サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

ポイントUPキャンペーン  ~3/31

読書一生分プレゼントキャンペーン ~5/31

電子書籍化お知らせメール

商品が電子書籍化すると、メールでお知らせする機能です。
「メールを登録する」ボタンを押して登録完了です。
キャンセルをご希望の場合は、同じ場所から「メール登録を解除する」を押してください。

電子書籍化したら知らせてほしい

  • みんなの評価 5つ星のうち 3.3 17件
  • あなたの評価 評価して"My本棚"に追加 評価ありがとうございます。×
コミック

紙の本

ぼくは、おんなのこ (Beam comix)

著者 志村 貴子 (著)

ぼくは、おんなのこ (Beam comix)

税込 682 6pt

予約購入とは

まだ販売されていない電子書籍の予約ができます。予約すると、販売開始日に自動的に決済されて本が読めます。

  • 商品は販売開始日にダウンロード可能となります。
  • 価格と販売開始日は変更となる可能性があります。
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて予約購入しても、予約一覧から簡単にキャンセルができます。
  • honto会員とクレジットカードの登録が必要です。未登録でも、ボタンを押せばスムーズにご案内します。

予約購入について詳しく見る

ワンステップ購入とは

ワンステップ購入とは、ボタンを1回押すだけでカートを通らずに電子書籍を購入できる機能です。

こんな方にオススメ

  • とにかくすぐ読みたい
  • 購入までの手間を省きたい
  • ポイント・クーポンはご利用いただけません。
  • 間違えて購入しても、完了ページもしくは購入履歴詳細から簡単にキャンセルができます。
  • 初めてのご利用でボタンを押すと会員登録(無料)をご案内します。購入する場合はクレジットカード登録までご案内します。

キャンセルについて詳しく見る

あわせて読みたい本

この商品に興味のある人は、こんな商品にも興味があります。

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

このセットに含まれる商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

この著者・アーティストの他の商品

前へ戻る

  • 対象はありません

次に進む

みんなのレビュー17件

みんなの評価3.3

評価内訳

紙の本

自分が自分と折り合うこと

2004/02/03 09:17

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

投稿者:king - この投稿者のレビュー一覧を見る

短篇集。雑誌発表されたものに三篇の描き下ろしを加えて全八篇。
表題作である「ぼくは、おんなのこ」について。
夢のなかで自分が女の子になっているのをみた少年は、目覚めてみると少女になっていた。ある日突然世界中の人間の「性」が反転してしまうという災厄が起こったのだ。男は女に、女は男に。

少女になってしまった司くんは、目覚めてもそれほどショックを受けるわけではない。なぜかとても静かにそれを受け入れている。テレビに映し出される街の人びとも、悲劇的というのではなく、淡々としている。
登場人物たちも、みんな結構この事実を受け入れて楽しくやっている。この災厄を受け止めきれなかった人間は、作中には登場しない。行方不明になった兄の存在がほのめかされているだけになっている。

端的に言えば、この災厄は世界にとっての終末ではなく、むしろ希望である。
主人公の司にしてからが、少女になっても悔やむということはなく、「おっぱいがちょっとささやかすぎるかな」と思い、もっと磨きをかけようと考えるのである。事態を受け入れ、前向きに生きようとする。

この物語においては、世界が女性化しているといえる。男性と女性の性の反転が、むしろ全員の女性化として描かれている。主人公は女性になることをむしろ望んでいるようだし、義姉であった人物は、男性になってもやはり女性のよう。学校での人物も皆そんな感じで、いかにも男性的な人物というのがいないのである。
世界の女性化としての災厄が、希望として語られる奇妙な印象がある作品である。
異性になりたいと願うふたりを扱った「放浪息子」にもつながる短篇。

他にもいろいろあるが、「少年の娘」は特に印象深い。一読してなんだかよくわからなかったが、考えてみるとこれは、それまでは美人の母に似ずに父に似てしまったことから、父に対して鬱屈を抱え込んでいたのだが、結婚を迎えて父も、そして自分も受け入れられるようになるまでを描いた作品なんだと理解した。そこらへんのプロセスが、昔の記憶、夢のなかのこと、現実での行動など、いくつもの層に分けて重層的に描かれていて、とても技巧的。
自意識を突き放して描くという点で、かなり面白い作品。

こうやって眺めてみると、志村貴子の方向性というのが大きく分けて二つあることがわかる。
ひとつは、ジェンダーの境界への関心。もうひとつは、自意識の問題である。
そして、ジェンダーの問題は作品の題材、そして登場人物の性格などにかかわり、自意識の問題は彼女の漫画のスタイルにかかわっていると思う。

志村貴子はこれまで、女性的というか、受け入れる人間としての男を描いてきた。「ぼくは、おんなのこ」の司にしても、「敷居の住人」のちあきにしても、そして「放浪息子」の修一も、である。受動的な性格をあえて男性にもたせるところが、彼女の人物造形のひとつの特色だと思う。(女子プロレスを扱った「ラヴ・バズ」はその逆を描いている。つまり、「男性の競技」をする「女性」である)

自意識は、もっと簡単に言えば自己嫌悪ということ。冷めていたり、アイロニカルだったりするモノローグの存在が彼女の作品にある印象を与えており、軽妙に見えるスタイルもまた、自意識を対象化する方法でもある。志村貴子という人はあとがきやらを見るといつでも、ダメな自分で申し訳ない、というような弁明をしているが、本人も気づいているようにこれは堂々巡りになる。弁明をしていること自体に弁明しなければならなくなるからだ。淡々と進んだり、省略したり、そういった技法はその種の自意識の無限後退を回避する。

そして、彼女の作品には「自分が自分と折り合うこと」が描かれていく。「少年の娘」などのラストシーンが持つ清冽な印象は、自分と自分を嫌う自分とが重なって、前向きになるという瞬間が描かれているからだと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2007/06/06 08:50

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2005/06/12 23:41

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2006/06/01 13:34

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2007/03/25 02:09

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/12/04 18:32

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2014/08/25 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/02/20 23:36

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/23 22:04

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/04/24 05:47

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/03/23 19:33

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2010/06/04 23:17

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/04/28 21:16

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2011/10/29 00:06

投稿元:ブクログ

レビューを見る

2012/10/28 22:20

投稿元:ブクログ

レビューを見る

×

hontoからおトクな情報をお届けします!

割引きクーポンや人気の特集ページ、ほしい本の値下げ情報などをプッシュ通知でいち早くお届けします。