サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2021/12/6~2022/1/12)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 6件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: 日経BP社
  • サイズ:19cm/242p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-8222-4375-3

紙の本

ブック革命 電子書籍が紙の本を超える日

著者 横山 三四郎 (著)

メール感覚で本を読む時代がやってきた! 「ケータイ文庫は真夜中に読む」「芥川賞に変動の波」「作家が走るデジタル時代」など6章で構成。電子書籍として先行発売されたものを単行...

もっと見る

ブック革命 電子書籍が紙の本を超える日

税込 1,650 15pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

メール感覚で本を読む時代がやってきた! 「ケータイ文庫は真夜中に読む」「芥川賞に変動の波」「作家が走るデジタル時代」など6章で構成。電子書籍として先行発売されたものを単行本化。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

横山 三四郎

略歴
〈横山三四郎〉1942年山形県生まれ。上智大学フランス語学科卒。新聞社特派員。米ジョージ・ワシントン大学客員研究員。大学の教壇に立ちながら内外での取材経験を活かした広い視野で執筆を続ける。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー6件

みんなの評価3.8

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

まえの電子書籍ブームの貴重な記録

2010/10/01 21:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:Kana - この投稿者のレビュー一覧を見る

最近の電子書籍ブームにさきだつこと 7 年,最近の本ではあっさりあつかわれている,まえのブームをホットにあつかっている本だ. テキスト派と画像派との対立,シャープが BVF と XMDF という電子書籍フォーマットを開発したいきさつなど,貴重な記録といえるだろう.

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

本好きには無視できない、本の未来像

2004/01/11 06:54

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うすかげよういちろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

芥川賞受賞作が紙の単行本と同時に、電子出版される時代である。
この本自体も、電子書籍として先行発売されたものを単行本化したものだ。
それどころか、現在の出版物は、ほとんど、すべてデジタル化され、いつでも、電子出版できる態勢だという。
そうだったんだー、と、自分の無知ぶりに驚いたりした。

まだまだ、先のことではないかと思っていたのだが、現実に、今、周囲では、確実に、変化が起こりつつあるようだ。
ケータイ用の文庫が何種類も出ていて、しかも、けっこう売れているという。

目立つ項目だけ挙げても、数々の読書端末。高精細液晶の開発競争。ブックオフの存在の影響。国語力の低下。「朝の読書」。電子辞書。環境問題。電子図
書館。著作権…その他、未来の本についての話題が、こんなにも多種多様であるとは思ってもいなかった。乗り越えるべき問題も山積のようだ。

さらに、電子立国日本の将来を左右しさえする存在らしいのだ。電子書籍。

しかし、なんだかんだ言われても、自分には、ケータイを手に読書するという感覚がもうひとつ受け入れられない。ケータイで読む場合、書物を読んで落ち
着くという感覚になれるかどうか。

この本が言うように、出版物のうち、電子書籍が20%になるのは、まだ、早いような気もするし、正直、できるだけゆっくり変化していってほしいとも思
う。こんなんでは、ブック革命の動きに、取り残されちゃうのかな、という不安も少しわいてくる。

なるほど、変化は起こりつつある。でも、新しい形の出版に、うきうきするような期待もあるが、初対面の人とどうやって話したらいいかとまどうような、
そんな相反する気持ちも抱いてしまう。

結局、自分は、今後も本好きでいるだろうか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント

2003/12/02 15:41

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:日経BP出版センター* - この投稿者のレビュー一覧を見る

WEB上のm-stage bookで先行連載する内容を紙版の書籍として発行するもの。
2000年春に携帯サイトから発信され、その後単行本化もされ大ヒットとなった「Deep Love」を筆頭に、携帯電話でケータイ文庫を読む層が増えつつある。辞書の市場は既に電子辞書に移行している。さらに、松下やソニー等が新型の読書端末で市場に参入する。

本書はこうした電子書籍の市場を版元、流通、機器メーカー、著者、読者の各々の観点から分析し、その一方でグーテンベルグ以来の書籍の歴史をひもときながら、電子書籍と紙の書籍が共存し得る可能性を探る。
書籍版にはWEB版にはないデータや写真・図版・グラフを盛り込み、「おわりに」として新たな章を掲載する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2011/07/17 10:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/04 02:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/03/28 10:56

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。