サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン

2/4~エントリー【HB施策】『DEATH NOTE』描き下ろし読み切り『ジャンプSQ. 2020年3月号』掲載記念プレゼント企画エントリーページ

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

100億稼ぐ仕事術
  • みんなの評価 5つ星のうち 3.8 30件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.12
  • 出版社: ソフトバンクパブリッシング
  • サイズ:19cm/207p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-7973-2540-2

紙の本

100億稼ぐ仕事術

著者 堀江 貴文 (著)

「100億稼ぐ」ことは誰でもできる! 食う・寝る・稼ぐを実践する31歳上場社長の超シンプルなやり方とは? 「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」の章立てで、こ...

もっと見る

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

「100億稼ぐ」ことは誰でもできる! 食う・寝る・稼ぐを実践する31歳上場社長の超シンプルなやり方とは? 「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」の章立てで、ここまでうまくやれた秘訣のすべてを解説。【「TRC MARC」の商品解説】

著者紹介

堀江 貴文

略歴
〈堀江貴文〉1972年福岡県生まれ。東京大学在学中にオン・ザ・エッヂを設立。現在、株式会社エッジ代表取締役社長兼最高経営責任者。

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー30件

みんなの評価3.8

評価内訳

紙の本

おそろしく刺激的なタイトルに見合う本

2004/02/06 05:50

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:うすかげよういちろう - この投稿者のレビュー一覧を見る

IT系のベンチャー企業オン・ザ・エッヂを立ち上げることで得られたビジネスのノウハウをつづった本だ。
タイトルは派手すぎるが、中身は、どちらかというと地味でおとなしい。

ただ、この本は、読んでしまう本だ。
どのページも著者自身の体験をもとに、飾り気なく書かれているようで、結局、読んでしまう。
メールの使い方、パソコンの使い方、インターネットの使い方、勉強の仕方など、最近のビジネスマンなら、誰でも感心のあるノウハウが、実地体験をもとに書かれているから、説得力があって、読んでしまう。
名刺の管理法なんか、ほんとうに共感してしまった。
著者の言う、“仕事の無駄”についても、おおいに共感するので読んでしまう。
文章は、ぐんぐんと力まかせにすすめるというものでなく、落ち着いた文だ。

けっこう着実な感じがする文章なので、結局読んでしまう。
文字と背景の紙の白い部分との比率がとても目に優しい。
本の体裁っが、シンプルで飾り気なく、結局、読みやすくて読んでしまう。

で、読んだあと、なんとなく、「じーん」と感じるモノがある。
著者が言いたいことを言い切れたような感じがする。
差し向かいで、若い人の体験談をうなずきながら聞いてあげたあとのような、そんな読後感がある。

そういうわけで、総合的に、よくできた本だと思う。
“タイトルが刺激的”と、書いたが、この本に書かれているノウハウを自分のビジネスに取り入れれば、100億とまではいかないが、かなり稼げそうな気がしてくるのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

堀江さんの人柄と情報収集マニュアルとしての一面のある本

2004/07/23 23:50

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:いけちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

近鉄を買いたいということで一躍有名になった堀江さんの人柄が出ている本。売上100憶円ということで、もっとえらそうな事欠いてあるんじゃないかなと思いましたが、結構堅実で、ビジネスを真面目に考えている。また、彼の実践している情報収集方法や、効率的な情報機器の使い方がかいてある。ある意味、情報収集のマニュアル本としても使える本。総じて、よんでいて、すごくスムーズで、嫌みがない本。すごく読みやすい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

100億の売上を稼ぐ会社の社長の仕事術

2004/07/02 16:24

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:aguni - この投稿者のレビュー一覧を見る

 今、話題のライブドア代表、堀江貴文氏の著作。社名がまだエッジだった頃に書かれた本。タイトルが紛らわしいので、こんな内容の本だとは思わなかった。てっきり、金持ち本か成功本なんだと思っていたら、全然違った。やはり本は読んでみなければわからないものだ。

 で、どういう本かといえば、堀江さんが自分自身の仕事のスタイルや気をつけていることについて語った本。章立てが「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」となっていて、こういった経営資源をどのように考え、どういうことに気をつけて仕事をしているかを語っている。「社内資料をエクセルで作るな」とか(世の中にはパワーポイントで作るバカな会社も多いようだ)「メーリングリストで議論するな」とか「会議時間は短縮せよ」「睡眠はきちんと取れ」「一週間に一日は休め」とかいった内容。意外に自分が思ってきたようなことが書かれていて、納得して読み終わってしまい、(ってことは俺も100億稼げるのかな)などと期待に胸を躍らせた。ちなみにこの100億というのはもちろん堀江さんの所得ではなく、当時のエッジの売上。だから、100億の売上を稼ぐ会社の社長の仕事術、というのがこの本のタイトルの意味である(でもややこしい)。

 パソコンやメールやインターネットを使って仕事をする、というと、どうしてもいろんなソフトや機能を使いこなすことが格好良く思えたりもする。そんなことはないんだよ、と堀江さんが言うからこそ、意味がある。そういう意味で、若いビジネスマンには一読の価値のある一冊である。ただし、ここに書かれている事を実践したからといって億万長者になれるわけではないことは保証しておこう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

出版社コメント

2003/11/23 14:53

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:ソフトバンクパブリッシング - この投稿者のレビュー一覧を見る

ぼくは、1台のノートPCで会社を経営している。そして1時間に5000通のメールを捌くことができる。

ネット界を席捲する若きアントレプレナー・堀江貴文(エッジ株式会社代表取締役社長兼最高経営責任者)がその仕事術のすべてを初めて明かす!!

“彼”が特別なのではない。
 その“仕事術”が明確でシンプルなだけなのだ。
 起業からわずか7年半という短期間で、売上100億円の偉業を成し遂げつつある若きアントレプレナー・堀江貴文。彼が動かすインターネットを中核としたビジネスは、まるでブラックホールのように、あらゆる業態を取り込み、増殖を続けている。
 若干31歳の若者が、なぜこれほどの成功を治めることができたのか。彼が特別に選ばれた存在だったからなのか? 
 本書は、その質問にはっきりと「ノー」と答えている。
「ヒト」「ジカン」「ジョウホウ」「カネ」「ツール」
−−堀江貴文が“ゼロから”作り出した、5つのビジネスキーワードに対する100億の価値を持つ回答が、今ここで明らかになる!

【編集者コメント】
「メールを1日5000通読みます」
「1日8時間寝てます」
「仕事で使っているのはメールとインターネットブラウザだけ」
 私の目をまっすぐに見ながら、柔らかな口調でさらりと言ってのけた「彼」の言葉に仰天しました。
 エッジ株式会社といえば、破竹の勢いで業態を拡大しているネットベンチャー。30歳という若さで10以上ものグループ会社を率い、約500人の社員を抱えています。その社長である堀江貴文氏の言葉は耳を疑うものばかり。
 実際にその仕事術のすべてを編集させていただいたのですが、そこで行き着いた感想は、
「これなら私にもできるじゃないか!」
 決して周りに流されることなく、自分で考え、失敗も経験しながらたどり着いた、堀江流の“100億稼ぐ仕事術”。この1冊を読むだけで、そのシンプルなやり方を盗み取ることができるとは、はっきり言ってお得です!
一方でリナックスベースのOS「LindowsOS日本語版」を手がけ、某企業の独占市場に真っ向から勝負を挑むなどネットベンチャー企業です。

■目次
1 ヒト・・・・クライアントを増やし、部下を動かし、対人トラブルにも対処する
2 ジカン・・・会議・打ち合わせ時間を短縮し、短時間集中で仕事を高速化する
3 ジョウホウ・考え、データ化し、商売を生み出す、ネット時代の情報収集の極意
4 カネ・・・・必ず儲かるビジネスの探し方、聖域なきコスト削減のアイデア満載
5 ツール・・・100億円を生み出した、最強ツール「メール」の使い倒し術

【著者プロフィール】
エッジ株式会社
代表取締役社長 兼 最高経営責任者 堀江貴文
1972年、福岡生まれ。
1996年4月、東京大学在学中に同社(オン・ザ・エッヂ)を設立。六本木のホームページ制作代行屋から、徐々に規模を拡大し、サイバークリック、melma!など、数多くのウェブサービスを展開する。
2000年4月、起業からわずか4年で東京証券取引所マザーズに株式を上場し、データセンター事業開始。2001年以降は、積極的なM&Aにより、さらに事業規模を拡大。
2002年6月には、アスキーイーシーを、同年11月には無料インターネットサービスプロバイダーとして有名なlivedoorの営業譲渡を受ける。
さらに2003年8月にはリナックスベースのOS「LindowsOS日本語版」を独占販売。
旨いものを食べ、8時間睡眠を信条とし、驚異的な集中力で稼ぎまくる。
貪欲な向上心とオチャメなメールが評判(?)のITベンチャー社長。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2004/09/24 13:44

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/02 12:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/06 23:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2004/12/18 22:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/07 23:57

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/09 00:27

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/05/07 15:40

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/07/07 10:58

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/01/25 16:05

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/10/06 01:11

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2008/10/25 06:42

投稿元:ブクログ

レビューを見る

経営実務 ランキング

経営実務のランキングをご紹介します経営実務 ランキング一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。