サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

【ネットストア】カレンダー全品ポイント最大10倍キャンペーン

【HB】丸善丸の内本店×hontoブックツリー 編集者がオススメする他社の本!(~12/10)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

神は沈黙せず
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 48件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.10
  • 出版社: 角川書店
  • サイズ:20cm/497,10p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:978-4-04-873479-0
  • 国内送料無料

紙の本

神は沈黙せず

著者 山本 弘 (著)

21世紀に入り世界中で超常現象が発生。2012年、神がついに人類の前にその存在を示し、私の兄は「サールの悪魔」という謎の言葉を残して失踪した…。現代人の「神」の概念を根底...

もっと見る

神は沈黙せず

2,052(税込)

ポイント :19pt

現在お取り扱いができません

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

21世紀に入り世界中で超常現象が発生。2012年、神がついに人類の前にその存在を示し、私の兄は「サールの悪魔」という謎の言葉を残して失踪した…。現代人の「神」の概念を根底から覆す長編エンタテインメント。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

山本 弘

略歴
〈山本弘〉1956年京都生まれ。トンデモないものをウォッチングする団体「と学会」会長。著書に「ラプラスの魔」「サイバーナイト」「サーラの冒険」「時の果てのフェブラリー」など。

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー48件

みんなの評価4.0

評価内訳

紙の本

と学会代表のトンデモへの姿勢もわかる著者の最高傑作。

2013/09/16 10:51

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:わびすけ - この投稿者のレビュー一覧を見る

SFとしてもよく練られているし、オチも巧い。この作品の味わい方は小説として楽しむことと、途中に織り交ぜられたトンデモな人たちのエピソードと、それに対する主人公の気持ちを、著者のスタンスの反映として楽しむこと。起こってしまった不可思議な現象に悩む人たちに同情しつつ、なぜなのかを科学的に突き詰めて考えていく。この二つの作業がなければトンデモをめぐる言説は不毛になっていくと思う。ユングの『ヨブへの答え』と併せて読んでもらいたい傑作。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

論。豊かな国に生まれた者が負う「負債」、山本流の返し方。

2003/11/20 23:21

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:3307 - この投稿者のレビュー一覧を見る

物語の本筋を伝えるだけなら、書き割りで十分な背景も、
山本さんは手を抜かない。

足を止めてじっくり世界観を賞味したい人のために
丁寧に素材を見せていく。
例えば、「トンデモ本」「経済」「歴史」「神学」。

舞台は近未来。先送りされた問題により日本経済は破綻。
インターネット環境はいよいよ整い、CG技術の発達により
映像や音声が証拠能力を失った世界。

中心は5人。

【和久優歌】わく・ゆうか 記録者・目撃者。妹。
【和久良輔】わく・りょうすけ 天才プログラマ・解明者。兄。
【加古沢黎】かこざわ・れい 天才作家・煽動者。
【柳葉月】やなぎ・はづき 人の読み手。
【大和田省二】おおわだ・しょうじ 導師・確認者。

■「人にとって“真理”とは、自分が信じたいものの
■ ことにすぎない。それが本当に真理かどうかは無関係だ」
■(——P008)

神・宇宙・人の存在に、科学の力でまっこう勝負。
突き詰めても息苦しくはない本書の雰囲気は、
山本さんが、少年の力を持ち続けた証。

「そんなのおかしいじゃないか。ぜんぜん納得できない」と
固く拳を握りしめた子が、活字の向こうに浮かぶよう。

だから、断言できるまで調べ続けた。
そして、高らかに歌い上げた。

■「あれは単なるゲームじゃないんだ」
■ いっしょに夕食を食べながら、兄は熱く力説した。
■「遺伝的アルゴリズムの有効性を世間にアピールする、
■ 一種のデモンストレーションだと思ってる。目で見るのが
■ 一番分かりやすいからね」
■(——P048)

満を持して、「論より証拠」とばかりに、
著者が世に問いかける、パラダイムシフトな一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

情報に溺れることなく、それを完全に支配下におく。その分、人物の行動はお粗末になったけれど、可能性は無限。オール4型の可もなく不可もなくではなく、破綻はあっても煌めきは凄い

2004/01/24 21:52

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:みーちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

装画・装丁は大路浩実。内容をうまく表したデザインではあるけれど、購買意欲をそそるかというと、むしろマイナスに働く装丁ではないだろうか。少なくとも、日本の小説というよりは翻訳本にふさわしい意匠ではある。ついでに書いておくと、タイトルのロゴが好きではない。はっきり言えば、ホラー小説向けの字だろう。売りの文句は凄いけれど、それを体現しそこなった感じ。

内容は凄い。ともかく情報量が桁外れだ。しかも、それを誇示するところがない。普通は自分の持っている情報に酔うケースが多く(後年の平井和正や、伝奇物を書く時の高橋克彦、荒巻義雄)、主人公が延々とそれを解説し始める下品さに閉口する読者が多いはずだが、この本では殆どそういう印象を抱かせない。それは読んでもらって実感してもらうしかないが、とりあえず巻末に10頁にわたって紹介されている参考資料に圧倒される。丁寧に分類されているので、項目だけを書いておこう。

「宗教」「UFO」「超能力・超心理学」「空の軍隊・異常降下物現象・ポルターガイスト」「生まれ変わり・臨死体験」「オカルト・超常現象全般」「コンピュータ技術・人工生命」「人工知能と意識の問題」「進化論」「宇宙論・宇宙開発」「心理学」「南京大虐殺」「歴史・世界情勢」「メディア・インターネット」「在日韓国・朝鮮人問題」「経済問題」「その他」それが実に自然に会話に溶け込んでいる。

話は、プロローグ「2012年、神がついに人類の前にその存在を示した年、私の兄・和久良輔は失踪した。「サールの悪魔」という言葉を残して」という言葉で始まる。良輔は、現在、世界に大変革をもたらした〈アイボリー〉の開発者で、天文学者を悩ませていた「ウェッブの網目」の謎を最初に解き、この世界が神によって創造されたことを科学的に証明した人間でもある。この物語は、2033年4月、良輔の妹である和久優歌によって書かれた手記という形を取っている。

1993年8月西日本を襲った集中豪雨は、大規模な気象災害を巻き起こしたが、数多くの被害者の中に、当時九州北部の新興住宅地に4人家族で幸せに暮らしていた6歳の主人公と10歳の兄がいた。両親を一瞬にして失い、重傷を負いながら奇跡的に助かった兄妹は知人と親戚の手に別々に引き取られ、孤独に小学生時代を過ごすことになる。

主人公が中学生の時出会ったのが、その後唯一の友人と言ってもいい存在となる柳葉月である。優歌はジャーナリスト、兄はゲーム開発を経てコンピュータ関連の研究者、葉月は医者の道を目指す。優歌が高校二年のとき、葉月と一緒にやらせのTV番組に出演したことが将来、彼女たちに再三に渡って災いをもたらす。

2008年、優歌はフリーのライターとなり、翌年、20歳だった天才・加古沢黎に出会うことになる。19歳の時、web上での現代思想関係の論争を通じて真田という右翼まがいの似非国粋主義者を論破したことで一躍有名となり、その後、活発な著作活動を通じて日本を変えていくことになる男である。

そして、多分2011年だろう、主人公が知った大和田省二がいる。「超常現象研究家」という肩書きで、著作も1960〜70年代に数冊あるだけの、殆ど無名の人物ではあるが、彼のサイト〈O!のフォーティアン現象データベース〉に公開される膨大な情報量とそれに対する真摯な評価は優歌を圧倒させずにはおかない。当時70歳以上の高齢である。

情報に圧倒されることの快楽を味わって欲しい。唯一欠点があるとすれば、本来、賢明であるはずの優歌、良輔が人の悪意と言うものに対して無防備である点だろう。特に後半の優歌の狼狽するありさまは、女性蔑視とでも言いたくなる。まして、裕福な兄が困窮している妹に手を差し伸べない不自然さは、最後まで喉に刺さった棘となって違和感を与えずにはおかない。それ以外は、本当に凄い本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

情報量に圧倒される、壮大なSF

2004/02/06 17:07

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:PNU - この投稿者のレビュー一覧を見る

 いやあ、すごい本だ。この情報量の多さと言ったら! なにしろ巻末の参考文献一覧だけでゆうに10ページもあるのだから、すごさが知れようというもの。
 著者は「と学会」会長でいらっしゃるということだが、内容はトンデモ(と、見ようによっては言えなくもないが)ではなく、奇々怪々な出来事を理知的に、しごく真面目に考察してゆくのである。また、この著者でしか著せなかったであろう実に広範囲な学問を自在に操る手腕の巧みさといったらどうだ。本作の素晴らしさは、事実(とされている事象)の上に継ぎ目もわからぬほど巧妙に接ぎ木された想像の大樹を見るがごとき思いである。

 キャラクターの明解さ、加古沢との確執など人間ドラマとしても読ませ、また事件や怪奇現象の描写で読者の興味を喚起し、そしてUFOの正体から超能力や霊の有無、神の存否までといった哲学的な命題にまで決着をつけてしまう、豪華絢爛にして壮大な物語である。

 大作・労作であると同時に傑作であることは疑いが無いが、敢えて欠点をあげるなら下記か。
 超自然現象の列記がオカルトマニアには知っていることばかりで物足りず、オカルト音痴の人には退屈に思われるかもしれない。コリン・ウィルソンのオカルト百科や世界奇現象辞典を読もう読もうとしてあとまわしにしていた私のような人間にはたいへん面白く読めたのだが。
 そしてやはり、永井豪「デビルマン」や外薗昌也「ワイズマン」、映画「MATRIX」etc.過去の名作がイメージとしてよぎってしまう。もちろんモチーフが一部似て見えるだけで、本作が充分オリジナルであることは言うまでもないが。
 これらを割り引いたとしても、重厚なエンターテインメントであるのは間違いない。知的興奮に満ちた1冊と言えよう。

 こういう作品にありがちな、壮大な設定のあまり細部のピントがボケたような曖昧なラストで読者を煙に巻くのではなくして、ひとりの人間にも体感出来るリアルへ着地したことを私は感動し、尊敬する。 

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/28 23:46

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/11/19 00:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/03/16 18:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/02/09 18:53

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/12/31 20:38

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/07/28 18:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/12 17:10

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/12/25 17:15

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/02/04 00:52

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/08/06 09:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/07/23 09:39

投稿元:ブクログ

レビューを見る