サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~12/31

hontoポイント&図書カードNEXTが当たる!ぬくぬく読書キャンペーン ~1/10

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 5件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 日本放送出版協会
  • サイズ:20cm/261p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-14-005436-9

紙の本

白い犬とブランコ 莫言自選短編集

著者 莫言 (著),吉田 富夫 (訳)

中国農村の営みを詩情豊かに描く短編集。2003年度東京国際映画祭参加作品「暖」の原作「白い犬とブランコ」など、全14編を収録。【「TRC MARC」の商品解説】

もっと見る

白い犬とブランコ 莫言自選短編集

税込 1,870 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

収録作品一覧

竜巻 7-18
涸れた河 19-36
洪水 37-59

著者紹介

莫言

略歴
〈莫言〉1955年中国山東省生まれ。作家。76年に人民解放軍に入隊。85年「透明な赤蕪」でデビュー。著書に「紅い高粱一族」「白檀の刑」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー5件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

取り返しのつかない過失を犯した人間、絶対に克服できない制約を負った人間を、この作家は慰撫しない。一条の光射す結末にまとめようともしない。だが、ベスト級短篇集。

2003/11/26 11:15

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:中村びわ(JPIC読書アドバイザー) - この投稿者のレビュー一覧を見る

 家族もご近所も寝静まった深更、残りページが少なくなったこの本を読み上げようとページを繰っていた。行きつ戻りつ——決して肥沃ではないが、緑や水に日の光、小さな生き物など、自然は豊かな中国の農村や里山の光景を現出させる詩的な描写が、心を捉えてすいすい先へ進むことを許してくれない。
「坂を下ると、小さな石橋だった。肉を売って県城からもどってくると、石橋はいつも河の上に伏せては、腰を曲げ、首をかしげ、尻尾を振りして微笑むのだった。そのたびにわたしは、ネコ車がその背中にかかったとき、橋がわたしたちを河に振り落としはしないかと、それが心配だった。そんなことは起こったためしはなかったが、いつだって起こりうるし、いつかは起こると感じていた」(219P『豚肉売りの娘』より)——こんな特異な書き方をした場所もある。
 本を読むことは、数はこなさなくても、作家の内面にいかに深く潜行し、もうひとつの生を生かしてもらい、もうひとつの視座を獲得するかが大切なのだと思わせられる(時に浅すぎて、こちらの意図が叶えられないものがあっても)。自分にとっての「読む価値」を確認し、喜びがあふれてくる。そういう描写である。

 ふと、何かがかたりと音を立てる。寝床から這い出していって見るまでもない程度の音だ。しかし、魔法のような描写につづけて侵されているところであるから、確かめたい気にはかなりなっている。
 玄関の扉を開けると、そこには腹をすかせたやせっぽちのこぎつねが立っているのではなかろうか。そのきつねは、本当は人間の男の子に化けて私の家を訪ねたかったに違いない。でも、あんまりお腹がすきすぎて、化けるための力が残っていなかった。あの音は、こぎつねが尻尾で私にノックをした音ではなかったか。

 本書は、現代の中国文学界を代表する作家である莫言自身が、中国で出版された全3巻『莫言小説精短系列』という短編小説精選より、日本の読者のためにさらに選び出した14篇を編んだアンソロジーである。
 川端康成『雪国』の描写の一節がきっかけで、「高密県東北郷」という莫言専属の文学領土が生まれた旨、巻頭言が付されている。ある作家が書いた短い描写が、文学史に残る偉大な作家の拠って立つ領土を作り上げてしまう。文学や芸術作品というものは、そのように人の原型に揺さぶりをかけ得る「かけら」を秘めたものなのだろう。それこそが本物なのだと言い切ってしまうこともできはするが…。
 さらに巻末には、米国スタンフォード大に招聘された折の講演「飢餓と孤独がわが創作の原点である」も収められている。中途半端だが、最後の部分を引く。
「〜奥底を流れているのは同じ一つのものです。それは、飢餓に追い詰められた子供のすばらしい生活に対する憧れなのです」(257P)
腹をすかしたこぎつねのようだった少年が、作家になれば腹いっぱい食べられると聞かされて創作を始めた経緯が、つつましやかな口調で語られている。

 ここにある小説は、ペンネーム「言う莫(なか)れ」が表しているように、何から何まで語り尽くし物語をまとめ上げるような真似はされていない。働くこと、食べること、睦みあうこと、遊ぶこと、思いを抱くこと——言葉の魔術は作用しているものの、生の区切られた時間だけが、小説的真実として、ただ生き生きとうごめいている。
 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/11/25 18:19

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/06/06 21:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/15 19:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/11/06 04:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。