的には京介の過去にもっともっと立ち入りたいんですけどね〜。

2005/12/10 13:28

投稿元:ブクログ

蒼くんがひたすらけなげで涙梨では見れません。なんでこんな目に遭うの〜?と思いつつ鼻水すすって読みました(笑)

2007/02/01 22:36

投稿元:ブクログ

えーってかんじ。
そしてこれも貧血を起こしてぶっ倒れた。電車の中で。あぶねー。
ちょっとトンデモなかんじがうぶめっぽい。
でも蒼・・・。くうう!

2006/04/05 20:13

投稿元:ブクログ

蒼にこんな過去があったとは全然…。始めの方は絶対蒼が犯人…みたいな展開だったのでどうしようかと思ったんですけど、ラストが…!あぁ、蒼大好きです。この巻で蒼がとっても好きになりました。過去にあんなことがあったのに、今、あんなに明るくできて、いい子に育ってるなん…!

2007/08/18 21:31

投稿元:ブクログ

シリーズの中では一番好きな作品ですが、人に薦めるときは、「これを一番に読んじゃダメ! シリーズの最初から読んで!」と釘を刺さずにいられない……。登場人物のうちの一人、蒼の過去に関わる話です。
あらすじを語ることさえネタバレのような気がしてしまう。

2006/07/23 00:53

投稿元:ブクログ

「建築探偵桜井京介シリーズ」第5弾。京介と蒼(京介の助手の少年)が初めて出会ったのは、蒼の両親の葬儀場だった。なぞの多い蒼の過去と本名、なぜ京介の助手になったのか、その全てが明かされます。
日本製ミステリーってどうも苦手だったのですが、篠田さんの作品は別格。特にこの「原罪の庭」は今までの作品の中でも最高傑作だと思います。展開もハラハラするし物語性もあるし深い。子供ってこんなに無垢で、無垢だからこその悲劇というのか...読んだ後呆然、知らず知らずのうちに泣いていました。
問答無用、1度は読んでほしい。

2006/07/26 23:43

投稿元:ブクログ

建築探偵シリーズで一番好きな作品。かなり重い題材ですが、面白いです。この人の小説はキャラに愛着が湧く。

2007/01/24 19:11

投稿元:ブクログ

これまで読んできた篠田先生の「桜井京介」シリーズの中では異色で、私にとって今の所一番の作品になりました。

とにかく、印象的で心掴まれる言葉が散りばめられていて最後までどんな結末が待っているのか分からなかった。

文字通り、本に吸い込まれました。


★「僕は、自分と同じものを他人に要求したことはありません」

「身勝手に一方的に思い込んで他人に期待して、相手がそれから外れたといって裏切られたと騒ぐような、甘ったれた真似だけはしたくないんです。そんな醜態を晒すくらいなら、傲慢だと非難される方がはるかにましです」


★あまりにも無力なもの、無垢のもの、無防備な存在はそれ自体で人を引き付け誘惑するのだ。
自分の全てを投げ打っても守ってやりたいという思いと、同時に奪いたい、傷つけたい、蹂躙したいという暗い欲望で。

★確かに人間というものは、時代によって変化しながらも、奥底の部分では安易に変われぬものだ、と思う。
 そうでなくてなぜ古代奴隷制社会に機嫌を持つ一つの宗教が、二千年後の現在も地球人類の三分の一を信徒に持ち得るだろう。

キリスト教が現代まで命脈を保っている事も、人の心が良くも悪しくも変わらないこと、変われないことの証としか思えないのだ。




きっと、ただの推理小説じゃないことでずっとずっと引き込まれる度数(なんじゃそりゃ)が私の中でググッと高いのではないかな〜って思う。

そのほかにも、この「原罪の庭」には、自閉症と、自閉状態の違い。そういう深い考えも沢山詰まっている。

是非ッ是非多くの人に読んでもらいたいなって。そう思います。

2007/03/05 20:04

投稿元:ブクログ

『建築探偵 桜井京介の事件簿』第5作目!
ガラスの柩を思わせる巨大な温室の中で惨殺された病院長一家。
その血塗られた密室に置かれたチェストで、天使のようにまどろむ7歳の少年。ただ1人生き残った彼は、しかし言葉を失っていた。
闇に閉ざされた魂を救うため、最大の謎「薬師寺家事件」に挑む桜井京介。
建築探偵シリーズ第1部の掉尾を飾る傑作。


<京介と蒼の出会いの物語>
人は人によって傷付けられるけど、人は人にしか救われない、癒されない。
人と人との絆の大切さ。それがすごく胸にしみました。
全てを「守る」のは難しいけど、自分の大切な人は「絶対に守る」。
その姿は幼いながらも、かっこよく、勇ましく思えました。

人は色んなことを抱えながら、それを己の糧としながら、時には捨てて、真っ直ぐに生きていくものなんだと改めて思いました。

暗闇に差し込んだ一筋の光。
ラストはその光に包まれます。(泣きました…)
蒼の過去が明らかにされます。

2010/03/11 15:46

投稿元:ブクログ

今回は重要なキャラ「蒼」の過去がわかります。
前作「灰色の砦」の3ヵ月後の設定で、
自分を責めるあまり、病んだ状態にあった京介が
復活するきっかけになった3年前の薬師寺一家惨殺事件。
温室で惨殺死体と一緒に発見された7歳の香澄。
現場の状況から犯人と疑われるが彼は言葉を失い、闇に囚われていた。

香澄を犯人と仮定した上で事件の取材をしたがる女ルポライター。
なついた香澄を母親のように見守り世話をする京介。
犯人や、他の登場人物についてはある程度想像つくんだけど
あんな事をした理由がわからなかった。
それは京介の口から語られる事になるのだけど、泣きます。

著者あとがきで「読む順番が変わると感想や楽しみ方が
変化するという現象が起こっている」とある。
だから、順番に読むことをお勧めします。
深春とふざけあっている明るい蒼や
必死に乗り越えようとしている蒼を知らなければ
感情的なものは半減するし、
謎が解ける瞬間の感動は、味わえないと思います。

2007/07/11 22:54

投稿元:ブクログ

蒼の過去が明らかに…!!壮絶すぎて切ないったらない…。泣ける…。建築シリーズのなかでいちばん好きかも。

2012/07/08 23:39

投稿元:ブクログ

建築探偵 桜井恭介の事件簿

ようやく最後の一冊です
(これ以外は全部よんでる・・・最後まで)
この世界の会話が大好きです

2009/06/03 20:35

投稿元:ブクログ

3年前起きた惨殺事件。密室の中につるされた3人の死体。密室の中から発見された薬師寺香澄7歳。
門野に依頼された神代、京介の推理。蒼と京介の出会い編。

 2009年6月3日再読