サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

3日間限定!5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

5周年記念!5倍ポイントキャンペーン(0522-0524)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販ストア
  3. 社会・時事・政治・行政
  4. あなたの話はなぜ「通じない」のか

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

あなたの話はなぜ「通じない」のか
  • みんなの評価 5つ星のうち 4.1 49件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 筑摩書房
  • サイズ:19cm/222p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-480-87753-3
  • 国内送料無料

紙の本

あなたの話はなぜ「通じない」のか

著者 山田 ズーニー (著)

どうしたら、うまく「伝える」ことができるのか? 話し方も文章と同様、組み立て方が命! 嫌われずに説得する技術、信頼の条件、共感を持たれるコミュニケーション術を伝授。【「T...

もっと見る

あなたの話はなぜ「通じない」のか

1,512(税込)

ポイント :14pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品対象!ポイント最大5倍!<5周年記念>

こちらは「honto5周年記念!本の通販ストア全商品ポイント最大5倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年4月28日(金)~2017年5月31日(水)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

どうしたら、うまく「伝える」ことができるのか? 話し方も文章と同様、組み立て方が命! 嫌われずに説得する技術、信頼の条件、共感を持たれるコミュニケーション術を伝授。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山田 ズーニー

略歴
〈山田ズーニー〉ベネッセコーポレーションを経て、独立。小論文の枠組みに留まらない思考力・文章表現力・コミュニケ−ションガイドの教育に取り組む。著書に「伝わる・揺さぶる!文章を書く」など。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー49件

みんなの評価4.1

評価内訳

紙の本

「問いの洗い出し3分ワーク」と「問い1000本ノック」

2008/11/09 17:29

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:BCKT - この投稿者のレビュー一覧を見る

第1章 コミュニケーションのゴールとは?
第2章 人間を「説得」する技術
第3章 正論を言うとなぜ孤立するのか?
第4章 共感の方法
第5章 信頼の条件

著者の基本属性(出生年や出生地)は不明。1984年に「ベネッセコーポレーションに入社」という奥付から察するに,1961年生まれ? 性別も不明だ。最初は男性かと思っていたが(「ズーニー」(”Zoonie”と英語表記まである)という女性っぽくない名前だし,進研ゼミかなんかで小論文の編集「長」をしていたから),文章から感じられる物腰から女性なのか推測している。2000年,ベネッセ退社後,独立(39歳)。61年生まれが正しければ,著者42歳の時の作品。装丁は南伸坊。


素人に文章指南をする職種にいたからだろうが,私のようなあんぽんたんにも腑に落ちる議論だった。章立てからもわかるように,首尾よくいく「コミュニケーション」に不可欠なのは,「共感」や「信頼」なんだよ,ということが本書の趣旨であることは明らか。類書と違うのは,自分の「メディア力」を高めることに主眼を置いた点だろうと思う。私流に翻案すれば,本書は,“あなたの話が「通じない」のは,あなたが相手に‘通じてない’からだ”ということを,手を変え品を変え論じている。鈴木健二『気くばりのすすめ』が“待ち”の勧めなら,山田のは主張の壁を突破する“攻め”の勧めだ。あなたが裏切らない友達が欲しいなら,あなたはだれかの裏切らない友達になっていますか?の論理だ。


議論の手掛かりがつねに小論文(指導)っぽいが,受験勉強(?)が人生に役立つ方法であることを明かす一つの証拠なのかもしれない。実用性を感じたのが,「考える方法を習ったことがありますか?」(48頁)。「問いの洗い出し3分ワーク」と「問い1000本ノック」は,これからも業務で使えそうな受験はハウツー(?)である気がする。


あなたの話が「通じない」のはあなたの「メディア力」が低いからだ,だから「メディア力」を高めるには自分を適切にアピールして,業務内容について同僚たちと話し合え,要するに良き社会人であれというのは,正論だが少しずるい気もした。でも,正論なので反論できない。(878字)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

自分を伝えることに熱心で誠実な人へ

2004/11/23 02:18

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:平野雅史 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 最近は、論理的コミュニケーションやプレゼンテーションに関する書籍が結構増えてきた。もとより「論理」は読んで字の如く論を尽くす道理なのだが、どうしても心が置き去りになっていく。本当に伝えたいのは「想い」だというのに、正論としての正しさの追求ばかりが先んじてしまう。
 本書は、著者が幾多の経験のなかで悩み・考えてきたコミュニケーションへのスタンスを伝えるものであり、志を込めたコミュニケーションへの方途を説く良書だ。

 本書で説くコミュニケーションスキル自体は、実際、必ずしも目新しいものではない。2.相手にとっての意味を考える、3.自分が一番言いたいことをはっきりさせる、4.意見の理由を説明する。要は、ここまでは「What−Why」の構造であり、ベーシックなものと言える。
 しかし、本書の肝は、伝わる前提となる1.自分のメディア力を上げる、そして、5.自分の根っこの想いに嘘をつかない、この2点に集約されるだろう。メディア力は「言葉は関係性の中で人の心に届く」と言い、共感を入り口にしたコミュニケーション、信頼関係あってのコミュニケーションとそのスタンスを説く。なにより、自分が本当に伝えたい想い、すなわち「根本思想」が届くことこそが目的だと言う。そう、単に自分の考えを通すということに留まらず、自分の想いを致すことに心血を割こうとする著者の姿勢に至極好感を持つ。
 実際振り返って思うのは、何のために人間関係に悩んだり傷つき傷つけているのだろう、また、何のために言葉のもどかしさに苛立ったり失望したりしながらそれでも言葉に心を砕こうとするのはなぜなのか。内面的な想いで繋がることを求めてのことではないのか。著者は「何歳になっても、どんな強さを手にしても、人と通じ合えないとき新鮮な痛みを感じ続けられる人は志が高い」と伝える。これほど斯様に、コミュニケーションに悩む者を勇気付けるメッセージはないのではないだろうか。
 
 考えを伝える汎用的な基本を押さえつつも而して内面的な「根本思想」で繋がることを訴える本書は、想いの世界観と外界とを繋げる契機を与える稀有な良書であると思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

編集者コメント

2003/10/29 03:15

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:鶴見 - この投稿者のレビュー一覧を見る

誰もが一度は、上手く話が通じないな……と悩んだことがあるのではないでしょうか。
反対意見の人を説得するとき、自分の意見は正しいはずなのに、何だか通じてないなと感じたり、意見はきっちり述べているのにどうも伝わってない感じがしたり。
人と話が通じ合う——それもこちらの思惑通り、もしくは、相手に共感を持たれるように——というのは難しいものです。
うまく人とコミュニケーションをとり、言いたいことを伝えるには、「何を言うか」だけが重要なわけではありません。
時として、「誰が言うか」が雄弁なことも。
ものを伝えるためには、日ごろから人との関わり合いの中で、自分というメディアの信頼性を高めていく必要があるのです。
「自分のメディア力を上げる」これが伝えるための第一技法。そして第二に……。
「通じる」と「通じない」の差は何なのか? 具体的な例をあげながら、究極のコミュニケーション技術を伝授する一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/21 23:27

投稿元:ブクログ

元・編集者が文章を通じて「どうすれば相手に自分の言いたい事が伝わるのか」という、文章の基本「わかりやすさ」を使って教えてくれる。これは文章書きだけじゃなく、日常でもうなづけることばかり。

2004/11/08 12:14

投稿元:ブクログ

自分の考えが相手にうまく伝わらないのは、なぜ?
単なるハウツーものではないコミュニケーション術を伝授。

2006/08/27 15:13

投稿元:ブクログ

ああ、なるほどなぁ、と思わせることがいっぱい書いてあります。どちらかといえば通じない相手にも読ませたいですね(笑)

2005/05/15 04:49

投稿元:ブクログ

すぐ感情的になる方なので・・・・性格はなかなか直せないけど、考え方を変えるヒントになればと思い、是非読みたい。

2005/10/30 01:52

投稿元:ブクログ

自分を「メディア」に例える発想が面白くて納得しやすい。ときおりメディア力をステイタスでしか計れない人というのもおりますが、社会には。

2006/06/15 23:42

投稿元:ブクログ

話が通じないことがある。理解されないと思うことがある。どうしたら私の話が通じるようになるんだろう? きっと多くの人が抱えているこの悩みに、作者がきっちり答えてくれます。自分の「メディア力」を高めること。私が話すから、話を聞いてもらえるんだ…っていう段階まで来れたら凄いよね。まだまだ遠い道のりです。

2006/04/08 21:05

投稿元:ブクログ

自分の意思や意見をまとめて伝える方法を改めて論理的に学んだという感じです。行き詰ったときに、ふと開くとヒントがもらえる気がする。

2005/10/26 00:49

投稿元:ブクログ

コミュニケーションの方法論の本。段階にわけて、わかりやすく示してくれる。小論文の先生の実績(?)から丁寧で、明快な語り口が好印象。「あなたのメディア力」という切り口が特に新鮮でいいな。会って話を聞いてみたいひと。

2005/11/26 03:25

投稿元:ブクログ

自己紹介のポイント
?前の人をまねしない
?自分の主旋律を伝える
?自分の意志をはっきり言う

ちなみにズーニーさんは女性です。

2006/10/19 09:57

投稿元:ブクログ

自分の話に興味をもってもらい、信頼、共感してもらうにはどうしたらいいか。メール等の例も入れて、とてもわかりやすく書かれている。決めの一言やユーモア。問いを入れてなら、通じ合えたりもする。なるほどと思いながら、その場で、これをうまく活用できるだろうか。がんばろう。

2010/05/28 14:52

投稿元:ブクログ

メディア力を高める

自分の聞いてもらいたいことを聞いてもらえるメディアになる

私たちは、何かを伝えようとするとき、伝える内容の方に一生懸命になる。しかし、聞く方は、予備知識も含め、あなたというメディア全体が放っているものと、発言内容の「足し算」で聞いている
「仕事を抱え込んでしまって困っている山田さん」が「新商品は、何をつくるかよりも、いかに新しい作り方をするかです」と言ったって、説得力がない。しかし、「新しいものづくりをしていると評判の山田さん」が、「新商品は、何をつくるかよりも、いかに新しい作り方をうるかです」と言えば、みんな「言いこというぞ」と聞き耳をたてるだろう。そういう状況の中で話し始めれば、同じことを言っても、より理解され、発言は通りやすくなる。発言が通れば、信頼感が増し、さらに発言が通りやすくなると、いいスパイラルになっていく
どうしたら、あなたが口を開く前に、周囲の人から、あなたの話を聞こうという気持ちを引き出せるか?どうしたら、クライアントが、あなたの企画書の表紙を開く前に、「あの人の企画なら間違いない」と思ってもらえるのか?

論理が通じ合う大原則は、
意見となぜ

考える道具とは、「問い」
「北朝鮮拉致問題をどう思うか?」と問われ、すぐ答が出るか?問題が大き過ぎて考えるのが億劫になるか、すぐ意見を言ってみても、うすっぺらいものになるか。こんな大きな問いのまま、考え始めても、思考があっちに広がりこっちに飛び、収拾がつかなくなって、「正解のない、難しい問題であった」と放り出したくなる。発見のない思索は、徒労感を強め、考えること自体への欲求をしぼめてしまう
こんなときは、具体的な「問い」を立ててみるのだ
この問題はいつ起こったのか?
関係しているのはだれだれか?
日本だけで起きたのか?よその国はどうか?
世界の歴史の中で、これに似た問題は何か?
そのとき、どう解決したか?
自問、自答、自問、答が出ない、調べる、答がわかる、さらにその答から疑問が生まれる、自問、自答、自問、自答、自問...
これを粘り強く続けることが「考える」作業

答がみつからず、どう考えていいかわからないときは、不安がったり落ち込んだりする前に、一つでもいいから「問い」をたて、自分にインタビューしてみよう

問題となっていることを、大きめに書いて丸で囲んでおく。タイマーで正確に3分(集中力を高めるため)計って、その問題について、思いつく限りの「問い」を書き出していく

意見を言おうとして言えないために、わざわざ極端に悪い例を引っ張ってきて裁く。悪魔の小論法

話全体を貫く大きな問い(問題意識)=論点
論点(問い)→意見(答え)
自分と相手が論点を共有していないと、会話はすれ違う
話が通じないときは、「何を言おうか」「どう言おうか」よりも「いま、相手はどんな問いに基づいて話しているのか?」「自分はどんな問いに基づいて話しているのか?」をチェックする

読んでいて目が留まる意見は、必ず裏に良い「問い」を持っている

問いを100個作る

時間軸・空間軸・人の軸で問いの視野を拡げる
時間軸 身の回りから世界へ
空間軸 歴史を押さえて未来へ
人の軸 人を軸にして問題を見てみる

考える力の基礎力
問題発見力
多角的考察力
論理的思考力

論理的に聞く
相手はどういう問いに基づいて話をしてるか?
相手の問いは、問題解決に結びつく有効な問いか?
先に検討しておかなければいけない問いなないか?

論理的に話すコツは「決め」
リスクを負って決めるからこそ、自分の判断が正しいか考え抜き、周到に根拠を用意し、他者を説得しようと努力するようになる
決め1 論点を決める
決め2 自分の意見を打ち出す
決め3 根拠を決める
決め4 話の構成を決める
決め5 人を決め、時間を決め、お金を決める
主語が曖昧というのは、責任の主体が曖昧

説得の筋道
論点→なぜ→意見
説得力は、要は「根拠の配列」

説得のシナリオを作る
初級 自分の論理で伝えてみる
現状→問題発見→原因分析→解決への提案

中級 相手が知りたいことから伝える
解決策としての提案→解決できる理由→提案内容→採用された場合相手に訪れる効果

上級 多角的に説得する
目標→課題→提案→反対想定→採用効果

先にメディア力ありき 
人は中身なんかで選んでいない 中身でなく、それがまとまっている情報で判断してしまう

人間は生だ。生の人間は、白黒はっきりつかず、ゆらぎ、変わり、さまざまな面を見せる。生を生のままで判断するのは億劫なものだ。こちらも揺らぎながら、じっと見続けねばならず、根気がいる。だから、「この人はどんな人か」、1、2回の印象で規定して、早くラクになりたい。もっと言えば、ぱっと見た印象で、さっさと規定してしまいたい

正論はなぜ人を動かさないか?
正論を言うとき、自分の目線は、必ず相手より高くなっているから
人に何か正しいことを教えようとするなら、どういう関係性の中で言うか?を考え抜くことだ
教えよとする人間を、好きにはなれない

情報占有率
自分にふさわしい「メディア力」を相手に刻むために、情報占有率を意識してみるといい
初対面には、そのときが100%になる

言葉は関係性の中で相手の感情に届く

情報は配列が命
相手が知りたい情報を先に、その後で「自分が言いたいことを」
共感を入り口にする 共感を得る→話す

カッとなって、90%の日常の自分を失ってはいけない

自分の身の丈を超えた物言いは、逆に、自分というメディアのサイズを小さく見せる

悩んでいる人を見ると、どうしても何かアドバイスしようと考える。相手を変えようという立場で話すと、相手の非を非難したり、相手を高い所から見たり、相手に変われと押し付けたりしやすい。そこで、矛先を自分に向けてみる。問題に対して自分はどう変われるか?変わったか?

言葉が通じないのは、通じるだけの信頼関係がないからだ

点より線、線よりベクトルで自分を��る

自分の仕事は、だれに?どのように役立っているか?

他人と「意見」を共有するのは、難しくても「問い」なら共有でき、信頼感も増す

恐れを動機として、決してものを書くまい

すべての言葉、すべての表現が、自分を外側から観たものに置き換える

通じるものには根拠がある
伝えたい物がある(切実な動機)
伝えるだけのものがある(10年以上の経験に象徴される)
伝える技術がある(表現技術)

2007/03/19 11:46

投稿元:ブクログ

何て言うんでしょうか・・そっっっそのとおり!!!あっそうだったそうなんだ!前半少し涙出た。良い本に出会えました。

社会学 ランキング

社会学のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む