サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 実業之日本社
  • サイズ:20cm/445p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-408-53447-1

紙の本

真剣 新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱

著者 海道 竜一朗 (著)

生きて真剣の先に見る無刀の境地とは。柳生が平伏し武蔵が憧れた新陰流々祖、孤高の剣聖・上泉信綱。透徹した魂で兵法を極めた男の生涯を描いた、書き下ろし歴史巨編。【「TRC M...

もっと見る

真剣 新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱

税込 2,090 19pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

生きて真剣の先に見る無刀の境地とは。柳生が平伏し武蔵が憧れた新陰流々祖、孤高の剣聖・上泉信綱。透徹した魂で兵法を極めた男の生涯を描いた、書き下ろし歴史巨編。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

海道 竜一朗

略歴
〈海道竜一朗〉1959年札幌生まれ。「真剣」で小説家デビュー。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価3.5

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

上泉伊勢守について

2006/01/08 17:04

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:読み人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 北上次郎さんが、絶賛していたので、読んでみました。
最初は、「バガボンド」関連から、着想を得て書いた小説だと
甘く見てたのですが、
 全然違う、大傑作でした。
 大きく、全体を三つに分けて、
最初のパートは、剣豪の修行の修道小説で、
 ここが、驚きなのですが、
真ん中のパートは、
 なんと合戦あり、巧みな外交戦ありの、戦国武将小説なのです。
このパートも大変良く出来ていて、ここだけ独立させても大変面白いです。
 元々、上泉伊勢守は、小さな戦国武将の次男で、病弱な長男が家督を継いで、
上泉伊勢守は、そのボディガード位の感覚で、若きころ剣の修行をしていたわけです。
 ところが、長男が若く死んでしまうことで、
上泉伊勢守が、家督を継ぐわけです。
そして、生き残りの為の、外交戦、戦をしなければいけないわけです。
 そして、このパートの最後にボスキャラとして、武田信玄があらわれます。
で、最後のパートは、剣豪の対決もので、
迫真の大一番が待っています。
 「バガボンド」で、みなさん良く知っていると、思いますが
上泉伊勢守は、宮本武蔵や、槍の宝蔵院の胤舜の世代の、二つ位上の世代になります。
 この胤舜の師匠の胤栄と「バガボンド」でも扱っていましたが、
試合(殺合とも、書くそうな)を、するのですが、
 このとき、胤栄は絶頂期ですが、上泉伊勢守はもう既に
中年の剣豪としては、少し下り坂をむかえています。
 この試合が、本書のラストの大一番になっています。
 又、もう一人のカリスマ、塚原朴伝も、この上泉伊勢守より、
微妙に世代が、上で、
 又、若き上泉伊勢守と、中年期の塚原朴伝が試合を行っています。
 ここから、先は「バガボンド」で読んだのか
本書で読んだのか、もうごちゃごちゃになっているのですが、
 一つのことに打ち込むことの凄さと素晴らしさを、謳いあげています。
剣一つで、人を生かしも殺しもし、
 「剣とは、そんな小さい物かね」と、
(この辺は、本書)
「わが剣は、天と一つ」
(この辺は、「バガボンド」
と、。
 しかも、驚くべきは、本書は著者、海道竜一朗のデビュー作だと、いうことです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2021/08/24 11:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。