サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

平成最後の読書一生分プレゼントキャンペーン(~12/9)

【HB】丸善・ジュンク堂書店×hontoブックツリー プレゼントにお困りですか?クリスマスに届けたい一冊 ポイント5倍キャンペーン(~12/25)

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

アイヌが生きる河
  • みんなの評価 5つ星のうち 5 2件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発行年月:2003.11
  • 出版社: 樹花舎
  • サイズ:18cm/292p
  • 利用対象:一般
  • ISBN:4-434-03549-5

紙の本

アイヌが生きる河

著者 北川 大 (著)

アイヌは「人間」という意味だ。本当はアイヌもシャモもないんだ−。写真家としてアイヌと関わりながら、日本人である自分を見つめ直した13年間の記録。それは、ありのままの自分を...

もっと見る

アイヌが生きる河

1,728(税込)

ポイント :16pt

紙の本をカートに入れる

ほしい本に追加

  • 発送可能日: 7~21日

    ご注文後に出版社・製造元から取り寄せます。在庫切れなどにより取り寄せできない場合があります。

  • 納期/配送の目安について

電子書籍化お知らせメールヘルプ

メールを登録する

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

商品説明

アイヌは「人間」という意味だ。本当はアイヌもシャモもないんだ−。写真家としてアイヌと関わりながら、日本人である自分を見つめ直した13年間の記録。それは、ありのままの自分を克明に見つめる作業でもあった−。【「TRC MARC」の商品解説】

関連キーワード

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー2件

みんなの評価5.0

評価内訳

  • 星 5 (1件)
  • 星 4 (0件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

無力感と孤独の終わり

2004/01/29 20:24

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:せんちゃん - この投稿者のレビュー一覧を見る

 ベルリンの壁が崩れたのは、1989年11月だ。その時、はじめはひそかに後にはおおっぴらに失われたものがある。それは、共産主義への郷愁やロケットではない。それは、旧社会主義陣営が唯一資本主義陣営より優れたもので、歴史性や文化の違いを尊重しどんなに人口が少なくとも「民族」として認めあうことだった。それを教えてくれたのは沖縄出身の青年だった。「返還」前に子ども時代を過ごした彼は、日本からきた観光客にバスのなかから珍しいものを見るかのように見られた経験を話してくれた。そして「もし、ソ連や中国なら沖縄は少なくとも自治区として扱われるはずだ」と言った。私はその言葉に衝撃を受けた。そういうことを考えたことがなかったからだ。それ以来、マイノリティの問題を考える際の一つの指標になった。
 もっともこれは建前で、旧ユーゴや旧ソ連の内戦の惨状は、それが本心からのものではなかったことを示していた。しかし、長い共産党独裁の時代をへてなお各民族はアイデンティティを失わなかった。そのことにこの建前が有効だったのは驚きだ。日本にも少数民族、あるいは沖縄のように歴史的文化的に独自な地域が存在する。しかし、日本に住む人々は単一民族とされ、彼らの存在は無視されている。断固として同化を拒否する在日朝鮮人は、一般日本人からの差別と右翼からの攻撃にされされている。アイヌの人々は江戸時代から続く圧制と差別のなかで、自分たちを日本人とは違う民族であると言うことはおろか、考えることさえ抑圧されてきた。
 その抑圧がどういうものかは、この本に詳しく書かれているので是非読んでほしい。この本の舞台はダム建設で問題になった二風谷だ。そこで筆者は様々な場面で次のような言葉に出くわす。「アイヌなんて呼ばれたくない。みんな日本人だろう。」言っている人は明らかにアイヌの人だ。そう言われても筆者は、自分は「日本人」であり、彼は「違う」と確信する。なぜか。筆者の考えはこうだ。
 1997年に旧土人保護法が廃止され「アイヌ文化振興法」が施行された。しかしそれは、日本人のイメージする「アイヌ文化」を表現できる人のみをアイヌとして持ちあげるようになっている。逆に言うと、それに当てはまらない人は「日本人」であるとさえ考えられるようになる。もちろん、新法がこういう状況をつくったのではなく、明らかにしただけなのだが。
 たとえば、自分が「日本人」であることは、アメリカに行けば強烈に意識させられる。何もかも日本とは違うからだ。そこで、アメリカ人から日本の伝統文化を質問される。しかし、それについて質問者のアメリカ人より何も知らないことを思い知らされ、赤面する…。アイヌの人達は日常的にそういう状況にされされているのだ。
 このようなアイヌの現実と向きあったとき、実は「日本人」こそ内実のない存在であることに気づく。他者を他者として受け入れず排除しつづければ自分を規定するものは、「〜ではないもの」としか表現できなくなる。「アイヌではないもの」「朝鮮人ではないもの」「障害者ではないもの」「女ではないもの」…。
 そこで、この本の主人公ともいうべきアイヌの思想家、貝澤正の次の言葉をどう受けとめるべきか。かつての侵略戦争で中国人を殺したことを自慢するウタリ(アイヌ同胞)に対する怒り、「利用されて侵略されていながら、醜いことを醜いと思わなかったわけさ、アイヌ自身が」という怒りを。
 この激白を日本人も受けとめたい。どんなに人口が少なくとも「民族」として認めあうこと、つまりお互いの社会を認めあい、尊重しあえる関係を憲法レベルで確立することが求められている。問題は、日本民族がそれを自らの課題と思えるかどうかだ。ひいては、それがアジア各民族に対して「反省しても反省してもまだ足りないのか」といらだつ日本人の無力感と孤独を終わらせることになるかもしれないのだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本

まず、自身を疑え

2004/01/23 18:34

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:大樹 - この投稿者のレビュー一覧を見る

 これは写真家志望の青年が「自らをアイヌに帰属させ、あるいは帰属を拒否し」ているさまざまな「他者」と出会うことにより、気づかずに身につけてきた自らの観念と出会い、葛藤していく十三年間を、平明な言葉で記録したものだ。
 ところで、「前例がない」とは新たなニーズを切り捨てるための常套句だが、本当のところ「私」という存在はこの社会にとって前例のない存在だ。しかし、私たちは前例に倣った人生設計をすることによって自らを「他に例のない存在」から「例のある存在」に変えていくことを可能にしている。となると、どのような前例に帰属させていくかによって人生の可能性が規定されていくわけだが、自らを何に帰属させていくかを自由に選ぶことのできる人は少ない。と言うよりも、自らが何に帰属し、あるいはさせられているのかを知っている人は少ない。よって、帰属する社会の観念から自由であることは難しい。
 この本の著者である青年は、「すでに自らが何に帰属し、あるいはさせられているのかを知っている存在」としてのアイヌと向き合うことによって、自らの帰属しているものの気配を知り、自らを支えてきた観念こそが「他者」との出会いや共生を妨げていたことを知る。
 分野にかかわらず「前例のない」新たな世界を切り開いていこうとするとき、まず自らを規定しているものを疑うことの大切さに改めて気づかせてくれる一冊だ。
 文中に挿入されている写真の年代を見れば、後に著者が深い反省をもって語っている時期に撮影されたものであることがわかる。しかし、そうした数々の写真は筆者が語るほどの「嫌らしさ」を見る者には与えない。そのギャップに、筆者の写真家としての可能性が潜んでいるのかもしれない。
 欲を言えば、こうした葛藤を越えて筆者がどんな一歩を踏み出そうとしているのかを書中で知りたかったが、写真家としての今後の仕事で示されていくことを期待する。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本の民俗・文化 ランキング

日本の民俗・文化のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む