サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料 日付更新(2017年7月)

修正:1,000円以上の注文で3%OFFクーポン(0720)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

氷雪の殺人(文春文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.2 8件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 文芸春秋
  • レーベル: 文春文庫
  • サイズ:16cm/429p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-16-766602-2
  • 国内送料無料
文庫

紙の本

氷雪の殺人 (文春文庫 浅見光彦シリーズ)

著者 内田 康夫 (著)

氷雪の殺人 (文春文庫 浅見光彦シリーズ)

691(税込)

氷雪の殺人

690 (税込)

氷雪の殺人

ポイント :6pt / 紙の本より1おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS XMDF 無制限
Android XMDF 無制限
Win XMDF 無制限
本の通販全品
3%OFFクーポン!!
こちらは「本の通販ストア全商品対象!3%OFFクーポンキャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはクーポンの取得が必要です。

キャンペーン期間

2017年7月20日(木)~
2017年7月26日(水)23:59

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー8件

みんなの評価3.2

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (2件)
  • 星 3 (4件)
  • 星 2 (1件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

社会ネタをヒントに防衛問題を考えさせる秀作

2003/11/25 14:00

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ドン・キホーテ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 近年の浅見光彦シリーズには、全都道府県制覇がねらいのものと、時事ネタをヒントに殺人事件を絡めたものが多い。本編は後者であった。
 舞台は北海道の利尻島である。北海道北部はまだ浅見が行っていないところでもあった。ある政治家(大臣)から兄の警察庁刑事局長を通して浅見に事件調査の依頼があったが、これは珍しいことである。目的は一応地元警察が自殺と断定した殺人事件の再調査である。被害者は某電子機器メーカーの社員であったが、自殺の動機がない。
 調査を進めるに従って、メーカーと防衛庁の癒着に発展し、遂にはメーカーが水増し請求をし、防衛庁の方が過払いの返還を求める事態になった。これは数年前に実際にあったことで、まだ記憶に新しい。
 その最中に朝鮮半島から発射されたミサイルが三陸沖に着水するという大事件が勃発した。これも記憶に新しい。このミサイル発射を防衛庁がまったく探知できなかったことから、混乱をきたしてわが国の防衛体制の不備が指摘されることになった。
 米国の失敗をみても明らかな通り、探知まではできるものの、それを迎撃することは容易ではない。迎撃体制を整備するにしても膨大な予算を要するものであり、それだけの予算をかけても必ずしも万全ではないことも明らかである。
 こういう事件とは直接関係がない背景が本編には述べられている。内田氏は小説を借りて日本人の防衛に対する考え方を問うているのである。現在、イラクへの自衛隊派遣をめぐって、テロ組織に恫喝されて腰がふらついている現状であるが、国民一人一人が覚悟を決めなければいけないという点で大いに啓発的な小説となっている。ただし、本編の中で書かれていることは虚実ない交ぜになっている可能性もあるので、本編に限らないが、読み手としては鵜呑みにせず、注意が必要である。
 防衛庁の成り立ちや内部の葛藤など、関係者しか知らないことも書かれており、冷厳たる現実を突きつけられたような気がする。
 ストーリーは、汚職事件にぶつかってそちらの解決は兄の仕事となったが、浅見自身の関わる殺人事件の方は、犯人にはたどり着いたのだが、その犯人は練習機で自害するという組み立てで、これも本シリーズではよくある結末となっている。
 実際におきた事件と小説とでは整合性が取られており、むしろ小説としては物足りないのだが、あまり空想的になるとSFになりかねず、かえってこのシリーズの持ち味が消されてしまいそうである。こういう結末でも納得せざるを得なかいのかも知れない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/11/05 14:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/10/24 16:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/04/15 10:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/05/02 06:25

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2015/06/14 21:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/20 21:31

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/03/23 07:13

投稿元:ブクログ

レビューを見る