サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイント最大100倍キャンペーン(~3/31)

ブックオフ宅本便 バナー・LP修正(2019/3/11~4/8)

  1. hontoトップ
  2. 本の通販
  3. 文庫の通販
  4. マンガ文庫の通販
  5. 小学館文庫の通販
  6. ぼくだけが知っている(小学館文庫) 3巻セットの通販

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

ぼくだけが知っている(小学館文庫) 3巻セット(小学館文庫)
  • みんなの評価 5つ星のうち 4 1件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
  • カテゴリ:一般
  • 発売日不明
  • 出版社: 小学館
  • レーベル: 小学館文庫
  • 利用対象:一般
文庫

紙の本

ぼくだけが知っている(小学館文庫) 3巻セット

著者 吉野 朔実 (著)

ぼくだけが知っている(小学館文庫) 3巻セット

税込 1,851 17pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

新刊お知らせメール登録

この著者の新着情報

一覧を見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー1件

みんなの評価4.0

評価内訳

  • 星 5 (0件)
  • 星 4 (1件)
  • 星 3 (0件)
  • 星 2 (0件)
  • 星 1 (0件)

紙の本

たぶん、この人の最高傑作!っていうわけではないと思うんだけど……。

2003/12/03 20:54

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:のらねこ - この投稿者のレビュー一覧を見る

 それにしても、このヨシノサクミという人の視線の冷徹さと観察眼の鋭さっていうのはなかなか侮れないものがあって、たかが小学生っていうべきかされど小学生っていうべきか、主人公の夏目礼智クンはもちろんのこと、夏目礼智クンの両親とか同級生とかの描き方の細やかさというのが、ちょっと尋常な感じではないのであった。
 主人公の夏目礼智クンはわりと学校の成績とは関係のない方面で頭がいいタイプで、自分の乳幼児の頃の記憶を持っていたり、かなりの高い確率で天気や地震などの予知(というより、ただ単に「わかってしまう」という感じなのだけど)する事ができる。それで、いかにもこの年齢の子供らしく、なんとなく「自分は特別な存在なのだ」という自意識を持っていて(これが、タイトルの由来)、それのある種の自惚れが、小学校の四年生になって新しいクラスメイトの個性的な面々とつきあい、いろいろな経験をして、「ああ。自分は別に、特別に突出した存在ではないのだ」と自然に自覚していく、というのが、大まかなストーリーラインです。
 でも、主眼というか、この作品の本当に面白いのは、そうした大筋よりもやはり、夏目礼智クンの目線でじっくりと観察されるクラスメイトや周辺の大人たちの生態のほうで、この目線がとても真っ直ぐに、なんの色眼鏡もかけないで対象をじっくりとみつめている感じで、そのクリアさが、クリアさ故に、かなり怖いのね。
 エピソード的には、ちょっと笑えるのとか、泣けるのとか、サイコ入っていて怖いのとか(15話のエピソードは、実際にこういう子いそうで怖かった)、結構バラエティに富んでいてなかなか飽きがこない内容になっているのですが、なによりも登場人物一人一人を真っ正面から見つめめようとするヨシノサクミという人の視線の在りようが、一番興味深かったです。

酩酊亭亭主

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

小学館文庫コミック版 ランキング

小学館文庫コミック版のランキングをご紹介します一覧を見る

前へ戻る

次に進む

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。