サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~9/30

丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  “翻弄される”愉しみ~意外な展開、複雑な恋心、衝撃の結末~ 10/27

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 12件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 国書刊行会
  • サイズ:20cm/368p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-336-04563-1
  • 国内送料無料

紙の本

小説・読書生活

著者 関戸 克己 (著)

乱反射する読書生活の物語である表題作のほか、川岸の寂れたレストハウスで、彼岸と此岸がごたまぜの時間が展開される「猫が嗅いだ匂い」など全4編を収録した短編集。不条理なユーモ...

もっと見る

小説・読書生活

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

乱反射する読書生活の物語である表題作のほか、川岸の寂れたレストハウスで、彼岸と此岸がごたまぜの時間が展開される「猫が嗅いだ匂い」など全4編を収録した短編集。不条理なユーモアがあふれる幻想文学の極北。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

小説・読書生活 5-136
猫が嗅いだ匂い 137-170
観光用虹発生装置 171-186

著者紹介

関戸 克己

略歴
〈関戸克己〉1962年北海道生まれ。音楽・絵画・造型・映像・小説など多面的に活動したが、2002年死去。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー12件

みんなの評価4.4

評価内訳

紙の本

夢のまま

2003/12/07 01:58

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:黒塚 - この投稿者のレビュー一覧を見る

「小説・読書生活」を読んだ。
ページを捲るごとに、そこに書かれている文字は正しく「夢」を綴っていた。
夢には斜め45度に傾いたようなリアリティがあるが、それをそのまま表現できている作品を、私は読んだことがなかった。
夢を模した作品ならいくらでもある。
また夢の不条理さを著そうとした作品もたくさんある。
しかし、この作品は「夢」そのものなのだ。
夢の次元は二次も三次も四次も混線した状態で存在する。
だから無茶苦茶な場面展開や時間の超越も、夢の中では大きな疑問にならない。
そして目が覚めた後に、「変な夢だったなぁ」と思うのだ。
その感覚を「読書生活」では味わえる。
脳内から生み出される喩えようのない感覚を、ここまで文字に写しきっている文学というのは、たぶん、本邦初、いや、世界初といっていいのではないだろうか。
グレゴール・ザムザの体験も、一千一秒の物語も、「小説・読書生活」に比べれば、はるかに現世の律に従っている。
寒天の様に頼りなく、そのくせ崩れない世界がここにはある。
この本が著者関戸克己氏の処女作にして、遺作だという。
最近、既成のジャンルに収まりきれない優れた幻想的作品を多く目にするようになった。
関戸克己氏は確実にその先駆者であり、やがて中心的存在になる才能だったと確信する。
そう思うと、真に哀惜の念に堪えない。
氏のご冥福を心からお祈りするとともに、この作品を私たちに届けてくださった関係者の方々に心からお礼を申し上げたいと思うのである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2008/10/02 21:37

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/12/29 21:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/02/02 19:43

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/09/24 15:18

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/06/13 09:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/01/19 14:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/17 00:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2009/12/07 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/03/29 23:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/04 17:48

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/04/10 18:03

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。