サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

第二阿房列車(新潮文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 23件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 新潮社
  • レーベル: 新潮文庫
  • サイズ:16cm/248p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-10-135634-3
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

第二阿房列車 (新潮文庫)

著者 内田 百間 (著)

第二阿房列車 (新潮文庫)

529(税込)

ポイント :4pt

紙の本をカートに入れる

電子書籍化お知らせメール

電子書籍化お知らせメールサンプル

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー23件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (8件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

乗鉄極上のバイブル

2012/10/26 10:01

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ゆきだるま - この投稿者のレビュー一覧を見る

第三阿房列車で話が終わってしまうのが、悲しい!もっといろいろな阿房列車の旅を語ってほしかった。続きは私がと思うものの文才が無いのがもっと悲しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2016/07/18 16:21

投稿元:ブクログ

百けん先生が走らせる、阿房列車の第二号。雪中新潟阿房列車と春光山陽特別阿房列車は、先に読んだ内田百けん集成に収められていたため、未読の雪解横手阿房列車と雷九州阿房列車(前後章)のみを拾い読み。

雷九州阿房列車はまさに危機一髪という状況をさらりと語り、かろやかな中に観察眼の鋭さ、描写力の適切さが活きる名編。もっとも、阿房列車はフィクション部分が多いようなので、どこまでが本当の体験談だか判らないけれど。

このシリーズでは第一作の飄逸さが一番良いという評価が多いようだが、しかし、第二列車でも独特のユーモアは健在。東洋軒ネタや日本食堂ネタで伏線を張るなど、構成の妙も魅せる。

2016/01/30 17:13

投稿元:ブクログ

「雪中新潟」「雪解横手」「春光山陽」「雷九州」の四篇。「春光山陽特別」は珍しく「新しく走り始めた特急の一番列車に乗りに行く」という「目的」がある。相変わらず列車に乗っているか旅館で酒を飲んでいるかだけの随筆である。
「抑も、話が面白いなぞと云うのが余計な事であって、何でもないに越したことはない。」
巻末に何故か鉄道唱歌の第一集と第二集が掲載されている。

2007/06/21 22:13

投稿元:ブクログ

ハマクラカムが好物という先生は、「半知り」という絶妙な表現をなさる。気の置けない間柄でもなく、かといって無視するわけにもゆかない他人との関係をいうらしい。半知りと二等車(今のグリーン)で出会うとバツが悪いというのである。確かに私もそういう時は身を小さくして時が過ぎるのを待っている。

2011/08/07 20:31

投稿元:ブクログ

第一阿房列車を読んだ後、絶対第二も買おう、と意気ごんでいたのですが最寄駅の古本屋に立ち寄ったらなんと百閒先生3冊発見。コレは買わなくては!と買ってまいりました。

まったくもって面白い旅行記(と言うのか?)です。段々、先生がいらした旅館や宿屋が自分のなじみになってしまったような親近感があって面白い。山系君も良くまあこんな大変な人と付き合って旅行したなあ、と。長時間の列車の旅行。大変だったろうなあ…

昔、学生時代に青春18切符を買って、千葉から金沢まで行ったり、神戸まで行ったりしたよなあ~。青春18切符は特急に乗れないので良くて快速どまりで色々と駅があるなあ、と感心しつつ乗ったのを覚えております。

なんとなく旅に出たくなる本です。でも一人旅ではなく、気の置けない(出来れば山系君みたいなよく動いてくれる)友人と電車に揺られてみたいものです。

2008/01/15 18:53

投稿元:ブクログ

車窓を流れる素晴らしい光景を愛で、対面で座る無骨で無口の男に愚痴を吐きつつ、先生は列車に揺られます。

2008/09/02 20:47

投稿元:ブクログ

http://blog.livedoor.jp/masahino123/archives/65138828.html

2012/10/27 13:21

投稿元:ブクログ

旅でない旅だから

【内容】
雪の新潟。雪の横手再訪。新しい特急に招待された。雷雨の九州行。旺文社文庫版は付録いろいろ。鉄道唱歌ぜんぶが入ってたり。長部日出雄さんの解説があったり、ヒマラヤ山系・平山三郎さんの解説があったり。百閒マニアでない人には便利かと。

【感想】
《今、うつつに見てゐる窓外の山の姿も、さう云へば夢の中の景色の様な気がしない事もない。》(p.59)いつもそうだが、先生の文は、どこか夢の中のように幻想的ではある。ちょっと違う世界にいる人なのだろう。

読んだのは旺文社文庫版。

(2012年10月25日読了)

★阿房列車に関するてきとーなリスト

【アイスクリーム】《家にゐるとさう行かないが、旅行に出れば私はアイスクリームばかり食べてゐる。好きなのだらうと思ふけれど、どこがどういいのか、考へて見た事もない。味もよくわからない。》(第二p.102)
【阿房列車】目的もなく、予定も立てず、ただ汽車に乗って、行って帰ってくるだけの旅が阿房列車。宿の手配など面倒なことは他の人がやってくれるようだ。
【甘木君】ヒマラヤ山系の知人で、鹿児島阿房列車のとき、広島で案内役になってくれた。几帳面で遠慮深くて髭面らしい。
【大手饅頭】岡山のお菓子。先生はこれが好きなようだ。《饅頭に圧し潰されそうだが、大手饅頭なら潰されてもいい。》(第二p.91)。ボクも岡山産だが、お土産として唯一認めているのが、これ。
【諫子さん】長唄のお師匠さん。
【駅長室】駅に降りるたびに駅長室に行く。そんなに気軽に寄れるものなんやろか。そしてだいたい親切にしてもらえる。いちおう先生は有名人やから?
【岡山】先生の鄕里。《ちつとも歸つて行かない鄕里ではあるが、鄕里の土はなつかしい。》(p.116)
【温泉】先生は温泉に入りたくない。みんなが好きやから。でも主義というほどでもないので浅虫温泉で入ることになった。
【かもめ】新しく編成された特急。京都〜博多間を走る。先生はこれの一番列車に招待された(招待前から乗るつもりだった)。京都から広島までは機関車を替えずに走るそうで、これは性能の限界に挑戦なのだそうだ、
【京都御所】この当時は予約なしで入れたようだ。
【銀河】寝台特急。宮城道雄が乗って先生に感想を述べた。後の彼の事故も「銀河」。
【懸念仏】先生の教え子のようだ。「東北阿房列車」で登場。身体を壊して酒を断っている。
【蝙蝠傘】えらい先生は蝙蝠傘を忘れて来る。らしい。辰野隆先生が実証した。
【産業物産館】鹿児島阿房列車の広島でちらっと出てくる。《天辺の円筒の鉄骨が空にささり》・・・今の原爆ドームのことやろう。
【失敗】酒の失敗というのは他人に迷惑をかけることではなく、次に飲むときイヤな気分になるようなことやそうや。
【食堂車】ボクは食堂車でものを食したことはないが、先生はつねに入り込む。そしてやはり飲む。居心地いいみたいや。ボクもいつかちゃんと利用したい。
【高崎山】たかざきやまと読むらしい。このころから猿の名所になったようだ。農産物への猿害を猿観光で取り戻す目論見だったようだ���近辺では毎日のように記事が出るくらい猿に夢中だったとか。
【はと】大阪まで行くときに乗った長距離列車。C62が引っ張ってた。
【バナナ】若い娘がしずしずと売りにきて、食べたいのだがガマン。
【腹が減る】なまじ食べるからそのあと腹が減る。食べなかったら腹は減らない。う〜ん?
【ヒマラヤ山系】国有鉄道職員。一人旅のイヤな「私」の相棒兼荷物運びに選ばれる。ボロボロのボストンバッグを提げたヒゲの濃い男。「はあ」という返事ばかり。二編目には「ヒマラヤ山」と短くなってることもある。いちおう、先生の昔からの愛読者らしい。日本全国どこにでも知り合いがいる。正体は平山三郎という偉い人らしい。先生はだいたい本名のもじりて書いてるみたい。雨男だと先生は言う。が、もしかしたら先生のほうが雨男なのかも?
【ボイ】むかしの列車にはボーイがいて、いろいろ尽くしてくれたらしい。先生のワガママにも平気で対応してくれている。サービスいいなあ。
【明解国語辞典】金田一京助の編んだ辞典で先生はお気に入り。「きんだいち」ではなく「きんたいち」と読むのだと「東北阿房列車」の駅名を見て決めたようだ。ちょうど渋民のあたり。石川啄木と金田一京助は親しかったと思うが、金田一という姓はこの辺に多いのかもしれない。
【椰子君】編集者。律儀に見送りにきた。先生にとって物騒な行動をとろうとした。
【八代鴉】があがあ、があがあ、と声柄が悪いらしい。何度も八代に行った先生の顔なじみのようだ。
【夢袋さん】国有鉄道職員。見送りにきた。先生にとって物騒な行動をとろうとした。
【私】なかなか身勝手なオモロイ先生。えらそうなのに細かなことを気にしてうだうだ考えている間にものごとは進んでしまう。雷は怖い。

★引用

少し早目に乗り込んでゐて、さうして発車を待つ。なんにもする事はない。その間の時間が実にいい。神聖な空白である。(p.14)

凡そ長さのある物は、長い程えらい。(p.16)

肉感の中で一番すがすがしい快感は空腹感である。(p.34)

預けられない大事な物は、弁当の包と二本の魔法瓶である。(p.35)

唄や三味線や踊はよく解らないにしても、その芸全体の味と気品は解る。(p.52)

今のところ私は、差し当たつて他に用事はない。ゆつくりしてゐるから、ゆつくり話す。読者の方が忙しいか、忙しくないか、それは私の知った事ではない。(p.65)

車内には私に接触し関聯する社会はない。(p.123)

何を考へるかと云ふに、なんにもする事がないと云ふ事を考へる。さうしてその事の味を味はふ。何もする事がなければ、どうするかと云ふに、どうもしないだけである。(p.123)

今時分ここへ這入つて飲み食ひしてゐる連中は、皆お行儀の悪い人人だと思ふ。しかし私に限つて、さうではない。(p.124)

そこへ註文の料理が出た。料理と云ふ程の物ではない。何を食べたか思ひ出せない位である。(p.126)

小さなテーブルの上の銀器や杯がいやに明るくなつた頃、窓の外はもう暗かった。(p.133)

所在がないと云ふのが一番難有いのだが、難有いけれど所在がない。(p.170)

2009/08/18 21:49

投稿元:ブクログ

第一阿房列車の続編です。

筆者&ヒマラヤ山系の名コンビが、行く先々で食べ物やお酒に舌鼓を打ったり、車窓から景色を眺めながらウトウトしたり、停車時間の合間に会いに来てくれた知人と慌しいやりとりを楽しんだり。そんな相変わらずマイペースな展開に笑ってしまいます。

タイトルに列車とあるだけに、旅先での思い出にはさほど触れず、旅先へ向かう電車でのあれこれが細かに語られています。
旅行は、道中にこそ醍醐味があるのだと感じさせられます。

2014/01/22 15:21

投稿元:ブクログ

阿房列車第二弾。

相変わらずの用事もない
のんべんダラリな列車旅ですが
何だか面白い。

今回は雪の東北が多めでした。

2010/05/08 01:55

投稿元:ブクログ

「第一」と同じく、カヴァー写真によってこれを選んだ。 雪中新潟阿房列車 雪解横手阿房列車 春光山陽特別阿房列車 雷九州阿房列車 前章    同    後章この版の嬉しいところは、巻末に「鉄道唱歌」(大和田健樹 作歌)第一集・第二集が収められていること。脚注として通過駅名、および楽譜(二種類)つき。私はこれを大事にしています。汽笛一声新橋を(き〜てきいーっせいしーんばーしを〜♪)と、歌える人は多くても、これが第一集は「東海道」で66番(神戸まで)、第二集は「山陽、九州」で(新たに1番から始まって)68番まである、とご存知の方は少ないのでは…??この、第二集の58番(鳥栖)から68番までは、長崎本線の歌。実は、幼い頃から馴染んでいたのでした。64番で長崎に着き(「汽車」の西の涯)、「前は海原」を眺め「外つ国」にまで思いを馳せる(67番)、この歌が私は大好きです。 前は海原はてもなく   外つ国までもつづくらん あとは鉄道一すじに   またたくひまよ青森もこの際なので、鉄道唱歌・第二集最後の68番を引用して、百?の阿房列車への賛辞に代えます。 あしたは花の嵐山    ゆうべは月の筑紫潟 かしこも楽しここもよし   いざ見てめぐれ汽車の友お馴染みの鉄道唱歌の旋律で歌ってみてください。無性に旅に出たくなりもし、また『阿房列車』のようなものさえあれば、居ながらにしてどこにだって行ける、とも思われます。

2014/10/25 23:06

投稿元:ブクログ

【本の内容】
ただ列車に乗るだけのための内田先生の旅は続く。

「汽車が走ったから遠くまで行き著き、又こっちへ走ったから、それに乗っていた私が帰って来ただけの事で、面白い話の種なんかない」。

台風で交通が寸断する九州では、なぜか先生と弟子の「ヒマラヤ山系」が乗る汽車だけはちゃんと走り「無事に予定通りに行動しているのが、相済まぬ」。

悠揚迫らざるユーモアに満ちた、シリーズ第二弾。

[ 目次 ]
雪中新潟阿房列車―上野‐新潟
雪解横手阿房列車―上野‐横手‐横黒線‐大荒沢
春光山陽特別阿房列車―東京‐京都‐博多‐八代
雷九州阿房列車・前章―東京‐八代
雷九州阿房列車・後章―八代‐熊本‐豊肥線‐大分‐別府‐日豊線‐小倉‐門司

[ POP ]
何も用はないけれど、取りあえず汽車に乗って大阪に行ってきたから始まり、三作を数えた阿房列車だが、微苦笑を誘うとすれば本二作目だろう。

いつも一人で旅ができないからお供に「ヒマラヤ山系」という年若い男を連れ、何とは無しに旅行に出かける。

だが、そこは野次喜多よろしく平穏無事なわけは無くて、新潟に出かけ地元の新聞記者のしつこい取材に、辟易したこんにゃく問答や、どうでも良い百閒の問いかけに、糠に釘の返事しかしないヒマラヤ山系など、うやむやのまま旅は進んでいく。

脱力系かと言われればそうかもしれないが、神は細部に宿り給う。

小さな出来事の積み重ねに、苦虫を噛み潰した様な、著者の魅力が詰まっているのだ。

時は戦後からやっと落ち着き、高度経済成長時代の前夜。

百閒の愛した戦前の匂いが漂う、時代が作った作品といえるだろう。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

2011/09/04 09:16

投稿元:ブクログ

第一阿房列車に見られたしつこいまでの屁理屈が影をひそめた感がある。
「第一阿房列車」とどことなく違いを感じていたが、同様の指摘が解説に書かれていた。

2011/09/23 18:28

投稿元:ブクログ

弟子の山系君になって旅のお伴したかった!夜行列車で快適に酒を飲む術を伝授してもらおう。大分の竹田駅の情景描写が印象的。乗り物好きにはたまらないマニアックな視点と、旅好きにたまらない旅情感が同居する紀行文学です。

2013/08/26 00:22

投稿元:ブクログ

相変わらずのマイペース飲んだくれ旅。

八代が気に入ったようで、3度目の宿泊。この後もたびたび訪れているらしい。

九州への旅はこの巻だけでなく各巻で紹介されていて、地理がわかるひとにはなかなか面白いのではないかと思う。

新潮文庫 ランキング

新潮文庫のランキングをご紹介します一覧を見る