サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

春の全額ポイント還元キャンペーン  ~4/18

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー  ~佐伯泰英先生『居眠り磐根 決定版』(文春文庫)完結記念~ 時代小説に溺れる  ~5/26

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 教育・学習参考書の通販
  4. 教育の通販
  5. アム・プロモーションの通販
  6. 歴史展示とは何か 歴博フォーラム歴史系博物館の現在・未来の通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 4 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:研究者
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: アム・プロモーション
  • サイズ:21cm/247p
  • 利用対象:研究者
  • ISBN:4-944163-27-4
  • 国内送料無料
専門書

紙の本

歴史展示とは何か 歴博フォーラム歴史系博物館の現在・未来

著者 国立歴史民俗博物館 (編),久留島 浩 (ほか著)

歴史民俗系・民族学系の博物館が現在抱えている問題点を知り、それを踏まえてこれから何を始めればよいのか? 博物館の「現実」をしっかり見つめなおした上で、その未来像と具体的実...

もっと見る

歴史展示とは何か 歴博フォーラム歴史系博物館の現在・未来

税込 3,080 28pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

歴史民俗系・民族学系の博物館が現在抱えている問題点を知り、それを踏まえてこれから何を始めればよいのか? 博物館の「現実」をしっかり見つめなおした上で、その未来像と具体的実践例を考えるフォーラムの記録。【「TRC MARC」の商品解説】

収録作品一覧

博物館の営みと歴史 吉田憲司 著 23-48
歴史展示の政治性 金子淳 著 49-78
現代生活を展示する 青木俊也 著 79-108

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (1件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

博物館のこれから

2009/08/30 13:16

6人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:想井兼人 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 本書『歴史展示とは何か』は、2002年11月10日に国立歴史民俗博物館が開催したフォーラム、「歴史系博物館の現在・未来」についての記録です。歴史民俗系博物館が抱える問題を明白にし、今後の展望を図ることを目的としたフォーラムで、7人の博物館関係者の報告と討論から構成されています。

 タイトルにある歴史展示とは何なのでしょうか。そもそも博物館の役割は何なのでしょう。博物館の歴史展示には展示する人物の歴史観が反映してしまいますし、博物館設立に政治性が影響することがあります。1968年の明治百年には、それを契機として県立レベルの博物館建設が相次いだということですが、このことは後者の状況を如実に示しています。

 展示や設立に一定の公平性が保たれないとしたら、博物館が果たす公共的効力に実効性はあり得るのでしょうか。この疑問は博物館の存在意義すら疑わしいものになってしまいます。

 ところで、博物館の役割は展示だけではありません。資料を収集し、保存・修復、調査研究そして歴史教育もまた、博物館が担う重要な使命です。展示は調査研究成果が反映したもので、資料の収集や保存・修復は調査研究の前提作業として不可欠です。そして、これらが相互に絡み合って、はじめて博物館は一つの大きな機能を果たすのです。それは歴史教育の場を提供するという機能です。
 国立歴史民俗博物館では観客調査を実施し、展示のあり方について検証してきたそうです。その結果、視覚に与えるインパクトの強さが見出されています。そして、観客が自分との関連性や現代との関連性を展示物に見出せたときに関心が高まることが指摘されました。
 展示物をただ見るという行為には、展示者の考えを享受するという前提が存在してしまいます。しかし、観客の中に一定の視点が存在していれば、それとの比較により関心が高まり、展示物に対する見方も大きく変わるのではないでしょうか。

 歴史展示は、展示した段階での見解を反映させたもの。研究の進展に伴って覆る可能性を常に秘めているのです。そのため真実の再現をいくら追求しても、不完全という枠から抜け出すことは不可能と言えます。しかし、だからこそ展示者は大胆とも言えるような復元を提示することが可能なのかもしれません。
 ただ、それに対する観客の側にも一定の理解力が求められるのでしょう。限りなく可能な解釈の一つを展示という形で享受し、それを自分なりに咀嚼して理解する。解釈の多様性を明白にしておき、展示にはその一つを示しているに過ぎないことを理解しておけば、展示以外の解釈を積極的に試みる気持ちを起こすことも可能でしょう。このことは歴史展示と教育プログラムの交わり易さを示唆するものです。そして、交わりをより深く強いものにするために、学芸員と教育者の両方の役割を果たす人物が不可欠です。それはまさに外国博物館で導入されている教育学芸員と言えます。

 美術史家のダンカン・キャメロンは博物館のあり方の選択に二つあることを示したそうです。一つはテンプル的役割で、もう一つはフォーラム的なそれです。前者はすでに評価が定まった宝物を拝みにくる神殿のようなもので、後者は議論を闘わせる場所としての役割です。
 生涯学習が叫ばれて久しいですが、フォーラム的博物館の充実はいまだ図られていないのではないでしょうか。テンプル的博物館を廃絶する機運は、今後高まっていくと予測されます。しかし、全ての博物館を一括りにして機能不全にしてしまう前に、フォーラム的性質を充実させた博物館を各地に確立し、社会に浸透させる必要があります。フォーラム的場の提供し、同時にフォーラムの内容を充実させること。さらに、フォーラムの内容に教育という枠まで包括させること。これらが博物館の担うべき、そして求められている役割だと感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2012/05/12 11:14

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。