サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

全品ポイント3倍(0301-31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

葬儀を終えて(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 4.4 24件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/482p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130025-2

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

葬儀を終えて (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),加島 祥造 (訳)

葬儀を終えて (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

994(税込)

葬儀を終えて

823(税込)

葬儀を終えて

ポイント :7pt / 紙の本より171おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー24件

みんなの評価4.4

評価内訳

  • 星 5 (10件)
  • 星 4 (7件)
  • 星 3 (3件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

2006/11/28 17:58

投稿元:ブクログ

リチャードは殺されたんじゃなかったの―アバネシー家の当主リチャードの葬儀が終わり、その遺言公開の席上、末の妹のコーラが無邪気に口にした言葉。すべてはその一言がきっかけだったのか?翌日、コーラが惨殺死体で発見される。要請を受けて事件解決に乗り出したポアロが、一族の葛藤の中に見たものとは。

【感想】
http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50781027.html

2009/05/09 14:15

投稿元:ブクログ

折原一氏が解説で、クリスティの中で一番の作品と言っているので、最近のマイブームにのって読んでいました。この作品は過去には読んでいないはずです。

「だって、リチャードは殺されたんじゃなかったの?」

アバネシー家の当主リチャードが病死した葬儀の後の、遺言状公開の席上で、末妹のコーラが無邪気に発したこの言葉。このとき、席上にいた親戚一同の凍りつくような雰囲気。それがまざまざと映像のように意識させられるうまい冒頭です。

そして、その言葉を発したコーラ本人は翌日殺されてしまうのです。

なかなか憎い演出と意外な犯人で楽しめました。久しぶりに読むとポアロのもったいぶった演出も気にならなくなっていました(笑)。犯人はわかりませんでしたが、鏡の話から、その仕掛けは薄々わかりました。そしてヘレンが電話をした時に・・・でも、それでも犯人は分からなかったかな。

でも、私が犯人なら、ここまで頭のいい用意周到な犯人なら、こんなことしなくても望むものは手に入れられるような気もしますが(笑)。

すっかりクリスティ再読がマイブームになり、続けて数冊読みたい感じです。

2005/05/28 11:15

投稿元:ブクログ

ポアロものの傑作!
「あら、リチャードは殺されたんじゃなかったの?」大富豪アパネシー家の当主リチャードの葬儀を終えた後の遺産分割の家族会議の際、変わり者で末の妹コーラは無邪気にいった・・・・。
出だしからぐいぐい引き込むストーリ展開は素晴らしい!さすがクリスティ♪
そしてコーラは次の日に殺害される。
果たして誰が、何の為に?!

ラストは実に意外で人間の心理の洞察の深さを感じました!忘れられない作品。

2005/07/27 23:23

投稿元:ブクログ

ポアロ作品。ちょっとした違和感が、謎を解く大きな鍵になるのだけれど、その場面を想像すると、ほんの些細なこと。それを見逃さなかった、記憶に引っかかっていたというのが、興味深い。

2007/05/02 01:04

投稿元:ブクログ

アガサ・クリスティのポワロ物、傑作の一つ。
古いお屋敷の老執事やまだ古き良き時代の面影が残る英国の様子も素敵。
多彩な登場人物の描きわけが鮮やか〜特に、ヘレンという女性が好きです。

2009/03/04 11:38

投稿元:ブクログ

謎が謎を呼ぶ殺人事件。
そして揃いも揃ってクセ者揃いの一族の愛憎劇。
名探偵エルキュール・ポアロは、手ごわい容疑者達相手に
無事難事件を解決に導けるのか?

ポアロシリーズの中でも上級編かな?
この作品の犯人が、読み進めていく途中で分かった人は、
「友よ(モナミ)、探偵におなりなさい。
貴方は、優秀な探偵になれる素質があります。」
とポアロ氏よりお褒めの言葉を賜る事だろう。
ちなみに私は最後まで、犯人が分からなかった。(苦笑)

前半はストーリーの展開がスローで「もたついてるなぁ。」と
思いながら読んでいた私は、
あまり頭脳が優秀でない軽率な読者だった。
この後、名探偵によって行われる大捕物に必要不可欠な伏線が
あちらこちらに張り巡らされ、テクニックのない作家が書けば、
収集のつかなくなるような大勢の登場人物達を、
見事なまでに1人1人の持つ性格や個性、
現在置かれている状況を細かく丁寧に描写してみせ、
読者の頭の中に鮮やかな手際で情報を整理して詰め込み、
後半戦のストーリーをより面白く読み進めて行ける様、
前半にその仕事をこなしている。

そして後半。著者のクリスティーは、前半に描写して
読者の頭の中に植えつけた登場人物のイメージを、
大きく揺さぶる大胆な行動に出る。
他人から持たれるその人物のイメージからは
およそかけ離れた要素を持っていることを、
私達読者に示し、困惑させ翻弄する。

そしてますます犯人が分からなくなる。(苦笑)
登場人物のほぼ全員が、疑わしく思えてくる。

「人間は、普段から表に出している性格とは
また別の一面を己の内に潜ませている。」

読み終わった後、しみじみそんなことを思わせる作品。
少々背筋がゾクリとする位、「人間の持つ二面性とエゴ、
そして哀しさ」を見せつけられた思いである。

2008/08/28 18:48

投稿元:ブクログ

ポアロもの。名作のひとつ。葬儀を終えた後に、とある人物が「だって、リチャードは殺されたんでしょう?」といったことから始まる事件。犯人にも驚きましたし、そのトリックについても驚きました。まさか、こんなところに動機があるとは思いもしませんでした。

2007/05/22 10:08

投稿元:ブクログ

リチャードは殺されたんじゃなかったの―アバネシー家の当主リチャードの葬儀が終わり、その遺言公開の席上、末の妹のコーラが無邪気に口にした言葉。すべてはその一言がきっかけだったのか?翌日、コーラが惨殺死体で発見される。要請を受けて事件解決に乗り出したポアロが、一族の葛藤の中に見たものとは。

2011/10/20 19:22

投稿元:ブクログ

エルキュール・ポアロ・シリーズ

リチャード・アバネッシーの死。彼の葬式に集まった一族たち。長年連絡のなかった末の妹コーラの発言。「リチャードは殺されたんじゃなかったの?」。翌日自宅で撲殺されたコーラ。コーラが握っていた秘密。彼女の家の家政婦ギルクリスト女史。コーラの集めた絵画の秘密。ギルクリスト女史に盛られたストリキニーネ。ポアロの要請で集められた一族。ある違和感に気が付いたスーザンを襲った悲劇。

 2011年10月19日読了

2009/12/14 22:03

投稿元:ブクログ

これは面白かった!かなり上位に入ります。
すっかり騙されました・・・。ま、いつものことですけどね。
遺産相続って怖いですね。

2008/12/10 14:19

投稿元:ブクログ

冒頭の文章がすごく好き。お屋敷の料理人がスープをあたためる描写がとくに好きです。
だいたいアガサ・クリスティの小説にはお料理がよく登場して、いつもわたしの胃と頭を悩ませてくれます。
さて本題ですが、犯人はまったく意外な人でした。
トリックは大したことないのだけど、あやしい人物ばかりで楽しめました。
ところでわたしが手元に持っている本の表紙は真壁博氏のイラストです。

2011/06/09 18:08

投稿元:ブクログ

ポアロものだけど印象としてはマープルっぽい流れでした。

今さらだけどポアロ・マープルシリーズって
前から順に読んでいくのが一番いいのかね。

2009/05/19 16:55

投稿元:ブクログ

何年かぶりに読んだけど、全く覚えておらず。
なので犯人も最後まで分からず、楽しめました。

ポアロシリーズは大好きです。

2016/09/10 23:23

投稿元:ブクログ

ポワロシリーズ。

読んでいて、ん? あれ? ってなったけど、まあいっかと素通りしてしまったところが伏線というか犯人が犯人たる証拠の指摘箇所で、私は探偵にはなれんなと思いました。

この話では、「ポワロに求められていることは何か」というのが重要になりますけど、気がつくと誤読してるんですよねえ。
「リチャードとコーラを殺したのは誰か」ではないんですよね…

2011/08/14 05:58

投稿元:ブクログ

最後の最後まで、最初の事件が解決したのか、解決しなかったのかがわからなかった変わった作品です。

本筋の事件が何かがわからないまま終わってしまった。

最後の仕掛けの展開の速さについていけなかったのかもしれません。
分厚い本なので、結論知ろうと、あわてて読んだのがいけなかったのかもしれません。

東京、大阪の新幹線くらいの3時間近い時間があるときに読むべきだと反省しています。

ポアロもののなかでは、読み応えがありました。

クリスティー文庫 ランキング

クリスティー文庫のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む