サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ブックオフ宅本便ポイント増量キャンペーン ~4/15

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 暮らし・実用の通販
  4. 妊娠・出産・育児の通販
  5. 岩崎書店の通販
  6. 怠けてなんかない! ディスレクシア 読む・書く・記憶するのが困難なLDの子どもたちの通販

「honto 本の通販ストア」サービス終了及び外部通販ストア連携開始のお知らせ
詳細はこちらをご確認ください。

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.5 9件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 岩崎書店
  • サイズ:19cm/247,8p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-265-80126-9

紙の本

怠けてなんかない! ディスレクシア 読む・書く・記憶するのが困難なLDの子どもたち

著者 品川 裕香 (著)

知能に問題がないのに読み書きができない「ディスレクシア」(読み書き、記憶が困難)という障害。親や教師はどう対応するべきか。その症例と具体的な方法を紹介。巻末には、チェック...

もっと見る

怠けてなんかない! ディスレクシア 読む・書く・記憶するのが困難なLDの子どもたち

税込 1,430 13pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

紙の本
セット商品

子育て応援シリーズ 14巻セット

  • 税込価格:20,130183pt
  • 発送可能日:購入できません

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

知能に問題がないのに読み書きができない「ディスレクシア」(読み書き、記憶が困難)という障害。親や教師はどう対応するべきか。その症例と具体的な方法を紹介。巻末には、チェックリストや相談機関連絡先リストも掲載。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

品川 裕香

略歴
〈品川裕香〉1964年兵庫県生まれ。早稲田大学法学部卒業。出版社勤務を経て独立。日本子どもの虐待防止研究会会員。著書に「嫌な子・ダメな子なんて言わないで」など。

関連キーワード

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー9件

みんなの評価4.5

評価内訳

  • 星 5 (5件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (2件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

日本のディスレクシアの本人の話をていねいに聴き、その思いを語る本

2009/02/09 01:02

8人中、8人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:wildcat - この投稿者のレビュー一覧を見る

ディスレクシアについて書かれた本は、本人が書いたもの、親が書いたもの、研究者が書いたものが何点かあるが、海外の本を翻訳したものが多い。

この本は、日本のディスレクシアの本人の話をていねいに聴き、その思いを語った本で、出版から6年経っても存在感がある一冊である。

日本語には、仮名があり、発音と文字が比較的近いので、英語圏に比べるとディスレクシアは少ないのではないか、いないのではないかと専門家の間でも言われていたため、いやいや日本にもいるのだということを本人の言葉を集めて示したという意味でも、この本の功績は大きい。

ちなみに、各言語と脳の働き、ディスレクシアの特徴については、『プルーストとイカ』に詳しい。

"Dyslexia"を「ディスレクシア」と訳した意味、「読み書き障害」ではなく「読み書き困難」を使っている意味をきちんと述べていて、著者の立ち位置を示すと同時に、当事者の思いをしっかりとすくい取っている点も評価できる。

大切な部分なので、引用したい。

「尚、日本ではディスレクシアは医学用語として、「失読症」、一般的には「難読症」「読み書き障害」と訳されますが、この表現では単に「読めない」障害という誤解を招きやすいと思い、本書ではあえて「ディスレクシア」とカタカナで表記しています。また、「読み書き障害」を「読み書き困難」と表記しているのも、適切な教育的支援を受ければ、かなりフォローできる現状があるからです。彼らにとっての、"専門的支援"は視力の弱い人にとってメガネのようなものではないかと考えています。」(p.9)

本書に登場するディスレクシアの当事者は、個人として登場する6人、親と一緒に登場する4人の計10人である。

各人のページの最初で、「読み」、「書き」、「聞く」、「記憶」の4項目と特徴的な困難がまとめられているが、ひとくちにディスレクシアといっても、10人いれば、その特徴も文字通りの「十人十色」なのである。

ある当事者は、「五線譜の五線は分かるが、音符は全部、つながって見えてしまう」し、「教科書は黒板の文字が丸くつぶれでグシャっと見える」。

またある当事者は、やはり、五線譜が見えないけれど、それは、「五線譜がつぶれたように見えてしまい、音符が読みにくい」から。

読めない理由も、「飛ばし読みが多く、書いてある内容をつかみにくい」人もいれば、「逐次読みになるため、意味がとれない」人もいる。

書けない理由は、「頭の中にあることを文章に起こすことが苦手」な人もいれば、「文字の形がすぐに思い浮かばないため」に書くのに時間がかかる人もいる。

記憶は、視覚的な記憶が得意な人と聴覚的な記憶が得意な人がいて、得意ではないほうは極端に苦手だったりする。

短期記憶が良くなくて、指示をすぐに忘れてしまう人もいる。

ディスレクシアは、本当は、読み書き困難の一言では言い尽くせないのだと思う。

6人の個人、4組の家族にそれぞれのドラマがある。

それぞれに苦悩や二次障害があり、苦しみながらも自分の道を見出していく。

絶対音感があり、いつも頭の中に音楽がある梨花さんは、曲作りを始めた。

大輝くんは、パソコンゲームと出会い、コンピュータ・グラフィックスの道を見つけた。

教之さんは、米国に渡り、ジャズ・ドラマーになった。バークレーの音楽大学で、はじめて文章の書き方、構造を学び、英語で小論文が書けるようになったという。

山本さんは、息子さんの療育がきっかけで自分がディスレクシアと分かったという。子どものことで自分のことに気づく場合も多い。

苦悩のドラマだけど、目を逸らそうとは思わなかった。一気に、引き込まれていった。

そこに、あるドラマは、冒頭で語られていた通りだったからだろう。

「本書で紹介するディスレクシアの人・親御さんたちは、長い長い間、暗く深い森をさまよいました。でも、諦めなかった。何度挫折しても、出口は必ずあると自らを奮い立たせてきて・・・・・・そして見つけたんです。生命がきらめく生き方を。」(表紙見返し)

第1章では、本人たち6人、第2章では親子4組(語りは親)、続いて第3章では、専門機関として「大阪医科大学LDセンター」、民間機関として「神戸YMCA」、学校として「通級指導教室・東京都杉並区立中瀬中学校「中瀬学級」」、「向陽台高等学校」が登場する。そして、第4章でディスレクシアの本質論やアメリカの教育事情の紹介になる。

最初に本人の言葉ということに大きなインパクトを感じるとともに、本人や家族のドラマだけで終わらせてはいけない、支援体制と本質的な理解が必要であるということを再認識できる章構成になっている。

著者が、なぜ本人たちの言葉を斯くも引き出すことができたのか、なぜ本人たちが直接目の前で語っているかのような説得力がこの本にあるのか。

その答えの一端はあとがきで語られている。

小学校2年生のときに、お父さんの仕事の関係でアメリカに引っ越した著者は、地元の小学校に転入し、そこで先生が話していることがわからない、黒板の字も読めない、覚えられない、わからないという経験、劣等感に苛まれる経験をしていたのだ。

「努力をしてもわからないという日々がいかに孤独でしんどいか」。

そして、人種差別もいじめも経験するけれど、それを訴え出たご両親の話を聴き、校長先生が彼女に言ったのだという。

「今まで、がんばていたのに辛い思いをさせていましたね。何も気づかなくて悪かった。いいですか、キミは世界でたった一人の、特別な存在なんですよ。キミは今のままでいいんですよ、誰に何を言われようとそのままでいいんです」。(p.244)

そのときのぬくもりとメッセージは、ずっと支えになったのだと。

その経験は、著者の心に強く刻まれ、それがディスレクシアの当事者への深い共感になっているのだ。

彼女のあとがきは、こう締めくくられている。

「先に生まれた人間の責務として何ができるか、今後も自分なりに考えていきたいと思っています。事情を知ってしまった以上、もはや知らなかったことにはできないでしょう?」。(p.246)

著者の取材活動の根底には、常にこの思いがあるように感じられる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

これほどとは・・・・・・。

2009/05/04 02:42

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:それ行け!!残飯マン - この投稿者のレビュー一覧を見る

●かなり認識不足を戒められました。これを読まなかったらこれに登場するようなキ印教師に準ずる存在に私がなっていたかもしれません。程度の問題ではなくかなり認知の仕組みが異なっているということです。理解力不足とか段取りが悪いとかそういうことでは全く無い本当に根本から異なるので標準的な授業形態では彼らにとって拷問以外の何者でもありません。それにもかかわらずどの子もどの子も頑張り過ぎるくらい頑張ってそれでも空回りする様が切なくて切なくて、読めば判るのですがよくある努力してあと一歩及ばずとかそういう次元ではないんです。精一杯の力を振り絞って寝る間も惜しんで時間もかけているのにほんの少ししか前に進めない本当にほんの少しだけ。これを続けたら多分死んでしまうでしょう。どうにか勘と空気を必死に読むことで学校生活をしのいでいるもどかしさが生々しく伝わってきました。
●本人たちの経過も興味深かったですが人それぞれの歩み歴史を覗かせてもらえてとても楽しかったです。まだまだ若い方がほとんどですが試行錯誤・紆余曲折そして突破のきっかけは我々が読んでも役立つはずです。一緒にいろんな人たちの子供時代を旅することができて何だか忘れていた様々なことを思い出しました。悲しいことも多いですが非常にノスタルジーをくすぐります。
●でもやっぱり本はすらすら読めるようになって欲しいですね。これだけお手軽で時間を忘れられるツールと付き合えないのはおせっかいですけどもったいない。医学と心理学の進歩を祈ります。自分も関心を持ち続けようと思います。
●この子供たちの特徴として情緒的には非常に安定しているということです。上で書いたとおり際限ない努力が続けられるのも感情が安定しているからでしょう。当方ような者よりも対人関係だって上手かもしれません。もしこの本を読んでうちの子もと思った親御さんに注意を喚起します。学習だけでなく性格面でも特異な場合ディスレクシアではない可能性がありますので初めから下人の招待を絞り込みすぎる性急な対応はできる限り避けてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。