サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

児童書・絵本・文房具 全品ポイント2倍キャンペーン (~12/26)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ふたりジャネット
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.2 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2004.2
  • 出版社: 河出書房新社
  • サイズ:20cm/383p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-309-62183-8
  • 国内送料無料

紙の本

ふたりジャネット (奇想コレクション)

著者 テリー・ビッスン (著),中村 融 (編訳)

サリンジャー、ピンチョンら有名作家たちが続々と田舎に引っ越してきた? 英国が船みたいに動きはじめた? ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞受賞作「熊が火を発見する」の他、...

もっと見る

ふたりジャネット (奇想コレクション)

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

サリンジャー、ピンチョンら有名作家たちが続々と田舎に引っ越してきた? 英国が船みたいに動きはじめた? ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞受賞作「熊が火を発見する」の他、表題作など全9編を収録した短編集。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

熊が火を発見する 7-26
アンを押してください 27-44
未来からきたふたり組 45-68

著者紹介

テリー・ビッスン

略歴
〈ビッスン〉1942年米国ケンタッキー州生まれ。アメリカのSF作家。90年ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を受賞。著書に「世界の果てまで何マイル」「赤い惑星への航海」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価4.2

評価内訳

紙の本

内容紹介

2003/11/03 23:18

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:bk1 - この投稿者のレビュー一覧を見る

【内容紹介】
 当代きっての異能ユーモア作家が描く、ポップに洗練されたカントリー的ファンタジーの世界! その面白さが凝縮された、本邦初の短篇集。わたしの生まれた町に有名作家が次々に引っ越してきた! 表題作「ふたりジャネット」のほか、ヒューゴー賞・ネビュラ賞受賞の名作「熊が火を発見する」、盲目の画家が科学的に死後の世界に〈挿入〉されて見たものは……傑作「冥界飛行士」、イギリスがある日突然、海上をさまよいはじめた……「英国航行中」、コミカルな「アンを押してください」「未来からきたふたり組」、そして抜群の面白さをほこる〈万能中国人ウィルスン・ウー〉シリーズ全3作を含む、全9篇収録。
【著者略歴】
 テリー・ビッスン(Terry Bisson)1942年、米国ケンタッキー州生まれ。ユーモアとペーソスに彩られた作風は、高い評価を受けている。「熊が火を発見する」著書に『世界の果てまで何マイル』『赤い惑星への航海』他。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

ある日クマさんに

2004/05/04 14:02

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ぼこにゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 貰い損ねた形見の品がある。祖母のブローチ。今時「ブローチ」という言葉自体もかなり懐かしい感じになっているのだが、好みのうるさい祖母が珍しく気に入って愛用していた品で、安くはないが高くもない、まあそこそこのものだったらしく、なぜか「その時が来たら」私にくれる約束となったものの、しかし貰う側としては「その時が来たら」の話はしづらいもので、「それでは気長にお待ちしております」などと軽口を叩いたあのブローチである。それから数年経って実際に「その時」が来てみるとそんなことは思い出す余裕もなく、ようやく心が落ち着いた頃になって「そう言えばあんなことがあったっけな」などと思い返すのだが、母さん、僕のあのブローチ、どうしたでせうね。
 ビッスンという作家は名前すら知らなかったのだが、奇想天外な着想と、それでいてホンワリした暖かさとにえらく魅了されてしまった。この話は一体どこへ進んで行くのだろう、と考えながら読み進み、この話は一体どこへ到着したのだろう、という感じで読み終えた作品がいくつかあって、『熊が火を発見する』もそのひとつ。しかしこのほのぼのと染み渡る読後感はただごとではない。
 中心になる人物は語り手であるややウダツのあがらない中年男、その老母および甥、そして焚き火好きのクマたちであり、その全員がどこかしら孤独の陰を内に秘めながら、しかしそれを表に晒すことはせず黙々と日々の暮らしを営んでおり、それらのいくつかの孤独が重なり合ってなんとも美しいクライマックスを迎えるのだ。『上品なランズデール』とでも言おうか、軽妙にして上質な文体で物語はサラサラと運ばれて行き、登場人物たちはそれぞれの哀しみを抱きやがてほぼ何事もなかったようにまたもとの日々へ戻るのだが、胸の奥底にほのかなヌクモリの記憶が刻まれている。うるわしいではないか。
 子供の頃などはよく、その意味するところも知らないままあらゆる対象(友情、将来、恋愛、嗜好など)に永続性を求めたりしがちであるが、年をとると反対に、終わりゆくこと、消えゆくものの価値が少し分かるようになった気がするもので、それは一見淋しいことのようにも思われるけれど、やはり人生の途上で習得したかけがえのない指針なのかも知れない。生き物は出会って惹かれ合い、接近し、かりそめのゲマインシャフトを構成して、それから時空の移動その他条件の変動に伴って、美しいリボンがするりとほどけるようにゆるゆると離れて行く。実にさりげなく、また消極的なかかわりではあるのだが、そこに熱烈な関係にはない柔らかさと優雅さを感じるのだ。これもまた、そんな淡い寂寥をユーモラスな語り口に包み(最後のほうの「一緒に火を囲んでいるうちにクマがそわそわし始めた」という下りがたまらなくおかしい)、微妙なさじ加減で味付けしたお菓子を味わうような物語なのだと思う。
 たぶん大切なものは消え行くリボンの、あのひらひらと定まらない姿の記憶なのであって、だから本当のところは形見の品などいらないのだ。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/09 20:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/09/30 20:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/01/06 09:35

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/21 18:51

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/12/02 13:00

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/08/03 21:02

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/09/23 12:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/09/04 01:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/11/19 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/20 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/03/25 05:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2013/02/16 17:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/07/29 13:49

投稿元:ブクログ

レビューを見る

SF ランキング

SFのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む