サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

送料無料(~2/28)

【HB】お店とネット利用で最大200ポイントプレゼントキャンペーン(~3/31)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

複数の時計(クリスティー文庫)

アプリで立ち読み

hontoアプリの確認

立ち読みには最新の「honto」アプリ(無料)が必要です。

バージョンの確認はアプリの「設定/情報」から確認できます。

最新の「honto」アプリをご利用の方

立ち読みする

最新の「honto」アプリをダウンロードされる方

hontoビューアアプリ

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.5 18件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 早川書房
  • レーベル: クリスティー文庫
  • サイズ:16cm/501p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-15-130029-5

読割 50

読割50とは?

読割50とは?

hontoネットストアおよび、丸善・ジュンク堂・文教堂の提携書店にて対象の紙書籍を購入すると、同一の電子書籍が紙書籍の購入から5年間、50%OFFで購入できるサービスです。
購入時点で電子書籍が未発売でも、紙書籍の購入時期にかかわらず、電子書籍の発売後5年間、50%OFFで購入できます。

または読割50のアイコンがついている商品が対象です。

一部、対象外の出版社・商品があります。商品ページでアイコンの有無をご確認ください。

  • ※ご利用には、honto会員登録が必要です。
  • ※書店店頭でのお買い物の際は、会計時にレジにてhontoカードをご提示ください。
  • ※hontoが提供するサービスで、販売価格の50%OFFを負担しています。

読割50について詳しく見る

  • 国内送料無料
文庫

紙の本

複数の時計 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

著者 アガサ・クリスティー (著),橋本 福夫 (訳)

複数の時計 (ハヤカワ文庫 クリスティー文庫)

1,037(税込)

複数の時計

823(税込)

複数の時計

ポイント :7pt / 紙の本より214おトク

電子書籍をカートに入れる

ご利用中のデバイスが対応しているかご確認ください

  • iOS
  • Android
  • Win
  • Mac

対応デバイスごとのコンテンツタイプやファイルサイズヘルプ

対応デバイス毎のコンテンツタイプやファイルサイズ

対応デバイス コンテンツタイプ 閲覧期限
iOS EPUB 無制限
Android EPUB 無制限
Win EPUB 無制限
Mac EPUB 無制限
通販全品!ポイント3倍キャンペーン

こちらは「エントリー限定!“今月はずっと3倍!”本の通販ストア全商品ポイント3倍キャンペーン」の対象商品です。
※キャンペーンの適用にはエントリーが必要です。

キャンペーン期間:2017年3月1日(水)~2017年3月31日(金)23:59

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー18件

みんなの評価3.5

評価内訳

2006/01/10 20:06

投稿元:ブクログ

秘書・タイプ引受所から派遣されたタイピストのシェイラは、依頼人の家に向かった。無数に時計が置いてある奇妙な部屋で待っていると、まもなく柱時計が三時を告げた。その時、シェイラは恐ろしいものを発見した。ソファの横に男性の惨殺体が横たわっていたのだ…死体を囲むあまたの時計の謎に、ポアロが挑む。

【感想】
http://blog.livedoor.jp/nahomaru/archives/50325784.html

2007/01/09 14:08

投稿元:ブクログ

(ポワロの口を借りて)クリスティのミステリ批評が読めるという珍しい一品。コリンくんと彼女は出会いはともかく、いつの間に結婚話ができるまで進展しとったのか謎で仕方がない。

2012/02/27 00:42

投稿元:ブクログ

1963年というクリスティにしては晩年に近い作品。
ポワロ物だが登場は後半。

ドラマを見たら原作と違うようだったので、再読。
そう探偵役というか語り手がコリン・ラムだったよね。
レイス大佐の息子の人格に疑いがかかるような改変でした。不自然に思えた部分はほぼ改変。まあさらっと見ればいいんだけど。

高齢で盲目の女性ペブマーシュさんの所へ、秘書斡旋会社から派遣された若い女性シェイラ・ウェッブ。
名指しでの依頼で、入って待っているように言われた部屋には、時計がやけにいくつも置いてあった。
そして、ソファの陰には男性の死体が!
悲鳴をあげて飛び出してきたシェイラを受け止めた若い男性コリンは、ある仕事の捜査に来ていたのだったが…?
ウィルブラーム・クレスントという三日月型に2列に並んだややこしい家並み。裏庭が接しているのだ。
クレスントとは、新月の意味。クレスントというのは実際に幾つかある地名らしい。

見えそうで見えない隣近所。
ペブマーシュさんは秘書を依頼したことはないという。
男性のことは近所の誰も見たことがない。
各家の住人達の個性が面白い。
猫を14匹飼っていて、猫のことしか見ていない隣人とか。
男の子二人の子育てに疲れ切っている主婦とか。
たまたま警部と友人だったコリン・ラムは捜査にも同行。
シェイラへの好意をからかわれつつ。
半ば隠退して、退屈しているポワロに連絡を取る。ヘイスティングスは南米に行ってしまったとか。
さて、ポワロの推理は。

後書きは脇明子さん。
巻末の著作リストが親切。

2008/10/29 17:17

投稿元:ブクログ

ポアロもの。クレスント・ストリートで起こった事件をポアロが安楽椅子探偵として解く事件。ポアロ自体はそれゆえあまり登場しないのですが、ラム氏の事件も絡み、また複数の時計がどんな意味を持つのか、という興味がとてもわいて、楽しく読める作品でした。事件に関しては、晩年のクリスティだなぁ、としかいえませんが。

2007/05/22 10:19

投稿元:ブクログ

秘書・タイプ引受所から派遣されたタイピストのシェイラは、依頼人の家に向かった。無数に時計が置いてある奇妙な部屋で待っていると、まもなく柱時計が三時を告げた。その時、シェイラは恐ろしいものを発見した。ソファの横に男性の惨殺体が横たわっていたのだ…死体を囲むあまたの時計の謎に、ポアロが挑む。

2009/11/26 23:47

投稿元:ブクログ

訳がちょっと不自然だったりしてひっかかるが、しくみとしては面白い筋書き。
ポアロがけむたい老人扱いされてるのがおもしろい。
ヒロインはいつも通りでクリスティーって感じの扱いです。

2011/11/03 21:37

投稿元:ブクログ

エルキュール・ポアロ・シリーズ

秘書派遣会社から派遣されたシェイラ・ウェッブが尋ねた家にあった謎の男の遺体。持っていた名刺からカリイという名が浮かび上がるが・・・。実在しない会社。現場から飛び出したシェイラと出会ったコリン・ラム。現場に残された4つの時計の秘密。消えた1つの時計。コリンが援助を求めたポアロ。安楽椅子探偵のポアロ。検死法廷の日に電話ボックスで絞殺されたシェイラの同僚エドナ。被害者の妻だと名乗り出たマリーナ・ライヴァル。派遣会社の所長マーティン・デール女史。殺害されたマリーナ。隣人のブランド夫人の証言に隠された秘密。

 2011年11月3日読了

2014/07/01 22:23

投稿元:ブクログ

思わせぶりなタイトルだなあ。
思わせぶりなタイトル…ということがポイントなのかな。
あまり印象に残らない話だった。
ポワロの出番も少ないし。

2010/05/27 16:35

投稿元:ブクログ

面白い!(^^)
ポアロが動かないで解決しちゃってかっこいい!すごい!
ラム氏も助手むいてるなぁ(^p^)

2011/08/14 05:52

投稿元:ブクログ

ポワロの登場が遅く、話の展開がよくわからないまま、結論を向かえる。
どんでんがえしの連続。
探偵ものに関する批評が、中で、ポアロが展開するところが、山なのかもしれない。
ポアロの口を借りて、アガサクリスティの思いが伝わってくる。

ポアロが登場するもののなかでは、自分ではベスト3に入れている。
知人がポアロに挑んでくるところが読み応えがある。
他のポアロものの平板さがない。

2016/01/10 15:36

投稿元:ブクログ

数あるアガサ・クリスティ作品としてそれほど目立ったものがあるとは思いませんでしたが、1960年代の作品とあってか当時ブームとなったスパイ要素が加味されていてそこが面白かった

2012/09/21 06:33

投稿元:ブクログ

中学生の時から、どうしても途中で退屈になっちゃって、どうしても最後まで読めなかった。私にはまだ早いということなのだろうか……。もう二十を過ぎたというのに。

またいつか再挑戦したい。

2013/08/08 13:22

投稿元:ブクログ

ポアロが安楽椅子探偵でまるでマープルみたいだった。犯人だけでなく親子関係や被害者の正体まで推理しながら読めるので面白い

2015/03/15 08:38

投稿元:ブクログ

ポアロシリーズ久しぶりだぁ。
でも、あんまりポアロ出てこなかった。。。の割に、面白かった。
最初読んでたときは犯人を予想出来てたんだけど、いろんな人が次々に出てくるもんだから、頭の中こんがらがったよ。
ほんと、ポアロの言うように真相は単純だったわけですね。
しかし、その犯人とは別に衝撃的な真実も最後にわかってびっくりしました。あれは予期せぬことだった。
盲目のペブマーシュさんの毅然とした態度、素敵です。
もっと、彼女を登場させてもらいたかった。
したら、もっと感慨深いものになったのに。。。ざーんねん。

2014/05/04 21:26

投稿元:ブクログ

ポワロ作品

【あらすじ】
タイプ事務所に勤める女が訪ねた家で男の死体が見つかった。死体のあった部屋には複数の時計が置かれていたが、事件の後処理の最中、その1つがなくなった。別件で付近にいた情報機関の男は、警察と一緒に聞き込んだ情報を持って、ポワロの元を訪れる。

【感想】
今回、ポワロはあまり表に出ず、情報機関の男の目線で多くが語られている。話の構成としては、住民の聞き込みから不審な点を調査している内に、気になる動きを見せた人物が魔の手に…という展開になっている。
序盤に興味を引く伏線が幾つか張られているのだが、あまり意味が無かったり、軽い説明で片付けられるため、全体的に拍子抜けしてしまう点が残念。タイトルの「複数の時計」もさほどトリックには関係なく、読み始めの期待が裏切られた感が残る。
なお、本中にはポワロを通して語られる推理小説の批評があり、古典が好きな人は読んでおく価値はあるかも。

英米 ランキング

英米のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む