サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

7/1【HB】hontoポイントおかわりキャンペーン(~7/31)

【HB】丸善日本橋店×hontoブックツリー ものがたりを楽しもう~作家と編集者がお薦めする この夏読みたい、ものがたり~ ポイント5倍キャンペーン(~8/14)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

救出 日本・トルコ友情のドラマ
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.7 3件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:小学生
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: アリス館
  • サイズ:22cm/101p
  • 利用対象:小学生
  • ISBN:4-7520-0254-X
  • 国内送料無料

紙の本

救出 日本・トルコ友情のドラマ (人と“こころ”のシリーズ)

著者 木暮 正夫 (文),相沢 るつ子 (絵)

明治23年、紀伊半島沖でトルコの船が難破。人々の懸命な努力で69人が救出された。95年後、イラン・イラク戦争のさなか、日本人を救出したのはトルコの飛行機だった…。2国の友...

もっと見る

救出 日本・トルコ友情のドラマ (人と“こころ”のシリーズ)

1,296(税込)

ポイント :12pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

明治23年、紀伊半島沖でトルコの船が難破。人々の懸命な努力で69人が救出された。95年後、イラン・イラク戦争のさなか、日本人を救出したのはトルコの飛行機だった…。2国の友情のドラマ。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

木暮 正夫

略歴
〈木暮正夫〉1939年群馬県生まれ。日本児童文学者協会理事長。「また七ぎつね自転車にのる」で赤い鳥文学賞、「街かどの夏休み」で日本児童文学者協会賞受賞。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー3件

みんなの評価3.7

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

トルコが親日国となったわけ

2007/03/27 10:25

10人中、9人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:塩津計 - この投稿者のレビュー一覧を見る

今を去ること117年前の1890年、和歌山県串本市の沖合いで一隻のトルコ軍艦が台風の影響で遭難した。軍艦の名は「エルトゥールル号」。暴風雨の中、乗員は次々と海に投げ出され、やがて近海の浜辺に流されたどり着く。暴風吹きすさぶ中、遭難した異様な風体の異様な言語を話す兵士たちを前に、当時の大島の村民はひるまなかった。「こりゃ、一大事だ」とばかり全村を挙げて遭難者の救助にあたり懸命に介護にあたり、実に69名ものトルコ海軍兵士が一命を取り留めたのである。この事件は、日本ではやがて忘れ去られたが、トルコではそうはならなかった。極東の島国でトルコの軍人が受けた恩をトルコ人は忘れようとはせず、トルコの教科書に「美談」として載せられ、100年以上に渡り連綿と語り次がれ、教えられ続けたのである。「トルコ人は日本人に恩がある。この恩は何時しか返さねば成らない」。エルトゥールル号遭難救助の美談を学校の教科書で叩き込まれたトルコ人たちは何時しかそう思うようになっていった。やがてそのときは訪れる。イラン・イラク戦争が勃発し、激化して、イラク軍がイランの首都テヘランをミサイルで無差別攻撃を開始したことでテヘランに居住する日本人駐在員約500人が孤立したのである。当時、日本には政府専用機は無く、日本の航空会社は「身の安全」を理由に救出に向かうことを拒否。欧米諸国も自国民救出で手一杯で、大量の日本人救出まで手が回らない。そうこうするうちにもテヘラン市内にはフセインが放ったミサイルが次々と着弾する。この時、立ち上がったのがトルコだった。「日本のみなさまのためにお役に立てるなら手を貸しましょう」。この様子はNHKのプロジェクトXでも取り上げられた。なんとトルコはテヘラン在住のトルコ人よりも日本人の救出を優先させたのであった。私はトルコにいったことがある。イスタンブールにいったらボスポラス海峡を臨むスルタンの離宮ドルマバフチェ宮殿を是非訪れて欲しい。そこで私は近代化に取組み失敗したオスマントルコ帝国の悲しみを見た。ドルマバフチェ宮殿は東京の赤坂離宮にそっくりの「近代的」な建物である。シャンデリアや階段の手すりを支える支柱はすべてフランスのバカラ製。規模は日本のそれよりも壮大であり、当時のオスマントルコの財力をうかがわせる大そうな代物だ。バカラのシャンデリアを大量発注するトルコ人。バカラを発注することで「私たちも文明人の一員ですよ」と人種差別の塊のような傲慢な欧州人たちに必死になってアピールしたトルコ人。大量受注に成功したフランスのバカラ本社ではシャンパンを空け祝杯があげられたことであろう。馬鹿でおろかなトルコ人たちを酒の肴にしながらフランス人たちは大はしゃぎしたことであろう。いくらバカラのシャンデリアを買い揃えようと、いくら洋服をきた軍隊をそろえようと、いくらベルサイユ宮殿並みの西洋建築を建てようと、ヨーロッパ人は決してトルコ人を同じ人間とは認めようとしなかった。その強烈な差別意識・侮蔑意識は今日になっても変わらない。トルコは平身低頭してEUに加盟させてくれと懇願しているが傲慢な欧州人たちは難癖を見つけてきては陰湿な妨害を継続している。こうした模様を見て、なぜトルコ人が日本人に異様に感謝し続けるのか分かった気がする。そう、トルコ人にとって日本人とは、自分たちをはじめて同じ人間として遇した同じ東洋の文明国だったのである。和歌山県串本にはトルコの費用で建立された壮大な慰霊碑が建っており、毎年記念行事がここで催されているという。こうした「友情」は大事にしたいものである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/20 06:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/01/15 22:59

投稿元:ブクログ

レビューを見る

ノンフィクション ランキング

ノンフィクションのランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む