サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

honto7周年&会員500万人突破記念!hontoポイント最大7倍キャンペーン(~6/30)

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー「人生と幸せとお金」ポイント5倍キャンペーン(~6/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

風が見ていた 上
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 新潮社
  • サイズ:20cm/270p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-348302-4

紙の本

風が見ていた 上

著者 岸 惠子 (著)

横浜に生まれ、女優となってパリに渡った女性。抑制しつつ惹かれあい、運命に翻弄される激しい恋。沸き立つ血を持つ家族の劇的な宿命。20世紀に生きた、波瀾に富んだ生涯を描く長編...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

横浜に生まれ、女優となってパリに渡った女性。抑制しつつ惹かれあい、運命に翻弄される激しい恋。沸き立つ血を持つ家族の劇的な宿命。20世紀に生きた、波瀾に富んだ生涯を描く長編小説。『小説新潮』掲載に加筆し単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

岸 惠子

略歴
〈岸惠子〉横浜市生まれ。平沼高女卒業。53年「君の名は」のヒロイン役で不動の人気を得る。56年仏映画監督イブ・シャンピと結婚。女優、作家として活躍中。著書に「砂の界へ」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

時間、国を超えて

2004/02/15 01:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:すすきのはら - この投稿者のレビュー一覧を見る

 彼女の書籍に初めて出会ったのは“ベラルーシの林檎”。私(30代前半)の彼女に関する知識は、母の言った“岸惠子という、<君の名は>に出ていた美しい女優”、のみ。
 以来、数年が経っていたが、ひょんな事から“30年の物語”を手にし、“砂の界へ”をも読み、彼女の、時間と場所を職人のように絡ませながら書き進む才能には読みながら唸り続けるばかり。
 
 そんな彼女の処女小説。正直に言うと、彼女の自伝を書いて欲しかった。十分にドラマティックであろう彼女の生き様を読みたかった。やはり、でもそれでは都合の悪い事も、そういう事も経験して来たのかもしれない。小説という形でのみ可能だった過去との再会、決別もあったのかもしれない。

 何度も“衣子”は、岸惠子ではないか?と思う場面はある。でも彼女はそこここの登場人物に散らばっている気もする。前述のエッセイを読んだ後だけに、小説内に出てくる彼女をすり抜ける男性達は、あのジャーナリストだろうか?あの男性だろうか?と想像してみたりもする。
 でも、これはやっぱり、“岸惠子”という女性として生きて来た彼女だからこそ書けた“小説”だろうと、そういう風にも思う。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/08/13 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/01/04 15:45

投稿元:ブクログ

レビューを見る

小説 ランキング

小説のランキングをご紹介します一覧を見る
×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。